60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

心と体

ストレスに立ち向かう方法 自分を騙す? リアプレイザルと言うツール 『最高の体調』より

ストレスは人を殺す 突然死が世界中で増えていてその共通するポイントとして「過剰なストレス」があげられるそうです。 納得できます。『最高の体調』の中にその解決法がありました。 最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現す…

文明病 漠然とした不安に心がさいなまれる『最高の体調』より

アラームの誤作動 『最強の体調』の中にあった言葉です。 最高の体調 ~進化医学のアプローチで、過去最高のコンディションを実現する方法~ (ACTIVE HEALTH 001) 作者: 鈴木祐 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス) 発売日: 2018/07/…

仮面とか鎧をぬぐということ 赤毛のアンとレジリエンスの共通点みつけました

あしたも晴れ!人生レシピ NHKの番組です。 司会の賀来千香子さんが、とても良い感じで毎回楽しみにしています。 内容も女性目線で参考になります。 5月24日は「逆境を乗り越えるコツ!“レジリエンス”に注目」 レジリエンスという言葉は初めて知りました。…

時間管理手帳の佐々木さんもヨギーニ 心に刻み続ける

再読・何度でも再読 手帳が届き、佐々木さんの本も読んでいます。 手帳の色はグリーンアップル 本は再読です。 だから、メモしたいところが前回とほとんど同じなのに自分ながらびっくり。 hoymin.hatenablog.com あんなに感動したのに、忘れてしまっている!…

早春の鎌倉 花とお茶で 自律神経を整える

また雨の円覚寺 鎌倉に2年ぶりに行きました。 最初に訪ねたのは北鎌倉の円覚寺。 天気予報が外れて、冷たい雨。 前回も雨でした。 hoymin.hatenablog.com 東慶寺も雨でした。 あまりお花は咲いていないのですが、俳句の吟行らしい人たちが傘を差しながら手…

疲れて夜は7時にバタンキュー そんな日もあります 睡眠は大切

お昼の電話 家の近くの雑木林 午後からは対面朗読があるので、昼食を早めにとって下読みをしていたとき電話が鳴りました。 友達からで、その日のランチを約束していたのを忘れていたのです。 6月に予定しているイベントの打ち合わせをするための集まりです…

外郎売りとは 声の老化を止めて脳トレも

外郎売り 外郎売りというのは、歌舞伎で有名セリフです。 俳優や声優の方にとっては必須科目のようです。 調子が良く早口言葉の要素もあるので、滑舌の練習でよく使われています。 詩吟のお稽古でも教室によっては練習をします。 一通り練習をすると6分ぐら…

これからは死に向かっていく 生まれたときからだけど

9月から新学期 今使っている手帳は9月始まりです。 無印の手帳をまた購入しました。 新たな気持ちでこれからのことを考えました。 夏休みが終わると、新しいスケジュールになり、自分の自由になる時間が少なくなる予定です。 *今までの手帳には食事の前の…

信号を待ちながら

青信号になるまで ヨガセンターでのアサナの練習中の純子先生のお話は、いつも心に響きます。 何のアサナのときか忘れたのですが、 「今、どんな呼吸をしていますか?」と質問されました。 そして、 「信号を待ちながらでも、その時自分がどんな呼吸をしてい…

『やせる』勝間和代 著  ロジカル家事のモチベーションにも

やせると若返る やせる! (光文社新書) 作者: 勝間和代 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2013/03/22 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 堀江貴文さんがネット映像で驚いていました。 「勝間さんがやせてきれいになった!若くなった!」 やせて…

小さな気づき 身をゆだねること

シャバアサナで ヨガセンターには体験3回という制度があります。 まずは体験をして、ヨガセンターに入るかどうかを決めることができます。 体験でいらした方は、初めての場所に緊張するものです。 最後のシャバアサナときです、 「ボルスターに身をゆだねま…

ひざ故障で特別仕様 プロップスの使い方

少しずつ私仕様に ひざはかなり良くなってきました。 それでも、ひざに負担のかかるアサナはできません。 ひざの使い方が良くなかったり、そのようにまだ使えないなどの理由があります。 別のアサナ アドー・ムカ・スワスティカのときは、ひざに負担がかから…

バックベンド(後屈)の後遺症??怪我??【追記あり】

腰痛なのか筋肉痛なのか怪我なのか 年末の最後の練習は hoymin.hatenablog.com でクラスを超えた合同練習でした。 そこで普段は練習していないバックベンドをたくさんしたため、お正月中は寝返りをするのにとても神経を使わなくてはならない、背中(腰?)の…

高血圧にヨガが効果的な訳

急激な血圧上昇するのは テレビでどんな時に血圧が上がるかの実験をした結果を放映していました。 急激に血圧が上がることが身体によくないという趣旨のようです。 血圧が上がるのは、いらいらしたときなのだそうです。 例えば ・子供をしかる ・運転中に赤…

涙がとまらない デトックス

あわてないはずが あわててパニックになってしまうところが私の弱点です。 そこは、あわてないと呪文のように頭の中で繰り返すことで、クリアしていくつもりでした。 でも、そんなはずではないという事態が次から次へとおこると、私の許容量を超えてしまうよ…

脳を静かにする 瞑想への入り口 あわてない

いろいろなアサナで マットに横になるポーズから起き上がるとき、静かにゆっくり動きましょうと言われます。 静かになった脳の状態をキープするためです。 「せっかく静かになったのですから、その状態を失くしたらもったいない」のだそうです。 次のアサナ…

NHKスペシャル「シリーズ 人体」ヨガで腎臓を鍛える

腎臓 NHKスペシャルの「人体」シリーズが大好きです。 かなり以前に「驚異の小宇宙 人体」というシリーズがあり、科学の進歩とその圧倒的に詳しいビジュアルに感動した覚えがあります。 今回も楽しみで、一回目に取り上げられたのは「腎臓」でした。 www.…

声が遠くから聞こえる シャバアサナから戻るとき

シャバアサナ ときどきヨガセンターで前のクラスが延長していて、まだ終わらないときがあります。 前のクラスのシャバアサナに立ち会うことになります。 シャバアサナは死骸のポーズと言って、身体中の力を抜き、何も考えないようにします。 やさしいようで…

インテリジェンスとネックレス 後ろ側への意識

知性の目 身体を意識するとは、知性の目でもって見ていくことだというお話の続きです。 hoymin.hatenablog.com スタンディングでかかと・ふくらはぎ・ひざ・ふともも・足の付け根のすべてに意識をする(=目を感じて)ポーズをするようにします。 「私の目は…

アイアンガーヨガ スペシャルケア 自宅でできるひざのケア

足のトーンを整えるために 足のトーンを整えるというのは、ひざの上と下の骨がずれずにつながった状態をキープするということです。 立っているときにひざが真正面を向いているか、座っているときには太ももの太さや向きが同じであるかを確かめます。 バジュ…

アイアンガーヨガ スペシャルケアその4 ひざに頼って傷めていた 

傾斜板で ヨガセンターではアサナに入る前の準備として傾斜板に乗ります。 そのとき、ひざを引き上げてももを骨に押し付けるのですが、最近はその時力を入れるとひざがミシミシいうようになりました。 力がついてきたからだと思っていたのですが、どうもそう…

アイアンガーヨガ スペシャルケアその2 坐骨を感じて背が高くなる

*トマトも実り始めました 坐骨 いつものクラスでも、坐骨を押すことは何度も言われます。 スペシャルケアでも、マンツーマンでアサナをするので毎回坐骨が感じられますかと聞かれます。 坐骨を左右同じように感じ、同じ力で押せるようになると体の左右のバ…

アイアンガーヨガ スペシャルケアその1 足のトーンを整える

*夏になると家族が増えます。クワガタやカブトムシがこのところの常連さん 膝が傷むのは ひざが痛むことの多くは、ひざの下と上でまっすぐ骨がつながっていなくてずれているからだそうです。 そこで、スペシャルケアではまず足のトーンを整えることになりま…

アイアンガーヨガ スペシャルケアってとてもぜいたくな時間 お姫様気分

スペシャルケアを申し込む *窓のグリーンカーテンをみるとキュウリの親子です。大きくなりすぎないうちに収穫しなくて。 志木のヨガセンターでは、通常のクラスの他に、月に数回のスペシャルケアがあります。 個人的に特別なケアを必要とする人もためのクラ…

プロップスの使い方 自分が実験台

質問をしました いつも疑問に思っていることを、機会があったので思い切って練習の後にお聞きしました。 アサナをするときの、プロップスの使い方についてです。 アイアンガーヨガ「完全マニュアル」を見ながら家で練習をするとき、同じアサナでもプロップス…

また風邪ひいたのですが、以前と違うかな?

身辺の忙しさ 日常的に忙しいというか、何かに追われている気持ちはありました。 とにかく、私が倒れてはいけないという気持ちがいつもありました。 簡単な例を挙げると、シャバアサナをしていても、食事のメニューを考えてしまうのです。 就寝前も、家族の…

膝の怪我のその後 

ひざの状態 相変わらず膝は痛いのですが、階段の上り下りは楽になりました。 でも、それは、痛みになれて足の使い方が上手になったせいかもしれません。 膝を曲げることは確かに楽になり正座の姿勢(ヴィラアーサナ)が全くできなかったのが、お尻の下にブラ…

風邪ひき中に考えたこと

本を読んだり朗読を聞いたり 写真は気分転換にポケストップのある公園に散歩に行った時に撮ったものです。 体調が悪くて、最低限の家事と用事とで2週間くらい過ごしました。 その間、久しぶりにヘッセの本を読んだりyoutubeでヨガ関連の本の朗読番組を見つけ…

風邪で寝込んで反省とうれしかったこと

インド旅行を考えていた 風邪はひどくなり、結局詩吟の大会に出ることができず、仲間の方に迷惑をかけてしまいました。 体力を過信していました。 丁度来年の冬にヨガスタジオが主催するインド旅行の紹介を見て、参加したいと思っていたところに、この体調不…

「呼吸リハビリ」 ヨガで病気予防 そして楽な終末期

理学療法士 中村純子さん 『天然生活』5月号*に中村純子さんという理学療法士の方の記事が載っていました。 彼女は呼吸リハビリの専門家です。スポーツも音楽も「呼吸」の仕方で変わるのだそうです。 アスリートや音楽家が、ベストパフォーマンスを出すこと…