60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

音訳

どうして音訳を始めたのか ていねいに話すためだった

猛暑 梅雨が明けたかと思ったら連日の猛暑に見舞われています。 私は、連日音訳の作業しています。 緊張することが多いのですが、良いこともあります。 作業する場所が冷房が効いていて快適なのです。 録音ブースは防音のため締め切りますが、聞き直し校正す…

音訳勉強に必要なお金 切りがないです

気持ちだけでは 音訳活動は、人のお役に立ちたいとか、自分の勉強にもなる、という簡単な気持ちでは続かないと感じています。 気持ちだけあっても、下手な読み方では聞き苦しくて利用者さんに迷惑になる場合もあります。 勉強することとか練習ももちろんです…

音訳 覚え書き 聞きづらい声 日常生活でも心がけたい

初心者講座から一年 去年の今頃から、音訳ボランティアのための講座に行き始めました。 今は、新人として経験者の方に伴走していただいて活動をしています。 講座を受け始めて1年、活動し始めて半年です。 初心にかえって、講座の資料を読み返してみました。…

音訳で不眠知らず 疲れ果てて夕食後爆睡 もがいたり緊張したりの快い疲れ

疲労は最良の導眠剤 朝の10時から夕方までの音訳録音がありました。 帰りにスーパーによって、家では作らない大好きなカキフライを購入。 残り物のおかずと一緒に食べ終えたら、そのまま爆睡。 コーヒーも飲んだのですが、もう何の記憶もなく朝5時まで眠…

音訳に必要な筋肉 舌の筋肉も横隔膜も鍛えることができます

勉強会で 音訳のボランティアでは、絶えず勉強と鍛錬することが求められます。 今月の勉強会で、横隔膜の鍛え方を教えていただきました。 「対面リーディング通信」の記事からです。 記事を読むには 社会福祉法人 日本ライトハウス のホームページから 情報…

小顔?ただのやつれ? 滑舌練習の成果と思いたい

頬がこけた 一月ぶりくらいに会った友達から「頬がこけた」と言われました。 それも同時に二人から。 体重は変わりないと思うので、顔だけの変化のようです。 とっさに私が思いついたのは、毎日の滑舌練習です。 毎朝「ういろう売り」のセリフ、5分位を録音…

俳句 おもしろくて奥の深い世界に足を踏み入れて

音訳図書 今はパンジーが盛り 音訳の仕事ではさまざまな本を取り上げます。 私は初めて、俳句の雑誌に触れることになりました。 もう何年もされている方達の仲間に、先月から入れていただきました。 1回目は、自分の担当部分だけの勉強をして準備しました。 …

音訳勉強会 細く長く続けていけたら

リーダーに報告 前回の音訳の録音は、自分の滑舌が悪いことにちょっと凹みました。 hoymin.hatenablog.com そのことを早退して私の校正に立ち会わなかったグループのリーダーに報告しました。 すぐにメールの返事をいただいて、アドバイスをたくさんいただき…

本を作る 未来の私のために

連日編集作業 このところ音訳作業の中でも、「編集校正」を学んでいます。 合間に「ドンク」のスープランチ 市の広報の他に、図書館の事業として図書を視覚障害者の方も利用できるようにまるごと1冊音訳する作業もあります。 できあがった作品は、録音図書…

早口言葉で顔やせ 健康とダイエットに効果的なんですって!!

音訳勉強会 定期的に音訳の勉強会があります。 滑舌練習は必ずありますし、疑問点を出し合ったり、できあがった成果物を厳しく合評する場でもあります。 難しい語句の読みや、グラフや写真の説明文を教えていただき、勉強になります。 自分では気がつかなか…

外郎売りとは 声の老化を止めて脳トレも

外郎売り 外郎売りというのは、歌舞伎で有名セリフです。 俳優や声優の方にとっては必須科目のようです。 調子が良く早口言葉の要素もあるので、滑舌の練習でよく使われています。 詩吟のお稽古でも教室によっては練習をします。 一通り練習をすると6分ぐら…

初録音終わって 楽しい!参加させていただいて感謝

録音 広報の録音を終えて、一山超えた気分です。 一応オーディションということで、テスト録音した物を市の担当者に聞いていただきました。 一つずつの段階を緊張感を持って臨みました。 はじめはほんの2コマの短い記事を読みました。 「風邪を引いてはいけ…

どこに身を置くか 「座辺師友」樹木希林さん記事

樹木希林さんのことば 公園も落ち葉がいっぱい ネット版の朝日新聞に「所有しない人生を選んだ」人として、樹木希林さんの記事が載っていました。 樹木希林さんが大事にしていた言葉として紹介されていたのが「座辺師友」です。 優れたものや人を身近に置い…

音訳活動で実利も 地元密着という価値

市報をくまなく読む 先月から行きだしたヨガ教室は、市報でみつけました。 音訳の大きな仕事として、市報などの公共刊行物の音訳があります。 勉強のため隅から隅まで聞いたり、読んだりしています。写真や表の説明を先輩がどんな風にしているか、学ぶことが…

口の中も小宇宙 ここまで意識

対面活動を控えて いよいよ新人さんとして実際に対面で音訳をすることになりました。 自分の声を録音して聞いてみるのですが、思っていたより下手です。 たくさん先輩の音訳を聞いたせいで、耳は鍛えられたので聞き分けることができるのです。 滑舌だけの問…

対面朗読の準備 仕事として

見習いさんから新人さんへ *秋の空がきれいだったのですが、うまく撮れなかった・・ 音訳活動は、広報や図書の録音の他に、利用者さんとの対面朗読があります。 今まで対面朗読の見習いで、見学を2回ほどしました。来月からはいよいよ新人さんとしてデビュ…

音訳用ソフトのインストール 設定などテスト

インストール 音訳では録音するとき、MyStudio PCという専用のソフトを使います。 視覚障がい者への情報提供者、つまり音訳に従事するひとに無償提供されています。 今日の勉強会でCDを渡されたので、早速インストールしました。 Windows7用だったけど、10で…

コンプレックスといえば、舌の筋肉が老化?舌足らず?

舌にも筋肉 音訳の勉強を始めて、私は弱点があることがわかりました。 舌の筋肉が足りないのです。 うまく使えないというか、すぐ疲れます。 はっきり言って、滑舌が悪い・・ そこでこんな本を読んでみました。 舌の体操をするだけで、免疫力も高まるという…

かえるに苦労 ピョコピョコはいいけど 六ピョコピョコは

滑舌練習 散歩の時、街路樹が秋の装いになってきました。 音訳のための滑舌練習をしています。 毎日、調音と言われる練習教材と歌舞伎狂言の中で有名な「ういろう売り」を録音の時しています。 いわゆる早口言葉と言われる文章を、口をしっかり動かして発音…

音訳に未来はあるのかしら? 機械の読み上げに負けそう

読み上げも優秀 音訳講座で学んだとき、先生の言葉で胸に刺さったのは、 「下手な音訳より機械の方がよほどいい」という利用者の声があるということです。 たどたどしく音訳するより、多少の不備はあってもパソコンなどの音声読み上げの方が聞きやすいと言う…

カラオケ機能で滑舌練習 amazon musicが楽しい 

プライム会員なので パソコン作業やKindleでの読書で、音楽を流したいと時があります。 amazon musicを利用しています。 プライム会員なのでビデオだけでなく、無料で音楽が聞けます。 パソコンだけでなく、iPhoneでもタブレットでもアプリを入れることで利…

タイミング 今にこそ生きる

赤毛のアン 今月の「英語で楽しむ『赤毛のアン』」は窮地を救ってくれたギルバートが、仲直りをしようというのを拒絶するアンの場面でした。 赤毛をからかわれて以来、アンはかたくなにギルバートを拒みます。 本当は彼に惹かれる気持ちもあるのに、素直にな…

毎日勉強です ごまかすことのできない世界で

勉強が必要です 講座が終わったからといってすぐボランティアができるわけではありません。 勉強が必要です。 今日は図書館ボランティアの勉強会に参加してきました。 3ヶ月の講習で学んだことはほんの入り口で、実際に活動に参加するには力不足です。 先輩…

日常のヨガ 音訳でも姿勢が大切

共通すること ヨガで学んでいることが日常でも役に立つと感じることがたくさんあります。 大切なことは、共通しているんだと言うことです。 テレビで健康番組を見たときにもいつも思うことです。 いいと言われるポーズや運動は、ヨガを続けていれば大丈夫で…