60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

音訳

目よりも耳のほうがいいんじゃないってちきりんさんも言っていました

美術館や博物館で 社会派ブロガーちきりんさんがvoicyでお話しになったことです。 美術館や博物館でのパネル解説を、音声でして欲しいということです。 音声ガイドの機器貸し出しでなく、自分のスマホで聴くのです。 ちきりんさんは種子島の鉄砲館で、パネル…

68歳の大冒険 この夏の収穫は未熟なことにめげないこと

音訳 今日は一日、市の広報の音訳作業をしました。 前回は割り当ての作業量が多く、読み方に工夫が必要で難しかったのです。 自分なりに読めたと思ったのですが、 アクセントの間違いや、辞書をもっと調べるようにの指摘があり、 ちょっと凹んでいました。 …

【録音図書】今後のための覚え書き たゆまぬ努力が必要

最終修正 去年からの録音図書が最終段階に来ました。 コロナワクチンを2回接種できたので、 図書館の録音室を使い毎日作業しています。 スムーズに行かないことばかりでしたが、 今後のためのメモ。 事前の準備 アクセントや漢字の読み、固有名詞の調査など…

録音図書追い込み 至らなさを受け入れて 優しくされた分人にも優しく

録音修正作業 録音図書が最終段階になりました。 2回目の校正をしていただいて、その修正もほとんど終りました。 校正の方に指摘された自分の癖がわかったところで、 最初から聴き直して修正をしています。 全体で11時間ですが、1.5倍速で聞くので数日で終…

姿勢・笑顔・声で好感度90パーセント 音訳の学びは一石二鳥

myデンティスト voicyでの配信を楽しみに聞いています。 歯医者さんで歯のリテラシー向上ラジオというタイトルですが、 投資とか家族関係の話も多いです。 結婚観という話題で奥さんとの出会いについて話されています。 voicy.jp その中で第一印象の大切さ…

ボイストレーナー佐藤涼子 声のための体力と体づくり

「 情熱大陸」から 情熱大陸というテレビ番組があります。 様々な分野で活躍する人たちをひとりひとり密着取材して取り上げ、 紹介していくドキュメンタリー番組で、 TVerで​無料見逃し配信があります。 今回はボイストレーナーだということで見てみました。…

期間限定配信『山桜』藤沢周平作 朗読*池上伴湖 藤沢作品の世界は心を震わせる

BGMとして ミシン仕事をしながらYoutube動画をかけています。 聞くだけで楽しめる番組を選ぶのですが、 おすすめで朗読番組がでてきました。 www.youtube.com この作品は期間限定配信で5月いっぱいとありましたが、今日も聞くことができました。 藤沢周平の…

ものは言いよう 言葉使いを意識したい 赤ちゃん本舗で困ったこと

スタイ作り 3月に生まれた赤ちゃんへのスタイを作ってみました。 最初に作ったもくもくスタイは、どう考えても新生児には大きすぎます。 次の型紙で作ったのは、とても小さいです。 首回り20cmしかない どんな大きさがいいか全く見当がつかず、 赤ちゃん用品…

勝間和代さんのサポートメール 有料版の試読を録音

無料メルマガ 勝間さんは無料メルマガを配信していて、私は毎日読んでいます。 後半には勝間塾の塾生のコラムや勝間塾のお誘いがあります。 有料メルマガ(サポートメール)が毎日配信されるコースもあるのですが、 今週1週間はそれが無料で試読できます。 …

「ITサポートの会」 Uni-VoiceBlindアプリ制作者との懇談

Uni-VoiceBlind 今日のITサポートの会にはゲストがいらっしゃっていました。 音声読み上げアプリUni-VoiceBlindを開発されている方です。 Uni-Voice Blind uni-voice business plan and planning inc. ユーティリティ 無料 apps.apple.com 利用は無料でiOS…

スマホの読み上げ機能 ボイスオーバーの設定と使い方

iPhoneの読み上げ機能 iPhoneには最初から読み上げ機能が搭載されています。 目に障がいを持っている方に便利な機能です。 勝間さんのおすすめの耳読でも利用されています。 勝間塾では毎日長文のサポートメールが送られてきます。 それを読む時間はないわと…

口の中は小宇宙 舌の脱力ができない

口の中が痛い お正月くらいから口の中の痛みに悩まされました。 舌痛症というみたいです。 録音図書を読み出した頃からです。 舌を噛んでしまったようで、しゃべっていても歯が舌に当たります。 舌にも歯形が付いているようで、舌先と舌の両端が痛みます。 …

あなたの喉は仏の喉だから

声が大切 宗教教団は布教して信者獲得が必要です。 仏教でも説教師とか布教師とかいう方がいます。 ある説教師さんがお師匠さんにいわれた言葉です。 「タバコもコーヒーもやめなさい。あなたの喉は仏様の言葉を伝えるのです。つまり仏の喉なのです」 確かに…

「ハルメク」3月号から 野菜の冷凍法と舌力トレーニング

ハルメク 「ハルメク」はシニア女性向きの雑誌です。 以前は「いきいき」というタイトルでしたが改名。 長く購読していて、神楽坂のショップにも買い物に出かけたものです。 内容はいいのですが、毎月届くと別冊の商品紹介も含めて読むのに時間がかかります…

わかっていてもできるとは限らない  音訳も日常も

わかったこと 自分の録音を聞いて、足りないところ、良くない癖はわかりました。 長音や撥音を端折ってしまう 例 900→キュヒャク 発達が→ ハタツガ 助詞が抜ける 特に母音が重なると 例 文章を覚える→ブンショーオボエル 聴き直して(校正して)修正する…

録音図書1冊読み終えて後は校正者にお任せ 5ヶ月の作業でした

自己校正は諦め 10月に依頼された録音図書、読み終わりました。 下調べに2ヶ月くらい、読むのに3ヶ月くらい。 長い道のりでした。 初めてのこと、感染予防のため一人での作業で 不安がいっぱいでした。 音量、読み方、処理の仕方、今までの知識を総動員…

音訳での字説明の方法 語彙の豊富さ知識の深さが試されます

図書館の勉強会 音訳では聞いただけでは意味のわからない、意味を取り違えやすい漢字に 字説明をつけます。 例 コウキュー 高級 高給 考究 利用者さんの気持ちを想像して、説明をつけるのが難しいです。 決まりがあるわけでなく、前後の文章でわかるか、他の…

まごころから出る声はきっとわかってもらえる 声の可能性は大きいです

音吐朗々 南嶺管長のお話は、まごころの声というタイトルでした。 『良寛禅師奇話』のなかで解良栄重が 音吐朗暢(おんとろうちょう)、読経(どきょう)の声、心耳に徹す、聴者、おのずから信を発す 良寛和尚のお経を読む声がほがらかで伸びやかだから、心…

「サ行」の滑舌特訓練習 舌を噛む場所があります 

サ行が苦手です 「舌痛症」のような状態は、少しずつ良くなりました。 連日の録音も支障なくできていますが、今日はお休み。 苦手な「サ行」の特訓をしました。 利用したのはいつもお世話になっている、このサイト。 サシスセソ五音の作り方の説明と、後半は…

「きょういく」と「きょうよう」 録音に毎日通います 感謝と覚悟

認知症予防 定年後に認知症にならないための絶対必要条件 きょういく= 今日出かけるところ きょうよう= 今日用事がある とにかく家にこもっていないこと。 人の役に立つことが良いようです。 ロコモ対策 コロナの感染を恐れて家にこもっている高齢者を、外…

頭を使うと疲れるを実感 そして認知症もちょっと体験?

録音再開 図書館が再開されたので、録音図書作成を再開です。 コロナの感染も広がり、緊急事態宣言がでたら図書館が休館の恐れもあります。 そうしたら、録音作業もしばらくできなくなるかも。 口内の調子悪いので、ちょっとだけのつもりで録音しに行きまし…

「準備を万全にする」とゆっくり落ち着いた声に つながる一年に

早口を直すために 音訳でわたしの欠点の一つは早口になることです。 こんな記事を読んだことがあります。 元NHKアナウンサー登坂さんの言葉です。 原稿忘れてしまうと焦って早口になる。準備に万全を尽くすと視聴者がニュースを受け取って理解するまでの間を…

音訳の先輩からマンツーマンで特訓 本当にありがたい

少し読み始めた録音図書 先輩にお願いして、午前中2時間マンツーマンで特訓。 今まで録音した1時間くらいを聞いていただきました。 音訳やコーラスを長年続けている事に加えて、 文字に関するお仕事もしていた頼もしい先輩です。 目から鱗が落ちるような貴重…

音訳今までの資料を読み返し 初心にもどって勉強

2年経ったところで 久しぶりにコメダ珈琲のモーニングに来ました。 3時間みっちり音訳の知識を確認です。 今までの勉強会で配られた資料をじっくり読み返しました。 自分の成長ぶりもわかりますし、 教えていただいたのに忘れてしまったいることも発見。 ・…

発見したアクセントのルール 音訳勉強中

なかった 問題 アクセントでは間違った癖がついています。 動詞+「なかった」のアクセントがおかしいのです。 死ななかった → 「かった」が下がる 動かなかった → 「なかった」が下がる できなかった → 「なかった」が下がる こうなるはずなのですが、混乱…

声の可能性 声だからこそ伝わることもある 

仏陀も 円覚寺管長さんと精神科であり僧侶でもある川野さんとの対談。 管長さんは今若い人たちと本を輪読しているそうです。 【お寺で対談③】声の可能性、セルフ・コンパッション/自慈心 | 林香寺住職/精神科医 川野泰周氏・臨済宗円覚寺派管長 横田南嶺老…

音訳活動2年が過ぎて、もう新人だなんて甘えられない

広報の録音 今日は市の広報の録音作業日でした。 原稿をもらって各自事前に録音したものを、チームの仲間に校正してもらい、製品に仕上げます。 こんな録音ブースで4時間くらいこもりました CDにコピーして利用者さんへの郵送袋に入れて市の職員に渡します。…

鼻の奥がスースーする呼吸法は滑舌・ヨガ・座禅すべてに共通するかも

ボイストレーニング 今日もトレーニング動画を見て、そのまま連続再生された動画をいくつか見ました。 すぐに声が出やすくなる&滑舌がよくなる感覚を掴む方法【即効性トレーニング】 私はしゃべりすぎてのどが痛くなり、そのままひどい風邪をひいた経験があ…

朗読と音訳の違い いい一日でした

「お経」も読みます 録音図書を作っています。 いまは下調べ(調査というみたい)段階です。 その中で「お経」が出てきました。 朝の日課でお経を読む場面があり、2行にわたりカギカッコの中に書かれています。 どんな風に読むのか早速検索。 浄土真宗の「正…

どんな声になりたいか、聴く読書Audibleのナレーションで探し育てます

声は作る 小宮悦子さんのお話が心に残っています。 以前ニュースステーションが久米宏さんと小宮悦子さんのコンビだった頃のことです。 久米さんから「もっと低い声で話して下さい」 といわれたのだそうです。 ニュースを読むのに相応しい声を求められたので…