60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

ホームベーカリー 大活躍と交代した物

予定より早く到着

取り寄せで一週間くらいと言われていたのが、割とすぐ届いてその日から便利に使っています。

天然酵母の生種が切れていたので、ドライイーストで作ってみました。

予約できることが本当に便利です。

寝る前に仕込んで朝焼きたてのパンを食べることができます。

キッチンには場所がなく、電源の都合もあって出窓に置くことにしました。

 

f:id:hoymin:20181017075521j:plain

 白にしてよかった!黒では存在感ありすぎです。

パンの種類

口コミではパンドミーが絶賛されています。

パンドミーと普通の食パンの違いがわかりません。

そこで調べてみました。

macaro-ni.jp

バターや砂糖をあまり加えず甘みの少ないシンプルなタイプ

生地をこねるにも発酵させるにもじっくり時間をかけて焼き上げた(店名)のパン作りの基本が詰まっている食パン。シンプルですが、飽きのこない毎日パン

付属の取説を読むと、パンドミーはドライイーストの分量が半分で寝かせる時間が長くなっています。

 

ドライイーストで小麦粉の風味をこわさないってことのようです。

f:id:hoymin:20181017071335j:plain

どうせ予約で長時間かけるのでパンドミーで焼いてみました。

でもドライイーストが古くて効きが悪いかと思って、多めに入れたから結局同じ。

 

これからもっと違いを検証してみます。

 

とにかく、もう一日2回くらいの頻度で使っています。 

処分もね

付属品でグローブが2つついていました。

両手で取り出さないとやけどします。

今まで使っていた分厚いグローブ、私が買ったのではないので気に入らなかったのですが処分するとなると捨てがたい。

使えないわけではない。

 

でもでも、いらない物になったのです。

心を鬼にして捨てます。

いらなくなった物を捨てないことは、ゴミ屋敷への道だと気持ちを引き締めます。

 

 

『六十六歳の暦』澤地久枝著 たゆまず学ぶ人生と休憩

二回目かも

 

六十六の暦 (講談社文庫)

六十六の暦 (講談社文庫)

 

 

この本を読んでいて、以前にも読んだような気がしてきました。

澤地さんのアメリカ留学のことを知っていたからです。

それでも、前半の新聞連載のエッセイは読んだことがないような。

記憶は当てにならないです。

でも、もう一度読んでも感動できるのだから認知力の衰退を嘆くのはやめます。

 

エッセイは六十六歳から六十七歳にかけて書かれました。

そのあとアメリカに短期留学し、沖縄にはもう一つ住む家を契約するなどの大きな動きがあります。

私はまさしくその頃の澤地さん同じような年齢です。

今読むと、違った思いを抱きます。

気になる人

澤地さんはいつだって気になる人だから、今までも図書館で名前を見るたびに手に取っていた可能性はあります。

ただ、彼女の力作のノンフィクション作品は、手強すぎて読んでいません。

『妻たちの二・二六事件

『記録 ミッドウェー海戦

などです。

軽い物ばかりを読んでいます。

彼女の人となりとか生活にとても興味があるのです。

 

英語学習など準備

戦中で英語の基礎を学べなかったという澤田さんが、アメリカへの留学を決意し2,3年かけて準備をしていきます。

それでも最初は全くわからなかった英語が、だんだん意味を捉えることができるようになった経緯が興味深かったです。

そのアメリカ行きは、忙しく追いかけられるようだった人生を強制的に止めるためにも必要だったようです。 

一年間の休暇をとって、その期間にある種の脱皮をし、新しい人生を生きよう。(中略) 

生きることに少し疲れた自分をいたわりながら、のこりの人生を悔いない物にするための選択

フリーランスで一人暮らしと言うこともありますが、どんな人でも恐れず立ち止まり、違う場所に身を置くことはできるのでは。

 

私だったら・・・と考えます。 

 

沖縄での人生の休暇

沖縄宜野湾市での生活は、琉球大学の聴講生になると同時に、文化や歴史を肌で感じる暮らしです。

私らしい生き方をしたいと手探りをかさねるうちに、ここに行きついた。

という土地です。

沖縄戦と今の基地問題を真正面から見据えるためでしょう。

借りた部屋は普天間基地に近く、二階の窓からは遠くに東シナ海が見える場所。

 

二〇世紀を生きた人間の一人として、その終点を見とどける地平となる沖縄

と書くとき、澤地さんには民俗学的な視点もあります。

沖縄では澤地さんが愛している、織物や焼き物を愛でることもできます。

久留米絣のルーツがインドネシアという発見に喜びます。

だから沖縄の生活は、澤地さんにとって人生の「休暇」とも言えるのでしょう。

 

東京と沖縄とを行ったり来たりの生活。

60過ぎても人生は面白くできるって見本です。

鶏手羽と大根だけの煮物  ホットクックで簡単

大根一本一度に

材料は2つだけ、切るのは大根だけの簡単料理です。

大根は大きく半月切りで皮も剥きません。

以前は手羽元に切れ目を入れたり、大根の下茹でをしたのですが今は全部省略。

大根はおいしくなるから、あるだけ全部使ってしまいます。

少し残しておいても、冷蔵庫でしなびさせてしまうことが多かったからです。

f:id:hoymin:20181012221258j:plain

今回はこれだけを一度に作りました。 

・鶏手羽元 1キログラム

・大根 1キログラム

・醤油 72グラム

・みりん 28グラム

ホットクック自動調理 メニュー番号 056 鶏と大根の煮物 

 

内鍋にどんどん入れていくだけ

醤油量の計算は

材料2000グラム× 0.006 × 6 = 72グラム

これだけだとしょっぱすぎるかと、みりんも入れました。

内鍋に材料を入れた後ではかりを0に戻して、醤油・みりんとくわえていきます。 

 

f:id:hoymin:20181012221408j:plain

 スイッチを押したら、キッチンから離れて他の仕事に。

出来上がりを忘れないように、iPhoneで加熱時間の35分のタイマーをかけておきます。

出来上がったところでひと混ぜしないと、まぜ技ユニットだけでは全体に味が回らないです。

朝のうちに作っておいて、上下を返すようにひと混ぜしたら保温をしておきます。

これでもう夕方まで食事の心配をせず、出かけたり作業に集中できます。

保温で時間をおくと、味がしっかりしみた美味しい煮物になります。

 

あとはゆっくり自分の時間

今日は友人宅でブログやらパソコンの設定、家での作業は同じ友人の名刺作成など。

明日の英語の勉強会の予習と、本読みを録音して滑舌練習も。

f:id:hoymin:20181013072120j:plain

澤地さんの短いエッセイを録音しながら読んでいます。

本当に舌が回らず、何度も聞いてはやり直し。

 

料理の出来上がりの写真を撮るのをいつも忘れてしまいます。

残りを冷蔵庫に入れましたが、残っているのは大根ばかり。

骨からホロホロになってとれてしまうお肉は、大好評売れ切れでした。 

お助けグッズ届いて大活躍 豆と芋

アマゾンで購入

ホットクックを活用するために、ざるを購入しました。

アマゾンでホットクックを探すと一緒に購入されている物で出てくる金網です。

 

金伊工業 シェイプライン 茹であげザル 19cm SH-027

金伊工業 シェイプライン 茹であげザル 19cm SH-027

 

 豆類を蒸すのに、付属の板は勝間さんが書いているように不便だからです。

それに、この頃納豆のために小粒大豆を茹でていますがそれを圧力釜ではなくホットクックに任せたいと思ったからです。

 

もうすでに大活用

金時豆を1kgの袋で買っています。

半分を一度に茹でることにしました。

金時豆を水に浸して数時間

・ホットクックに水を300cc 

・手動 蒸し板を使って蒸す 50分

水分は200ccでいいかと思ったのですが、足りなくて焦げるのが心配でした。

かなり余っていたので次回は200ccでいいみたいです。

 

蒸し上がり

f:id:hoymin:20181010222913j:plain

 

3分の2くらいはお砂糖と醤油少々を残った蒸し汁に足して甘煮に。

f:id:hoymin:20181010222856j:plain

残りは味付けなしで保存しておきます。

サラダとかポークビーンズとかで使うように。

f:id:hoymin:20181010222830j:plain

 

ついでだから

内鍋とザルをさっと洗って、少し残っていたサツマイモを大きめの乱切りにしてふかしました。

・手動 蒸し板を使って蒸す 20分

少し時間がたって色が変わりましたが、蒸したてはとてもきれいな黄色でおいしいふかし芋ができあがりました。

f:id:hoymin:20181010224312j:image

ちなみに冷蔵庫の中は、納豆・煮豆・ふかし芋・粒あんと勝間さん由来の食べ物ばかりです。

f:id:hoymin:20181010224318j:image

 

 

f:id:hoymin:20181010224341j:image

 

これからも新しく手に入れた道具に大活躍してもらおうと思います。

 

コンプレックスの克服と自己肯定感 いろいろシンクロ

脳科学的な解説

この頃読んでいる本とかテレビで、不思議にシンクロしていることがあります。

NHKの100分de名著の二回目。

赤毛のアン』はコンプレックスについてもっと掘り下げています。

赤毛をからかわれてギルバートに腹を立てるアンですが、赤毛は単に目に見える欠点ではなくて、彼女のコンプレックスの象徴だと言うことです。

私の読み方は浅かったです。

 

自分の生まれと育ち、すべてに自信を持てなかったアンは、目に見える赤毛を自分の不幸せの元凶だと思い込んでいます。

だからそれをからかわれて激怒したのです。

 

でも、子守をした経験が親友の妹を救い、現実逃避かのような夢物語を「素晴らしいお話作りの才能」とほめられるなどの「成功体験」を積み重なることで自己肯定感を得ることができます。

そんなふうに自分の価値を認めることができてくると、赤毛のことが気にならなくなってくるのです。

 

これが茂木さんによる脳科学的な解説なんです。

 

シンクロ

コンプレックスは音訳練習の滑舌問題で私が今直面しています。

それで本を読んで細かい口の形、舌の位置などを勉強をしなくてはと自分を追い込んでいました。

それって本当に小さくて凝り固まった視点です。

 

滑舌がいいに越したことはないのですが、明るくて元気な声、落ち着いて安定した口調なども大切です。

 

わたしにあるいいところを見つけて、自分を肯定して活動を続けたいという気持ちになりました。

 

他人にも

自分では見つけること、自覚できないよいところを、他人から言ってもらえたらうれしいです。

そういう体験を積んでいくと、生きることが楽になれそうです。

そんなふうに考えていたら、人にも優しくしないとなぁと心から思えます。

悪いところを指摘しがちなんですが、よいところを口に出して伝えたいです。

 

そう、音訳を始めたのは、私が口に出して伝えていないことも気づかせてくれます。

 

思っていても口に出さなくては伝わりません。

伝えるためには口に出すこと、どんな言葉が適切かを考えること、それも音訳で学ぶことができます。

 

人それぞれが自己肯定感を得て、人にも優しくなれたら、平和にもつながっていく。

そんな妄想が広がってきました。

妄想を広げてもいいんだ

妄想も力だ!

それも『赤毛のアン』で教えてもらえました。

 

ほかにもシンクロ

妄想は創造です。

今読んでいる『赤土に咲くダリア』は私と少しだけ縁のある作家さんが書いた物です。

自伝っぽいのですが、フィクションとして強い力を持っています。 

赤土に咲くダリア

赤土に咲くダリア

 

 

彼女は想像力によって現実の苦しさから這い出し、強く生きていけたのではないでしょうか。

実生活ではかなわないことも、本の中で想像(創造)の中では自分らしく生きることができます。

アンの著者のモンゴメリーが、自分とは違うハツラツとしたアンを創造したように。

 

あと、妄想さえできない状況の話も聞いてきました。

国境なき医師団で活動した中村悦子さんの講演です。

f:id:hoymin:20181010095604j:plain

夢は何?将来の希望は?

と聞かれて

「生きること」

としか答えない最貧国・紛争地・難民キャンプの少女たちの話です。

 

すこしでもいいから想像力を使って彼女たちのことを考えて欲しいと訴えていました。

 

今の日本なら、夢を持つことが出来、それを自分の意思さえあれば叶えることができます。

いくつになっても進化しようと思えます。

 

いろいろなことをシンクロして考えるのは、自分の中の感受性が敏感になっているからでしょう。

ヨガを学んでいることが、感受性を豊かに育てているように思えます。

 

ホームベーカリー購入 アマゾンでも値段はいろいろ?その理由

購入の選択肢

やはり今買いたい!と強く思ったので行動開始です。

天然酵母で全粒粉のパンが焼けること、予約できることが必須条件。 

 

購入にあたって、使い慣れたアマゾンが第一候補でした。

でも、同じ品物なのに価格がいろいろなので、調べてみました。

 

カカクコムからのリンクて行くと一番安い24896円ですが、アマゾンのサイトで品番から検索するとそれより高い29000円のお店です。

一番安いところは、在庫がアマゾンの倉庫にはないようで配達まで一ヶ月から二ヶ月とあります。

すぐ手に入れたい場合は、29000円のお店のようです。

f:id:hoymin:20181009073618p:plain

あと、支払い方法での選択肢でしょうか。

 

以前評判の掃除機をアマゾンに注文したとき、配達まで数ヶ月かかったことがあります。配達予定日が再度遅れるという内容のメールが来た記憶があります。

全部がそうとは言えませんが安い価格を提示してあるお店は、当たり外れがありそうです。

 

地元で購入

カカクコムでアマゾンと同じ価格のWEBデンキチは、自宅近くに実店舗があります。

そこでも同じ価格で購入できるなら、その場から持ち帰ることもできます。

値段が違っても、交渉の余地がありそうです。

一応地元での行きつけでポイントも集めているヤマダ電機にも値段の確認に行きました。

もう展示品しかなく、それでも30000円を切るのは難しいと言うことで却下。

 

デンキチでは、WEBと同じような価格で売ってました。

ただ展示品は黒で白は取り寄せ(一週間程度)とのこと。

黒では白い粉が目立ちそうなので、白を取り寄せることにして購入決定しました。

 

思いがけず&後悔

値段は23.030円の消費税で24.872円でした。

f:id:hoymin:20181009081145j:plain

思いがけず現金払いだとポイントが10%ついたので、アマゾンより安く買えたことになります。

後悔は

レジのところに「ラインのお友達登録で10%値引き」とあったのに、言い出せなかったことです。

 

こんなお得な制度を向こうから勧めてくれないのはどうしてかしら、と思っている間にレジを打ち込んでいたので、言いそびれてしまいました。

シニアだから、スマホやラインなんてしていないと思われたのかしら?

 

弱気だった自分に後悔しましたが、なんだかポイントがついただけでもうれしくなっていました。

 

10日以内には届く予定です!!

買い物の恒例「値引きシールがついた菓子パンを買う」という悪癖からの脱却を目指します。

悩んでいる時間がもったいない? ホームベーカリー購入

時間がストレス

ホームベーカリーの購入を迷っています。

毎日のように全粒粉のパンを作っています。

手間はかからないけど時間に縛られます。

計量とこねるのは15分くらいしかかかりません。

そのあと、ポリ袋に入れて適当に膨らませてから冷蔵庫に入れてしまいます。

作りたいときに、冷蔵庫から出して型に入れて膨らんだらオーブンで35分。

できあがってもそのままオーブンにしばらく入れていても平気です。

取り出して、網にのせて数時間放置しても大丈夫。

 

そんなに簡単なのですが、やはり外出時には気持ちが落ち着きません。

膨らみすぎたらどうしようとか、

今するか?

帰ってきてからにするか?

明日にするか?

 

のせめぎ合いが、地味にストレスになるようです。

 

勝間さんのアサイチ現象か

勝間さん推奨のホームベーカリーを検索していたら、おかしな現象に気がつきました。

下位機種ですがSD-MT1が先週より3000円以上値上がりしています。

f:id:hoymin:20181007130214p:plain

8月には16000円ちょっとだったのが、この値上がりです。

f:id:hoymin:20181007130345p:plain

 

これは私同様、アサイチの番組を見てホームベーカリー導入に心動かされた人が増えているのではないかと推測しました。

 

もう少ししたらまた安くなるかもしれない、と思いつつ悩んでいます。

 

選択肢がありすぎて

上位機種のSD-MDX100は値上がりしていません。

追加の機能を使うかどうかを考えずに、こちらにしようかと思ってしまいます。

f:id:hoymin:20181007130628p:plain

売り出しの値段も高かったようです。

 

こんなことで迷っている時間がもったいないのでは、と思わないでもないです。

 

おいしいから&身体にいいから

全粒粉パンを食べるだけで、身体にいいことをしている気持ちになれます。

おいしくなるよう、レーズンやクルミをたくさん入れます。

 

今日もパン種をこねて、日の当たるところにおいて膨らませています。

夏日だから早く膨らむでしょう。

f:id:hoymin:20181007132101j:image

 

そうすると、午後の外出前に冷蔵庫に入れた方が良さそうです。

忘れないようにリマインダーをかける必要があります。

この頃忘れっぽいです。

だからシニアこそ、文明の利器が必要になります。

 

悩みます。