60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

唯識では、外の世界は自分の心の現れ だから整理整頓

テレビ番組

唯識についての番組で、学びがたくさんあります。

哲学的なことで、物理の科学者との会話は難解でした。

でも、生活にすぐに取り入れられるお話も多いのです。

たとえば、整理整頓のことです。

禅寺では掃除や炊事も作務として修行の一種です。

禅寺ではお庭も塵一つなく、掃き清められています。

それは、庭にも心のありようが現れるからです。

 

横山先生も

唯識の研究を続けている横山先生は、立教大学の名誉学長です。

それでも、お庭掃除をしているようです。

唯識仏教は、体得つまり行動する仏教だから当然なんですね。

いつも楽しかったことを思い出しながら、笑顔でいることも心がけているそうです。

だからお顔が柔和なんですね。

 

洋服をたたむ

早速私が実行したのは、洋服をたたむことです。

番組中で、「歩く瞑想」・「味わう瞑想」と一緒に

「たたむ瞑想」も紹介されていました。

何も考えず、たたむことに集中することでも瞑想はできるそうです。

雑念を追い出して集中すると、脳が休まってリフレッシュする効果もあります。

f:id:hoymin:20190321115325j:plain

四角くたたむと気持ちが良い

いつもがどんなに気持ちがこもっていなかったかを反省しました。

 

次いで押し入れも

とてもよく晴れたので、押し入れの掃除をしました。

布団類を出し、下に敷いたすのこも外に出して天日干し。

f:id:hoymin:20190321115501j:plain

布団の綿ぼこりがたまりがち

一日風を通して気持ちよくなりました。

f:id:hoymin:20190321115600j:plain

ヨガのマットの収納

部屋のいろいろなところに心を行き届かせると、

見て気持ちいい場所が多くなっていきます。

場所のコントロールとも言えます。

 

ここでも唯識とコントロール思考がつながったみたいで楽しい。

 

ヨーガを忘れる 手帳管理を考え直し 時間のコントロールも

曜日を忘れる

ふと、今日が何曜日か忘れてしまいました。

今は曜日を気にしないでもいい(孫のおけいこの送迎なし)期間だからです。

のんびりしてしまって、自分のヨーガのお稽古を忘れてしまったのです。

それでも、音訳の勉強や作業日を忘れたのではないので、ほかの人への迷惑にならなったのが幸いです。

 

手帳管理

予定はカレンダーや手帳に書いていますし、アイフォンにもある程度は入れています。

それなのに忘れるのは、絶対にこれを確認するというメインの記録媒体がないってことですね。

手帳は無印のB5判で、持ち歩くには大きいです。

そんな時見つけたこの記事

www.berry-no-kurashi.com

 アクションプランナーの紹介は以前も読んで、無印の手帳で真似していました。

hoymin.hatenablog.com

でもうまく使いこなせないままでした。

 

高いけどまた挑戦

アクションプランナーの手帳は高いのです。

 3996円です。

100円ショップでもスケジュール帳は買えます。

 

でもベリーの暮らしさんの記事によると、申し込むと毎週「背中を押してくれる」メールが届くそうです。

今日ヨーガを忘れてしまって、考えました。

私には、忘れないようにするツールが必要です。

お稽古事でも高いお金を払うと、より身につくといいます。

4月始まりもあるそうです。

 

買うなら、今ですね。

 

本も併せて万全の体制

自分の時間をコントロールするために=衰えていく記憶力の補助のため

この高い手帳を買うことにしました。

近くの図書館にこの手帳をプロジュースした「佐々木かをり」さんの著書がありましたので、2冊予約しました。

 これと

自分を予約する手帳術

自分を予約する手帳術

 

これも面白そうです。 

 

 

自分の時間をコントロール

3月前半は家族にも大きな変化があり、私も忙しく動きました。

そのせいで、体調を崩したりもしたのです。

たくさんの予定に、気持ちと心が疲れたのでしょう。

 

もう、一日にたくさんの仕事を詰め込むことはやめます。

 

手帳に予定を書き込み、忙しすぎないか、調整できるところはないか考えます。

時間のコントロールです。

 

4月からは、我が家の生活のリズムが大きく変わる予定です。

新しい手帳を待っている私は、新しい教科書を手にする子供のようにワクワクしています。

 

修行とは無駄を省いて手際よく 唯識に生きる最終回から「体得底」

学得底と体得底

NHKの「こころの時間」という番組を録画して繰り返し見ています。

 

『シリーズ 唯識に生きる』最終回での学びは体得底

f:id:hoymin:20190317210636j:plain

唯識を研究している横山紘一先生

禅寺での修行のエピソードを交えて、行動することの大切さを説いています。

頭だけの学問(学得底)ではなく、身体で会得(体得底)しなくては身につかないということです。

 

毎日同じ

禅寺での修行は毎日同じ事の繰り返しです。

毎日同じでも、気づきによって毎日が違っていくというのです。

気づくか気づかないか、健康ヨーガでも

「気づきが一番大切」と毎回言われます。

禅寺では日常の作務が修行です。

ヨーガも日常のヨーガです。

 

己事究明

他のことに気を移さず、日常の作務に没頭することは自分の心の世界に没頭することになります。

自分のこと、自分の心を究明していくことが修行というわけです。

日常の作務を繰り返していくと、ムダが省かれて手際がよくなります。

(手際がよくなるためには気づきが必要)

ムダをそぎおとしてできた時間を、心の究明に使って修行を積むわけです。

 

体得によってのみ

確かに身体を動かしてしか、この境地には至れません。

私の生活に落とし込んでみると

・起床時、何も考えずすぐヨーガの簡易体操から朝食準備にとりかかる

・掃除をルーチン化して毎日一定時間に一定箇所をする

 

これくらいから始めてみようかしら。

 

何度も心に決めてきたことのようですが、何度でも繰り返し「薫習」することで心の奥底の種子(しゅうじ)を育てることができるのだそうです。

 

熏習(くんじゅう、vāsanāabhyāsabhāvanā)とは、身口に現れる善悪の行法もしくは意に現れる善悪の思想が、起こるに随ってその気分を真如あるいは阿頼耶識に留めること。俗にいう「移り香」、香りが衣に染み付いて残存するようなことを言う[1]

薫習が身口意に現れたのを「現行法」(げんぎょうほう)といい、真如あるいは阿頼耶識に気分が留まったものを「種子(しゅうじ)」あるいは「習気」(じっけ)という。このように現行法が真如あるいは阿頼耶識にその種子もしくは習気を留める作用を薫習という。(Wikipediaより)

 

妄想

スマート家電を使いこなす事って、無駄を省いて手際よくを機械にやらせているとも言えます。

素材を生かした、計算された塩味だけの勝間飯も現代の精進料理とも言えそうです。 

私の妄想が走り出しました。

これならできる禅修行です。

Appleから領収書 自動更新で思い出すアプリ 

楽天カード

楽天カードは使うたびに、お知らせが来ます。

ネットでの買い物は、配達されて事務手続きが終わった時点で送られてきます。

だから、納期が遅い品物のカード引き落としにはタイムラグがあります。

それで、引き落とし金額1500円のお知らせが来ても、何のことかわかりませんでした。

Appleからの領収書がメールできて、支払い内容がわかりました。

購入したアプリの自動更新の代金だったのです。

このアプリ

睡眠状態の記録をとって詳しく分析する機能がついています。

f:id:hoymin:20190317080934p:image

ちょうど1年前に、勝間さんのブログに書いてあって早速取り入れたのです。

 iPadに入れて寝る前に布団の横におきました。

使わなくなったのは、iPadAmazon Prime Videoを見ているからです。

質の良い睡眠よりも、目先の快楽に負けてしまっていました。

 

もう一度

もう自動更新されてしまったので、もう1年は使う権利があります。

これを機会に、質の良い睡眠をするために、Amazon Prime依存からの脱却を図ります。

食事、睡眠、運動と3つを整えれば生活の質が上がりそうです。

 

自動更新解約忘れ予防法

このアプリの利用も一年を限度にします。

自動更新を止める方法をしらべました。

このアプリの止め方を記録しておきます。

  1. iOS端末の「設定」をタップし、「iTunes StoreApp Store」を選択
  2. 画面の上部に表示されている Apple ID をタップ
  3. Apple IDを表示」をタップ
  4. サインインしていなければ、パスワードを入力してサインイン
  5. 「登録」をタップ
  6. NewsPicks を選択
  7. 「登録をキャンセルする」をタップ
  8. 「確認」をタップ

これを来年の3月に実行するにはどうしたら良いのかしら?

先過ぎてリマインダーも使えない、手帳もカレンダーもないし・・

キリキリまでは使いたいと言う、私の欲なんですけどね。

 

iPhoneのカレンダーに入れておきました。

f:id:hoymin:20190317084425p:image

来年の今頃まで、このiPhone使っているかしら。

 

ロジカルであること 例えば朝の10分

朝食の前に

朝食を作るとすぐ食べたくなります。

その前に、10分だけ体操をするように心がけています。

ヨーガ禅の簡易体操は10分以内でできます。

試しに10分でタイマーをかけてみたら、簡易体操をゆっくりしても時間が余りました。

ゴキブリ体操を、タイマーが鳴るまで付け加えることができます。

dietplus.jp

ヨーガの先生曰く、高血圧や心臓病にもよく、安全な体操だそうです。

わたしにぴったり!

 

何を優先

人生で何が幸せに大切かを考えたら、第一が健康です。

健康でなかったら、物もお金もいらなくなります。

その健康のために、朝食前に体操をすることがいいはずだと頭でわかっているはずです。

それなのに、体操をしないで目の前の朝食を食べ始めてしまう、というのがロジカルでない私です。

ロジカルに考えたら、ご飯が冷めてもいいから、まず体操ですね。

 

日常にロジカルを

勝間さんの本を読んで、日常にロジカルなコントロール思考を取り入れるようにしています。

勝間式超コントロール思考

勝間式超コントロール思考

 

 

まず、朝食前に体操10分が手始めです。

簡単なことの積み重ね。

歩くことも続いています。

hoymin.hatenablog.com

 

健康ヨーガで逆立ちや鶴のポーズまで ゆるいけど良いことたくさん

健康ヨーガ

私が今通っているのは佐保田先生のヨーガ禅教師の方が先生です。

地域の公民館で、どなたでも参加できる「健康ヨーガ」と称しています。

全くの初心者の方もOKで、できるところで、ムリをしないが原則です。

だから、正座ができなくてもかまいませんし、もっと頑張れと言われることもありません。

関節を緩める体操を時間をかけて毎回行います。

凝り固まったからだを、ほぐしてくれます。

 

できるひとは

そんな、一見「ゆるい」内容のようですが、長年続けている方が多くてさすがと思うことがたくさんあります。

開脚での前屈、みなさんしっかり足が開いています。

時には前後に開くことも!

私は、両手で支えながら、ほど遠い形の真似っこするだけしかできません。

 

昨日は「鶴のポーズ」から「カラスのポーズ」まで、バランスのアサナ。

半分以上の方は、トライするのもやめて見ていましたけどね。

 

逆立ち

高齢者が多く高血圧の心配もあるので

・息を止める クンバカ

・逆立ち

などは日常の練習では取り入れていません。

ただ、簡単で安全な方法として3点倒立を教えていただきました。

 

頭と両手で3点を作り、脚を曲げたままの逆立ちです。

久しぶりでしたが、脚が上がりました。

なんだか気持ちよくって、そのまま逆立ちを続けました。

 

でも、家でもう一度と思っても上がりませんでした。

その場の勢いだったのかしら。

 

毎日のルーチン

私は朝起きたときと夜寝る前には、「簡易体操」をするようにしています。

健康ヨーガに半年通って、やっと身につくようになりました。

本を読むだけでは「やるき」が持続しないです。

www.yogazen-doyukai.com

それに加えて今回は、仰向きになって両手両脚を天井に伸ばして小さく震わせると良いというお話がありました。

西式体操の「毛管運動」ですね。

 この本を読みたいと思っています。

マンガでわかる「西式甲田療法」―一番わかりやすい実践入門書 (ビタミン文庫)

マンガでわかる「西式甲田療法」―一番わかりやすい実践入門書 (ビタミン文庫)

 

ヨーガではゴキブリ体操とも言うそうです。

健康のために良いこと、たくさん教えていただけます。

めげない!ミシンで小物製作 リメイクってどうなのかな?

制作意欲

美濃羽さんの本を見ると制作意欲がわいてきます。 

ていねいでやさしい 暮らしの中の、手づくり布小物

ていねいでやさしい 暮らしの中の、手づくり布小物

 

 以前も借りて作りたかった物がたくさんあったのですが、ミシンの調子が悪くて諦めていました。

しかたなく、手縫いをしていました。

hoymin.hatenablog.com

ミシンを購入して制作意欲がどんどんわいてきます。

作りたい

作りたい物はたくさんあります。

ヘアバンドのような小物、ペットボトル入れも生活の中ですぐ使えそうです。

エプロンもこんなエプロンをして台所に立ちたい。

夢がどんどん広がります。

 

家にある物

かわいいルームシューズがありました。

材料を見ると、これなら家にある端切れを利用して作れそうです。

f:id:hoymin:20190312082311j:image

たくさんある古くて硬くなったタオルを、底の芯地代わりに利用できそうです。

工夫すること

古いタオルがたくさんあります。

雑巾にすれば良いのですが、ちょっと厚手でそのままではしぼりにくいのです。

かといって、小さく切ってぼろ切れにしたら細かい糸くずがたくさん出てしまって始末に困っていました。

2枚重ねてミシンでキルティングして利用しました。

f:id:hoymin:20190312081223j:plain

ガサゴソタオルを2枚重ねて

横にしかミシンを入れなかったので縦に伸びてしまい、適当に切ることに!

適材適所

結果的には、「ビミョウー」という言葉がぴったりのできあがりです。

タオルのキルティングが一方方向だけだったので、縦に伸びてしまいました。

2枚重ねも、分厚くて端の始末がきれいにできません。

本にあったとおりのフェルトとかスウェードだったら、簡単にきれいにできただろうと思います。

f:id:hoymin:20190312081405j:plain

なんとか形にはなりました

リメイクの失敗

気に入ってまだ着られると思っていた上着の布も使いました。

ほどいてみると、色があせていたりほつれた部分もあることに気がつきました。

とっくに賞味期限が過ぎていました。

f:id:hoymin:20190312081447j:plain

残骸です 資源ゴミに出します

もう張りもなく薄くなっていたので、せっかく作ってもすぐにすり切れてしまいそうです。

底部分に使うには、新しくて頑丈な布の必要があります。

適材適所が必要だと言うことを学びました。

 

めげない

できあがった物は、大きさも私には大きすぎて思ったよりかわいくありません。

手持ちの材料で作ったので、色合わせもよくありません。

でも、愛着があります。

できあがると、やはりうれしい。

失敗もたくさんしていますが、これからもっと良い物を作るスタート地点です。

 

こういうことって、生き方にも通じます。

思い切って行動して、たくさん失敗して、そこから学んで、ここから進化します。

行動することは楽しいです。