60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

ヘルシオオーブンで鶏のやわらかハム おまけのきんぴら

健康ハム

鶏のむね肉で作る保存食です。

サラダチキンという市販品と同じではないかしら?

そのままでも、子供はケチャップ大人はマヨネーズが好きです。

時にはバンバンジーや甘味噌をかけたりします。

赤身肉ではないし、油も少ないので健康的です。

 

作り方

簡単に作れて便利です。

というか、簡単な方法に落ち着きました。

以前は砂糖と塩を先にすり込むとかしていましたが、あまり違いがわからないので。

・胸肉2枚

・塩胡椒 適当

・酒  適当

鶏胸肉2枚は、味の厚いところを開いて均一の厚さにします。

フォークで両面に穴を開け、塩こしょうをふりかけ酒もふりかけておきます。

冷蔵庫に数時間入れてから、外に出して常温に置きます。

(火の通りがよくなるようにです。)

f:id:hoymin:20190615163854j:image

天板の上に網をのせて、鶏もも肉も広げてのせてヘルシオオーブンに。

メニューナンバー72の鶏のやわらかハムを選択。

手動の時は「ソフト蒸し」ですね。

 

今日は2枚一緒に調理するので、強めに設定。

f:id:hoymin:20190615163951j:image
f:id:hoymin:20190615163941j:image

しばらくするとできあがりの時間が出ます。

今日は38分でした。

 

f:id:hoymin:20190615163944j:image

 

二段調理で時間と電気代節約

途中で思いついて、ごぼうと人参も一緒に調理することにしました。


f:id:hoymin:20190615163954j:image

そぎ切りにしたごぼうと人参に、ごま油と醤油をまぶしてフライパンに入れ下の段に入れます。
f:id:hoymin:20190615163948j:image

鶏のやわらかハム、あと15分のところで下の段に追加で入れてみました。

 

鶏ハムができあがってから、更におまかせ料理 弱めで焼きました。

少し蒸してからの加熱なので、根菜も柔らかくて醤油味だけでもおいしくできあがりました。

f:id:hoymin:20190615224112j:plain

蒸し鶏を出したあとちょっとかき混ぜて

f:id:hoymin:20190615224204j:plain

焼きを弱めで

f:id:hoymin:20190615224251j:plain

鶏ハムときんぴら

ヘルシオで健康的な料理が簡単にできました。 

勝間さんとヘルシオのおかげです。

 

おまけ 

 私のふるさとの「イチビキ 献立いろいろみそ」

鶏ハムにかけてもおいしいです。

戻した乾燥わかめも一緒にヘルシーメニューがすぐできます。

イチビキ 献立いろいろみそ 450g×6個

イチビキ 献立いろいろみそ 450g×6個

 

 

ヘルシオオーブン活用方法 勝間さんの動画がわかりやすいです

基本的な使い方

勝間さんがYouTubeに動画を投稿するようになりました。

katsumakazuyo.hatenablog.com

実は何度か勝間さんのヘルシオ料理のライブに行ったのですが、使いこなしていませんでした。

焼きそばとか焼き物が多かったです。

グリルチキンはもう味付けを変えて、数知れずリピート。

 

勝間さんの動画では基本的なレシピを教えてくれます。

どんな材料でもいいから、ヘルシオで加熱して食べるということです。

 

またまた基本に戻って、ヘルシオ料理のレシピ拡大中です。

材料の0.6%の塩とオリーブオイルを一回りというのが基本です。

 

ヘルシオオーブンでおまかせ料理、活躍させています。

食物繊維いっぱいのキノコ炒めです。

塩味だけですが、キノコが甘い。

f:id:hoymin:20190607104850j:image

動画って、わかりやすくて影響力が大きいです。

見ると、できる気になってやる気がでます。 

 

応用編 きんぴら

キノコばかりでは飽きてしまうので、根菜も。

これは醤油味。

正確には3.75%ですが、4%より少なめって位で大丈夫。

どうしてもみりんが入れたくなってしまいます。

それに、時にはつゆのもとで済ませるときも。

これはまだ自己流が抜けないです。

こんな状態でプライパンいっぱいに並べます。

f:id:hoymin:20190607104847j:image

しっとりおいしくできます。

そうそう、油はごま油を使いました。
f:id:hoymin:20190607105023j:image

 

応用無限大

彩りが寂しいときはパプリカが大活躍 

 
f:id:hoymin:20190607105020j:image

 肉なしきんぴらも作って、バリバリ食物繊維を摂取 


f:id:hoymin:20190607105014j:image

脂分が少なかったのか、ちょっと焦げてしまってこれは不評でした。

野菜だけの時は、「弱め」の設定がよいようです。

 

いくらヘルシオオーブンでも、設定で「弱め」「普通」「強め」は自分の頭で考えて設定する必要があります。

 

機械を使いながら、知恵と想像力も駆使しながらの調理です。

 

ヘルシオオーブンにはティファールのフライパンが相性が良いです。

フライパンごとオーブンに入れて、あとからのかき混ぜも片付けも便利です。

私は、これを買いました。

 今はホットクックが手元にないので、ヘルシオオーブンが頼りです。

 

ホットクックを再度購入するかは検討中。

ヘルシオオーブンでどこまでできるか挑戦中とも言えます。

 

 

 

吉本隆明三昧 本からYouTube そしてよしもとばなな

対談集

吉本隆明北山修の対談集を繰り返し読んでいます。

1993年に二人は3度にわたる対談をしています。 

こころから言葉へ

こころから言葉へ

 

 二人とも有名ですが、全然別の分野での活躍した方だと思っていたので意外な組み合わせでした。

吉本隆明は思想家、北山修はフォーク活動のあと精神分析のお医者さんになりました。

どちらにも関心があったので読んでみました。

 

もう少しポピュラーな対談かと思ったのですが、難しい内容でした。

北山修さんは、精神科の臨床医であり今は研究者として、現代に生きる人間を分析しています。

大学の退官記念講義をテレビで見た時も、難しいこと言っているなぁと思ったことを思い出しました。

 

吉本隆明と青春

「よしもとりゅうめい」という名前は、私にとって特別な響きを持っています。

60年安保闘争の精神的イデオローグで、先頭に立って活動もした方です。

高校生の時、友達からその存在を教えてもらって詩集を購入しました。

「固有時との対話」だったと思います。

 

難しい言葉が羅列してあるとも思いましたが、心に響きました。

こんな言葉の使い方があるんだと、驚きました。

漢字がたくさんだったことくらいしか、今は覚えていません。

でも、私の考え方に大きな影響を与えたと思っています。

 

数年前まで手元に置いてありました。

さすがに紙面が黄色くなり老眼には読むのが難しいだろうと、処分しました。

難しいことも考えていた、青春の思い出です。

 

今になってもう一度

お二人とも、人間とは、言語とは、真実とは、善と悪とは、と真剣に語りあいます。

北山:人間と言うものは矛盾に直面したときに、それをさらに分裂させて笑ってしまうという場合と、矛盾を自分のものとして取り入れて落ち込んでしまう場合があります。

 

吉本:政治組織でも宗教組織でも、どうやったら自己解体できるかと言う筋道を作っていくいなければ、全部ダメだと思うわけです。一生懸命やるのはいいけれども、どうやったらそこから抜けられるか、その筋道がないシステムはダメだと思います。

「 大衆」とか「生まれたままの無防備な存在」が、いかに大きな意味を持っているかが共通の認識のように思いました。

 

ネットで遊ぶ

本を読む合間に、ネットで吉本隆明のことを調べてみました。

YouYubeでは、NHKで特集された「知の巨人たち」シリーズを見ることができました。

5時間を超える番組は見応えがありました。

他の対談や講演の映像も、今なら少し理解できます。

以前は口調のたどたどしさに不満がありましたが、言葉を大切にしているからこそなのだと今は思います。

 

ネットでは家族のことも出てきます。

私たちの年代は吉本隆明の恋愛にも関心がありました。

「あの吉本が、苦しい三角関係に陥り相手の女性は既婚者!!」

というのが、ショックだったのを覚えています。

その夫妻の子供が、よしもとばななさん。

ネットの噂話をどんどん読んで、よしもとばななさんのブログまで読み進むことに。

 

一日を吉本三昧に過ごしました。

ネット遊びです。

いい世の中になったものです。

 

でも、この世の中がよくなっているかどうか、本当はどうなのかしら。

本の中でも、タブーがなくなると他のタブーを見つけ出すと書いてありました。

人間は外の苦難がなくなると、自分の内側に苦難を作り出してしまいがちなんですって。

f:id:hoymin:20190610142839j:plain

我が家の近くのおおきな観音様。おだやかな良いお顔です。

『今ひとたびの、和泉式部』 諸田玲子著 平安時代の女性と結婚 違うけど共通する心情

ミステリーじたて

平安時代な有名な女流歌人を題材にした、ミステリー小説になっています。

どこまで本当かわかりませんが、男女の恋愛が政治に巻き込まれてしまいます。

宮廷が舞台ですから、政治とは無関係とはいかないのですが、それにしても女は道具のように使われます。

それを宿世とあきらめ、生きた証を歌にこめた女性の物語です。

平安時代(貴族階級限定)の結婚制度、日常生活もわかりやすく描かれています。

 

今ひとたびの、和泉式部

今ひとたびの、和泉式部

 

男が通う 結婚の形態、除目(人事異動)に一喜一憂する受領階級の生活、宮廷への出仕とそこでの人間関係がドラマ仕立てになっていて興味深いです。

 

浮かれ女

恋多き女と言われている和泉式部は、その時代から「浮かれ女」として評判になっていました。これは藤原道長がそう呼んだことに由来します。彼女の扇を見つけた道長が「うかれ女の扇」と書きつけ、それに機知に富んだ歌を返して歌人としておおいに面目をほどこします。

小説の中では、自分では浮いた気持ちはないのに噂に流されて、男性との恋を重ねることになっていく姿が描かれています。

 

 

宿世 おもうようにはいかない

この小説では和泉式部は、事実ではない噂のために夫から離別されてしまいます。

夫への未練で真実を訴えようとするのを、実の母親がたしなめます。

「おもうようにゆかないのが宿世、抗うたとてどうにもなりません」

この宿世と言う言葉が何度も出てきて、女達の涙を押さえ込みます。

すくせ【宿世】
〔「しゅくせ」 「すぐせ」とも〕
① (仏教の三世観を基礎とした考え方で)前の世。ぜんせ。
② 前世からの因縁。宿縁。宿命。 「我が-のがれざりけるを/宇津保 俊蔭」三省堂 大辞林より

宿命だから逃れることができないというわけです。

因縁とか前世は仏教でもインド哲学でも根本的な思想です。

 

歌で自己表現

この時代は、プライベートなことは歌で公表してしまうようです。

それが、真実なのか技巧なのか本歌取りなのか、どのように解釈するかは相手次第ということにもなりかねません。

歌に込めた真実の気持ちは、相手に伝わるのでしょうか?

恋の駆け引きをするつもりが、深みにはまってしまうこともありそうです。

 

本当のことはわからないままですが、後世の人々に様々な想像する余地を残してくれます。

 

それで、和泉式部の物語を女性作家たちが何人も作品に取り上げたのでしょう。

 

残された歌の中に、女として母としての心情が詠み込まれています。

今の私たちもその思いに共感できるのですから、人間っておもしろいです。

 そういう感情の出てくる根っこの部分はどこにあるのかしら。

 

そういうことをとことんまで追求したのがインドの哲学者なんでしょうね。

大昔から変わらない心の問題、宗教と哲学が生まれてきた所以です。

詐欺かと疑う 見ていても見ていなかったということ

突然のピンポン

家にいたら突然のピンポンで、作業服姿の男性。

「お宅の屋根、どうしたんですか?」

とのことです。

最初これは詐欺かと思いました。

よくありますよね。

屋根瓦が剥がれているというのです。

外に出て一緒に見たら、本当に屋根瓦が一部落ちていました。

f:id:hoymin:20190607084522j:plain

とても見にくい部分です

近くで屋根の工事をしているという話ですが、こういう詐欺行為が多いという情報がたくさん入っています。

素直になれません。

 

 

我が家の場合

自宅は近くの不動産屋さんから土地を購入し、そこの社長と一緒に設計したものです。

社長は一級設計士でユニークな設計事務所で活躍していたのですが、親族の不動産屋さんの跡取りとなったという経歴の方。

施主との長いお付き合いを信条としていて、どんなことも相談に乗ってくれます。

この屋根についても、そこにおまかせすることにして、指摘してくださった男性にはていねいにお礼を言いました。

 

この話を誰に話しても、「それはあぶない」と言われます。

今は親切そうな話に安易にのることができない世知辛い世の中です。

我が家は家のことは修理やリフォーム、全部その信頼できる不動産屋さんにおまかせできて本当にありがたいことです。

 

実は見ていた

壊れた瓦は、裏のアパートの庭に落ちていて、不動産屋さんが手配して下見に来た業者さんが処分してくれました。

そういえば、私は落ちた瓦を見ていたのに気がつきました。

二階の窓から見える裏のアパートの庭に、ゴミが散乱しているのです。

 

f:id:hoymin:20190607204528j:plain

どうしてここがゴミ置き場になっているのかと、気になっていたのです。

その中に確かに瓦もあったのですが、それが我が家から落ちたものだとは思ってもいなかったのです。

私の想像力不足です。

見ても、それがどういうものかとしっかり見ていなかったのです。

 

意識しての行動 

目に映っていても、本当には見ていないことに気がつきました。

一つ一つの行動を意識的にしようと思ったり書いたりしていても、なんとぼんやり過ごしているのでしょう。

食べること、読むこと、書くこと、そのことに集中すると何度も書いているのに、身についていないのは、悲しいほど。

 

それともう一つ気がついたこと、 

ものがたくさんあると一つ一つのものの存在が薄くなり、意味もかすんでしまいます。

 

もっと家の中で、目に映るものの数を少なくしたいとも思いました。

少なければ少ないほど、大切にできるからです。

 

それが、ものを欲しがらないことにつながります。

 

管理できる量は、年ごとに少なくなることも肝に銘じて。

無印のTシャツばかりたまりました 数を少なくしたい

綿のTシャツ

無印良品の綿シャツがたくさんあります。

 

一時期、綿シャツはやめて、おしゃれなカットソーにしようと思ったことがあります。

でも、アイアンガーヨガセンターに通うようになって、綿シャツばかりになりました。

ヨガセンターでは、ヨガ用に綿製品が推奨されていました。

綿シャツは年齢にふさわしくないと思って、断捨離候補でした。

それが今では綿シャツばかりが、タンスの中で主役級に収まっています。

 

いくらなんでも

綿シャツは穴があきません。

毛玉もできません。

捨てることができなく、セールの時に買い増したりして数が増えてきました。

パジャマ代わりにもなるし、寒いときは重ねて着れば良いと数を増やすを許していたのです。

よく見ると、

・襟ぐりや袖が伸びています

・その割に丈が短くなって裾が広がっています

・洗濯後にたたむとき身ごろがよじれています

全体に古くなっているんですね。

 

一度数を少なくします

最近買ったもの以外を一度に処分することにしました。

あまり考えずにとにかく数を少なくすることに。

 

半ぞでを5枚長袖を3枚処分しました。

エスにして掃除のときに使うことにします。

切るのに疲れて、そのまま資源ゴミに出すものも。

f:id:hoymin:20190605203504j:plain

グレーは半袖も長袖もたくさん

なくても良いのに、こんなにタンスの中に入っていたのです。

 

なくても大丈夫だって事を実感する事になりそうです。

f:id:hoymin:20190605203624j:plain

このウエスを使い切るのもたいへん!

 

これから

無印で出ている速乾素材の半袖シャツを、ヨーガの時は着るつもり。

他にちょっとおしゃれな存在感のある洋服で、自分の気分の上がるものを探します。

こちらのブログに参考になる記事がたくさんありました。

www.yamanoyume.com

自分をもっと気持ちよくさせてくれる、着て幸せになる洋服を身につけたいです。

 

自分の作った洋服は、お気に入りです。

f:id:hoymin:20190228181713j:plain

いつも着ているので、最初に作ったのには穴があいてしまいました。

この形で違う生地でまた作りたいと思っています。

 

洋服作りの腕も上がりそうで楽しみです。

 

サムエルパンツ完成 違和感あったのですが、なじんでしまうのがおもしろい

次の作品が完成

エプロンに続きサムエルパンツができました。

本で見て、簡単に作れて形も面白いと思いました。

美濃羽まゆみさんが好きです。

この本に載っていました。

FU-KOさん家の小さなくふう ていねいな毎日の作り方

FU-KOさん家の小さなくふう ていねいな毎日の作り方

 

 

これらの本も眺めています。

FU-KO basics. 着心地のよい、暮らしの服 (Heart Warming Life Series)

FU-KO basics. 着心地のよい、暮らしの服 (Heart Warming Life Series)

 

 

FU-KO basics.毎日着たい、手づくり服 (Heart Warming Life Series)

FU-KO basics.毎日着たい、手づくり服 (Heart Warming Life Series)

 

 

製図も簡単でポケットもファスナーもなしなので、2時間くらいで作れました。

 

f:id:hoymin:20190527223156j:plain

 

着てみたら

早速着てみたら、あまり感じがよくありません。

ゴムが緩いのかおなかが膨れて見えます。

実際おなかに肉がついているから仕方ないです。

これはもう、夏のパジャマとして着るしかない。

とても外には出られない、と思いました。

f:id:hoymin:20190603210546j:image

でも、何度かはいている内に不思議なことに目が慣れてきました。

おかしいと思わなくなりました。

 

とっても便利

今まで夏の暑い日には、このギャザースカートが涼しくて便利でした。

もう何年もはいています。

f:id:hoymin:20190603211548j:image

でも、裏地が化繊でべとつきます。

今回作ったサムエルスカートなら、木綿でも透けなくて一枚で涼しく過ごせそうです。

もしそのまま眠っても、めくれ上がることもない・・・

f:id:hoymin:20190603210711j:image

こんな格好もできます。

f:id:hoymin:20190603210725j:image

この夏に活躍してくれそうです。

 

それにしても、目が慣れてしまうっておそろしいほどです。

もう、このスカートで外に出かけても良いくらいに平気になりました。

 

お腹を引っ込めて、背筋を伸ばして、サッサと歩くことが必須です!