60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

【ステキにハンドメイド】作りたい洋服 禅僧の作務衣のようなユニホームがいい

サーカスパンツ

猛暑が続いています。

涼しくて体を締め付けない洋服で毎日過ごしています。

下は美濃羽まゆみさんのバルーンパンツ、

綿の白とリネンの黒の2枚を交互に穿いています。

hoymin.hatenablog.com

バルーンパンツはゆったりしていてそのままヨガもできます。

暑いときは膝上までまくし上げることも。

天然素材で毎日ガシガシ洗っています。

 

これは素材を変えれば冬もはけるので一年中のパンツが手作りできることになりました。

 

ペチパンツ

今月号の「ステキにハンドメイド」で見つけたのはペチパンツ。

家の中で穿いたり、スカートやワンピースの下に着用する物です。

 

f:id:hoymin:20210804212119j:plain

 

その他に美濃羽さんのブラウスとワンピースも作りたい洋服です。

f:id:hoymin:20210804213445j:plain

襟の開き具合がよさそう

こちらも基本的な形ですから、飽きなく生活にとり入れることができそうです。

f:id:hoymin:20210804214136j:plain

長袖はこれが定番になりそう

 

禅のお坊さんは物を持たない生活の見本ですが、

作務衣を何組か持っていて、一日中それで過ごしています。

寝るとき同じ作務衣なんですよね。

私も寝るときも着られるくらい着心地のいい洋服を

日常的に着たいなって思います。

 

今私が来ている洋服って、

大部分はそのまま寝ることができます!

 

 

図書館休館日だけど図書喫茶へ 本好きが集まる快適空間をみつけました

休館日

月曜日は図書館が休館なので録音作業はお休みです。

以前から行きたいと思っていた図書喫茶に行くことにしました。

f:id:hoymin:20210802203044j:plain

オーナーの本を自由に読むことができます

ちょっと今はコーヒーは控えたいので、

りんごジュースとガトーショコラ。

100%のりんごジュースは、製品をレジ前でうっていました。

スイーツは自家製で飲み物とセットだとお得になります。

f:id:hoymin:20210802203705j:plain

図書喫茶だから本を読む環境の注意書き

f:id:hoymin:20210802204106j:plain

食べ物や飲み物もこだわっているからその関連の本も

コーヒーは地元の焙煎、カレーも地元専門店の監修レシピだそうです。

LINEのお友達になるとポイントカード機能がついていました。

カレーとコーヒーの組み合わせ、お腹の調子を整えてきてみたいです。

f:id:hoymin:20210802204159j:plain

須磨寺の小池陽人さんの法話によく出てくる「ベテルの家」

ベテルの家の本を見つけて読みました。

読み終わるまで帰ることができないのが難点です。

 

f:id:hoymin:20210802210052j:plain

電源のコンセントがぶら下がっています

本棚など木がふんだんに使われている快適な空間、

本が好きな人が集まっているから、長居をしても許される感じ。

パソコンを広げている人も多いです。

 

上からぶら下がっている電源に、なんども頭をぶつけたがさつな私です。

 

ベテルの家関連の本ってたくさん出ているのですね!

 

 

 

 

 

後で後悔することになるのに、私がついつい負けてしまう誘惑言葉 無料・健康・

ケチ臭い行動

自分でも良くないと思いながら、

ついついケチ臭い行動をします。

ミスタードーナツでコーヒーを頼んでお代わりすること。

ブレンドコーヒーはお代わり無料なんですよね。

たまに飲むと(家ではノンカフェ)美味しいんです。

f:id:hoymin:20210731202916j:plain

1杯でも満足なのに

音訳作業の日にお昼に入ったミスタードーナツ

短い時間なのに、美味しくてついお代わりを頼み、

ちょびちょび飲むのはいいけど、2杯は多かった。

 

ドーナツのせいかコーヒー2杯のせいか、

夜はお腹を壊してトイレに通うことに。

無料だからってお代わりまでして体を壊すなんて、

ほんとに浅はかです。

 

他に弱い言葉

あと私が弱い言葉は

・健康にいい

・安い

・送料無料

・〇〇さんが使っている

・この頃流行

・知る人ぞ知る

 

自分の頭で考えること、

自分の体に聞いてみる、の大切さ。

わかっているのに流されてしまう、私の弱さです。

 

これからは失敗もこのブログに書いて、

以後同じような事を繰り返さない戒めとします。

 

これって仏教で言うところの「戒」に通じるかな?

 

【録音図書】今後のための覚え書き たゆまぬ努力が必要

最終修正

去年からの録音図書が最終段階に来ました。

コロナワクチンを2回接種できたので、

図書館の録音室を使い毎日作業しています。

 

スムーズに行かないことばかりでしたが、

今後のためのメモ。

 

事前の準備

アクセントや漢字の読み、固有名詞の調査などをしましたが、

それ以上に全体の構成を考える必要がありました。

・引用文の読み方

 以下引用にするか、間で処理するか

 ピッチとか早さをどうするかの統一性

 新聞記事・参考図書・文献などの読み分け

 

・会話文の読み分け

 時系列的 少年時・壮年期・病床期など

 相手によって 家族・友達・師・妻など

 

本を読み込んで、全体を頭に入れてシステムを作るように

設計図をつくったらいいのかと思いました。

 

録音技術

ソフトを使いこなせていませんでした。

声を入れることだけで精一杯で、

フレーズの先頭に間があり、ぶつ切れになっているのに気がつかなかった。

全体で膨大な数のフレーズでビルドブックが長時間になっていました。

それが異常なことだというのは、校正の先輩に指摘されるまで気がつかない。

まだ原因は良くわかりませんが、以後は画面の数字にも目を配ります。

 

小手先の修正を繰り返すより、読み直したほうがいい場合が多いです。

 

読むときに少しずつ自己校正する必要性が良くわかりました。

 

滑舌など読み技術

原文の句点にひきづられて息継ぎしたが、

意味のかたまりで読むように指摘されました。

私は筆者の意向というか書くリズムが句点になっているので、

それを尊重すべきだと思って読みました。

あまりに句点が多い文章なのでとても苦労しましたが、

意味のかたまりで、意味がわかりやすいような読みに読み直すことになりました。

これは、有名な文筆家の場合にもそうなのか今でもちょっと疑問はあります。

 

自分の癖と未熟

・主語の後の助詞がちょっと伸びて上がり気味

 ○○は~  もっとキビキビしたほうがいい

・サ行の滑舌が悪く、ザ行の発音のとき舌を噛んでいる

・会話文で疑問符がついていないのに、勝手に語尾を上げる

・会話で少女っぽい幼い読み方になる

・長時間の録音では後半声が変わるし疲れてスピードダウン。 

 

これから

未熟な私に録音図書をまかせてくださったことに本当に感謝です。

コロナで外出自粛が続いても、この仕事があることが心の支えになりました。

校正をして下さった方は、大変な作業量で申し訳ないです。

全部指摘したら私が凹むだろうと、どの程度にするか迷ったのでは。

今聞き返しても、読み直したいところ間違いのアクセントがたくさんあります。

今回の経験を生かしてこれからも図書館の音訳活動の仲間でいさせて欲しいです。

 

それには、たゆまない努力が必要です。

進化どころか退化しないための努力でもあります。

f:id:hoymin:20210731081453j:plain

畑の片隅のお花たち

 

できることから少しずつ 部屋の快適化

物置

子供達が独立し、部屋が開いています。

洗濯部屋や物置化していて、ほこりもたまりがち。

使っていない部屋の掃除って、やる気が起きません。

そこでブラーバの登場です。

f:id:hoymin:20210730090457j:image

ルンバでの掃除は時々していたのですが、

ブラーバで水拭きもすることに。

こうすれば気持ちよく素足でも入ることができます。

床がきれいになると、カーテンも洗いたい、ガラスも拭きたいと

モチベーションが上がってきます。

 

有効利用

部屋がきれいになると、この部屋も使いたくなりました。

プリンタの机があり、子供が使っていた勉強机もあります。

いつか使うかもしれないと言うもの、

過去の思い出品が山積みになっています。

f:id:hoymin:20210730090610j:image

クローゼットは、子供の家に入りきらない季節外の品物などがまだ置かれています。

考えてみました。

窓際に机を置いたらミシンとロックミシンを並べて洋裁部屋になります。

f:id:hoymin:20210730090752j:image

問題は冷暖房がないこと。

今の季節はちょっと作業できないです。

 

う~ん。

リビングでミシンの出し入れをしている状態はやはり面倒。

出しっぱなしのミシン、広げっぱなしの作りかけの服、

この部屋が使えたら私の物作り生活の質が向上できます。

 

一仕事一片付け

全国共の会で教えてもらったことに

「一仕事一片付け」があります。

使った道具はすぐにしまって、元の状態に直すこと。

「夜寝る前の家」って言葉も教えてもらいました。

寝る前にな家の中を片付けておくと、

翌朝は気持ちよく一日を始められると。

アイアンガーヨガセンタでも、

アサナでたくさんの道具を使い終わる毎に片付けます。

 

仕事をしてすぐ片付ける生活もありですが、

部屋と場所があるのだから有効利用を探ってみます。

 

f:id:hoymin:20210730090839j:image

『年収90万円で東京ハッピーライフ』大原扁理 著 生きることはそんなに難しくないと思える

たどり着いた境地

中田さんのYoutube大学で絶賛していたので読んでみました。

たくさん稼いでシンガポール移住している中田さんが、

「自分と同じ!どこに住んでも同じ」

「世界のお金持ちがたどり着いた境地」

「一周回ってここが着地点」

 「俺も同じ!!」


www.youtube.com

著者の玄米菜食、シンプルな衣服、読書と散歩

これってジョブズとか世界の成功者と言われている人と、

同じライフスタイルです。

中田さんも、たくさん学んだ末にたどり着いたのは、

・一日一食という小食

・玄米菜食ぽい食事(茶色の食事)

・充分な睡眠

・仕事時間は短く 

・嫌なことをしない

本当に大原さんと似ています。

 

禅とも似ている

早速Kindle版を購入して読んでみました。

要約でなく、全文を読んで良かったです。

彼の哲学というか考え方がしっかりわかりました。 

禅の考え方と似ています。

(隠居生活と言っていますが)

仕事は1週間に2日。

趣味は読書と散歩です。

最小の物でシンプルに自炊の生活です。

 

時々、歩くのって禅みたいだと思うことがあります。何にも考えずに歩いていると、雑念がどんどん消えていくんです。

 

誰もが、自分自身の手で、心の中に 伽藍 を建てるしかないんです。 

 

自分に対するたゆまぬ観察と微調整を繰り返すこと。それで1日を無事に終えることが出来たら、「今日も平穏無事に過ごせてありがとうございました」とまた感謝して眠る

 

今日のことも大切に出来てないのに将来を語るのって順番が違う

 

未来のことを考えず今のことに集中できています。

瞑想だってできています。

人と比べず、自分の感覚を大切にします。

「好きなことをして生きる」とは真逆の、

「嫌なことをして死なない」

を進めていってたどり着いた境地です。

 

読んでいて気持ちが楽になりました。

無理に自分を追い詰めることはやめようという気持ちになります。

本当に必要なものって、少ないんですよね。

f:id:hoymin:20210728214502j:plain

読みたい本がすぐ手に入る、

Kindleは便利です。

【はたらく細胞】Amazonprime 細胞ちゃん達の為のいい環境作り

はたらく細胞

夏休みの孫と『はたらく細胞』シリーズを見ています。

とある「人」の体内で年中無休で働いている数十兆個もの細胞(主に免疫系の諸細胞が中心)を擬人化した物語。1、2話完結型のストーリーで、新米の赤血球「AE3803」や白血球「U-1146」などを中心に、群集劇の形で細胞たちの日常を描いている。(Wikipediaより)

いまはAmazonプライムビデオでシーズン2を見られます。

シーズン1はもう無料配信が終わってしまったみたい。

小学4年と5年の孫が以前は興味がなかったのですが、

今回は面白がって見ています。

赤血球と白血球、体の中の免疫の機能をドラマチックに

描いています。

ゲームやYoutubeばかり見ている子供達に、

是非とも見てもらいたいと思いました。

大人が見てもおもしろいです。

 たんこぶがどうして頭にしかできないのか、初めて知りました!

 

ブラック環境

はたらく細胞』シリーズでブラックというのがありました。

TVアニメ「はたらく細胞BLACK」 公式サイト

毎日せっせと体中に酸素を運ぶ、 新米赤血球。
しかし彼の職場の労働環境は、 徹底的にブラック──!!
飲酒、喫煙、ストレス、睡眠不足……
不健康の総合商社のような世界で、
過重労働の末に細胞たちは何を思うのか?
これは、あなたの体の物語──。

スピンオフ作品だそうで、大人版!

ストレスのため血管の中はつまり気味、肝臓も疲れ気味な大人の体が舞台です。

 

過重労働のブラックな職場という設定で、

不摂生な大人達への警鐘を鳴らします。

健康に気をつけて細胞たちに良好な環境を作ってあげたいと思わせます。

 

睡眠不足と暴飲暴食が、胃腸の中を悪玉菌が活躍する場にしてしまいます。

ストレスも血管の中の悪玉コレステロールを増やします。

 

ストレスなく健康的な生活をすることで、

自分の細胞達を過労ではなくご機嫌に活動させることができます。

自分と一緒に暮らしている善玉菌たちを増やすことにもなります。

 

擬人化された白血球や赤血球ちゃん達の為にも、

健康的な生活をしたいって思わせてくれました。

細胞達のこと、愛おしく思えるんです。

 

f:id:hoymin:20210726201235j:plain

日差しに負けない夏の花