60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

お釈迦様はバラモン教の何を否定したのか 佐々木閑先生の講義から

仏教の新しさ

お釈迦様はその頃インドで信じられていたバラモン教では、自分の悩みは解決できないと苦悩します。

そして、悟りを得た後自分の教えを広めて仏教として成立します。

お釈迦様はバラモン教の3つの教えをすべて否定します。

その新しさは、今でも合理的なことに驚きます。

改革者とし先駆的だったのに、インドでは仏教は衰退しバラモン教の教えを基礎とするヒンドゥー教が優勢になってしまいます。

 旧勢力、権力維持勢力が強いからかしら。

 

バラモン教と仏教の比較

バラモン教:梵(ブラフマン梵天)が宇宙を支配している

仏教:宇宙は如何なるものにも支配されていない

 

バラモン教ヴェーダを根本聖典とし絶対の権威とする

仏教:一切の聖典を持たない

   経典は一人の人間(釈迦)が知り得た宇宙の真理を教えてくれている教え

   悟るための方法も教えてくれている

 

バラモン教:生まれついてのカースト身分制度)がある

仏教:修行者はカーストなど身分や男女の性差もなく平等

 

 

仏教の中にもバラモンの神が

仏教の中にもバラモン教の神様がいます。

梵天様や帝釈天です。

これを佐々木閑さんが解説しています。

 

同じことばでも違う概念で使うことが「よくある」とのことです。

バラモン教では絶対神梵天も、仏教では仏様に追随する神様になっています。

このように同じ言葉が、違う世界観では違う概念として使われることに気をつけましょうとのことです。

「出家」とか「尊師」とかもそうですね。

「僧侶」が妻帯しお酒を飲むなんてことも、日本だけの特殊性です。

 

宗教の世界では、こういう細かいことも知っていないと道に迷います。

ヨガ哲学でも、アートマンとかブラフマンが出てきます。

その意味がよくわからなくて、ポワッとした理解しかできません。

 

インド哲学、ヨガ哲学、仏教哲学、うろうろ廻りながら理解を深めたいです。

 

この回を参考にしました。


佐々木閑「仏教哲学の世界観」1-(6)

 

俳句雑誌音訳メモ(2)動植物 面白い漢字の世界   随時追加予定

俳句によく出る動植物

よく出てくる動植物は決まっています。

普通とは違った漢字を使うことがあります。

どんな漢字を使うか、ひらがなにするか、それもセンスです。

ほんの一例ですが、今まで出てきた面白い漢字です。

 

植物

金縷梅 マンサク

風信子 ヒヤシンス

薔薇 ソウビ バラ

慈姑 クワイ

団栗 ドングリ 

通草 アケビ

石蕗 ツワブキ ツワ

向日葵 ヒマワリ

罌粟 ケシ

忍冬 スイカズラ

萱草 カンゾウ

百日紅 サルスベリ

山毛欅 ブナ

橡 トチ

鳳梨 パイナップル

鰤 ブリ

鯰 ナマズ

 

鳥 

鶲 ヒタキ 

尉鶲 ジョウビタキ

鷺 サギ

鶫 ツグミ

梟 フクロウ フクロ

鶺鴒 セキレイ

鵙 モズ

鳧 カモ

 

動物

鉦叩 カネタタキ

海鼠 ナマコ

(蒼)朮 オケラ

 

俳句雑誌音訳メモ(1) 追記していきます

音訳のメモ

音訳は難しいけど、楽しいです。

ことばを覚えることもできます。

知らないことが多く、調べてもすぐ忘れてしまいそうなのでメモしていきます。

日本語って面白い。

音訳と俳句に出会わなかったら、知らないままで終わっていました。

 

読み方

百歳 モモトセ

三十三歳 ミソサザイ 

十六夜 イザヨイ

大旦 オオアシタ (元旦のこと)

美し ハシ

はせを バショウ

 塒 ネグラ

浮子 ウキ(釣りの)

咳 シワブキ

漁 スナドリ 

 莨 タバコ

中稲 ナカテ

遊戯 ユウギ ユギ

和毛 ニコゲ

囀 サエズリ

薄氷 ウスライ 

舞うてみん モウテミン

繙く ヒモトク

遠近 オチコチ 

零す コボス

蹼 ミズカキ

地震 ナイ

水脈 ミオ

補陀洛 フダラク

腕 カイナ

 

音の数にあわせる読み 

だんだん小さく ダンダンチサク

誰も知らず  タモシラズ

真実甘し マコトアマシ

水漬く ミズク

大根 ダイコ

足裏 アウラ

葉騒 ハザイ

 

 

上五 中七 下五 のうち音数が増えても良いのは上五

中七はできるだけくずさない

 

マスクとマスクケース 量産続いています 自粛期間はミシン技術向上期間

立体マスクその2

西村大臣型の立体マスクも作っています。

動画で探すとたくさん作り方が出てきます。

f:id:hoymin:20200702215408j:plain

表綿ポリ 裏ダブルガーゼ

夏になってプリーツのガーゼマスクが余りに暑いので、立体型だと口とマスクの間に空間があって涼しいのではないかと。

 

作ってみましたが、やはり暑いのは変わりないです。

自分の吐いた空気が熱いのですから、それが口の周りにとどまっていたら暑いです。

 

f:id:hoymin:20200702220027j:plain

好評につき一気に5個製作

マスクケースも好評だったので生地があるだけ後3個作って、配りました。

f:id:hoymin:20200702220234j:plain

タグは下手なミシンではつけない方が良いです

マスクケースは接着芯が固すぎて、失敗でした。

たくさん作っていくうちに、副資材のあわせ方とかミシン縫いが上達するでしょう。

 

今回のコロナの感染防止自粛期間は、私の小物作り技術向上期間にもなりました。

 

小さな端布はコースターを作ったりして布地の在庫減らしを図りましたが、マスク用の生地やワイヤーを購入して、手持ち在庫は増えてしまいました。

f:id:hoymin:20200702220715j:plain

とりあえずコースター 

図書館がお休み中に本屋さんで購入。

チュニックを作る予定だけど、生地を買いにお店に行けない・・・

f:id:hoymin:20200702220922j:plain

 

去年作ったバルーンパンツやブラウスが大活躍しています。

洋服は買わずに作る予定です。

三学 仏道を進める3つの原動力 目的を考える

佐々木閑さん動画

花園大学の遠隔講義をおりに触れてみています。

インド哲学の世界観、それから発生した仏教とはどういうものか、佐々木先生の親しみやすい語り口も魅力的です。

佐々木先生は生まれはお寺なのですが、学生時代は科学者を目指していたようです。

仏教と科学との関係をはっきり説明します。

「目指しているものが違う。だから世界観が違って当然」

矛盾をいいかげんにせず、ご自分の到達した認識を教えてくれます。

 

 

瞑想は目標ではない

瞑想は必要条件であるけど十分条件ではない、と科学者らしい言い方です。

瞑想をするのは、真理に近づき智慧を得るために必要ですが、それだけすれば真理に近づけるわけではないのです。

 

仏教には三学という仏道を進める3つの原動力があります。

三学とは 戒・定・慧(カイ・ジョー・エ)

は行動の規範

は瞑想

は真理の智慧

 

本当の安楽への道を知る智慧のない私たちは

瞑想= によってその智慧を得ようとする

瞑想をするためには =行動の習慣性が役に立つ

 

という流れなのだそうです。

悟りのために必要なのは智慧

その智慧を獲得するために瞑想するのです。

目的は生きることの苦しさから逃れる安楽、瞑想はその方法です。

 

戒が必要なのは

仏教徒としてもっとも基本的な戒は、不殺生・不偸盗・不邪淫・不妄語・不飲酒の五戒です。

「戒」は瞑想をするための行動規範、習慣性を身につけるためにあります。

つまり判断することなく自然にそういう行動をするという習慣性をつけると、

外界からの情報に動かされない心を持って瞑想を行いやすくなり、

心を正しい方向に導く智慧を獲得することができるという仏道の流れ。

 

瞑想による智慧の獲得のために、「戒」があるのであって、

自分がいい人になる、人の役に立つために行動するのではないのです。

例えば、掃除をする、簡素な生活をする、利他の精神で行動する、

すべてが「自分」のためと言うことになります。

 

仏教そのものが、苦しいこの世で自分が安楽に生きるための道なのだそうです。

ふ~ん。

新しい視点をいただきました。

 

この回を自分なりにまとめてみました。


佐々木閑「仏教哲学の世界観」1-(12)

 

 

f:id:hoymin:20200701203951j:plain

部屋を片付けるのも自分のためです

 

社会と断絶した3ヶ月 代わりに新しい社会に目を向けました

外出自粛期間

仕事を持っているわけでもない年金生活者にとって、外出自粛期間はお金を使わない期間ともいえそうです。

ジムやスタジオが休業になり、公共施設の閉鎖でほとんどのお稽古事がなくなりました。

友達との旅行や外食も減ったことでしょう。

一人で運動を継続することの難しさを実感する期間にもなりました。

「物が買えない」「品物がない」「店が閉まっている」

そんな想像していないことが現実になってしまいました。

 

オンライン状況

オンラインなどネットになじみのない高齢者は、社会と断絶したような期間だったのではないでしょうか?

ネットでの買い物ができないと、感染の不安におびえながらの買い物になります。

 

唯一の情報源と思われるテレビでは、毎日コロナの危険性と数の拡大情報ばかりです。

どこで正しい情報を得ることができるか、情報リテラシー(活用能力)のありなしがこれからの社会を生きていくのに重要になってきます。

 

新しいチャンネル

家での時間が増えたことで、youtube動画をみる時間が増えました。

新しい発見がたくさんありました。

いろいろ若い人のチャンネルにはまって、どんどん見続けました。

ヨガインストラクターのまりこさんの動画で、毎日ヨガをしています。

インド哲学の講義も天風会の講習会も続いています。

 

動画を見ていると、他の動画をお薦めされます。

それで他の分野にもどんどん進出していきました。

落合陽一さんのWeekly OCHIAIの他に

MBさんという男性のファッションについて発信している方を発見。

おしゃれでない人が、おしゃれに見えるファッション指南。

ユニクロやワークマンプラスなどの高品質ファッションをどうコーディネートすれば良いかをわかりやすく解説。

www.youtube.com

 

この頃熱中しているのは

一人前食堂のMaiさん

www.youtube.com

とてもかわいくて料理上手。

みていると色々作りたくなって、

発酵食品を使った回をみた後は、速攻塩麹を作りました。

www.youtube.com

 

若い人たちに教えてもらうことがたくさんです。

今の社会の息吹を感じます。

f:id:hoymin:20200629222040j:plain

ワンプレートの彩りを考えることも感化されました

問題は動画を見すぎて家に閉じこもり気味なこと。

運動不足注意。 

受け身のインプットだけに身をまかせていることにも反省。

人を許すこと 夢の中ではできましたが

夢の内容

覚えているのは私のお弁当の蓋が開けられてしまったこと。

職場に持って行ったお弁当が続けて何日か誰かに蓋を開けられて、他の人に公開されてしまいます。

彩りよく作ったお弁当なので、その点は困らないのです。

犯人は上司の男性。

実は私がその職場を辞めたのは、その人が原因でした。

口が悪くてぶっきらぼー。

今ではそんなに悪い人でもなかったと思えます。

 

夢の中で、どうしてそんなことをしたのか訝しく思いますが、後でその職場が閉鎖か何かでなくなるので、その前に私がやめるように仕向けていたのだとわかります。

 

夢だからおかしな筋なのですが、夢の中でその上司を許す気持ちになりました。

私のことを思ってくれての行動だった、と(変に)理解できたのです。

 

許す

余り人とは争わないようにしています。

でも、一度こじれると、人を許すことが難しいです。

その上司は4月の異動が決まっていて、私がやめることないと他の方に慰留されました。

他にも理由があったのですが、撤回することなく退職しました。

「あなたがいるから、私はやめます」と宣言したのですから、ずいぶん嫌みだったでしょう。

夢の中では、元上司にとても優しい気持ちになれました。

かたまった心がほどけるのは気持ちがいいものだと実感しました。

 

人生の中で、もう一人今でも許していない人がいます。

会えばにこやかに挨拶もしますが、心の中では許せないのです。

その人ばかりが悪いのではないと、頭では理解できます。

でも、年月がたっても心に残った澱がいつまでも感情を逆なでします。

心のコントロールは難しいです。

 

 

f:id:hoymin:20200627210203j:plain