60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

日記・コラム・つぶやき

コロナの素人なんだから、感染者数に一喜一憂しないで 天風の教えより

中村天風 天風会のオンライン講習会に参加してから、中村天風の著作を読みなおしています。 その中に病気について、どんなに病気のことを勉強しても病が治らなければ意味がないと言うことが書いてあります。 腎臓病の人がいくら腎臓のことを勉強して詳しくな…

古い本(知識)が役に立たない 技術革新についていくのは大変

進化についていく 「技術革新」ということば自体が古いのかもしれないです。 情報技術の進化というのか何というのか、物事の変化が早くてついていくのが大変。 厚労省のアンケートもLINEできますし、コロナ関係の情報収集やら病院の予約などもスマホがあ…

多様性が必要なこと どんな人も大切なことの意味

山中博士の危惧 最近のコロナ感染へ山中博士の提案が話題になっています。 www.covid19-yamanaka.com 訴えたいのは 「桜は来年も帰ってきます。人の命は帰ってきません」 新型コロナに一人一人が正しくリスク管理し、正しい知識を持って医療崩壊を防ごうとい…

悩みの口中音対策 メモ 惜しげなく教えなく教えてくださる先輩

活動は休みません 市内の公共施設は、休館が月末まで延長されています。 学校だけでなく図書館、ホール、公民館すべてです。 でも、広報を音訳する仕事は休むわけにはいきません。 録音室は、広報の仕事に限って使えます。 (図書館のサービスとしての事業は…

家にいて心静かにしたいこと さっぱりさせて気持ちが清々しくなりました

外出を控えて 不要不急の外出は控えるように言われています。 外に出ると、見たくないものも見ることになります。 ドラッグストアの外に積み上げられていたトイレットペーパーが すっかりなくなっています。 スーパーに出かけた友達が、買い物客が殺到してい…

今日の反省 数字と一息に読むこと 音訳者としてステップアップ

数字が苦手 音訳の読みで手こずるのが数字です。 広報では電話番号がたくさん出てきます。 電話番号の読みで、「3」が最後につく場合のアクセントに癖があって取れません。 何度も注意されているのに、今回も半分くらいにダメ出しがありました。 自分なりに…

師と思える人 振り返ってみるとそこには本がありました

ヘッセの『シッダールタ』 私がはてなブログに移ったのは、うちこさんのブログをずっと読み続けていたからです。 私にとって(たぶん)20歳以上若い方です。 ブログを書くとき、自分の気持ちを立て直すとき、うちこさんの言葉をよく思い出します。 人にお…

やっと食べた無印銀座のランチ  無印大好きのお姉様方

無印週間が始まった銀座店 平日の午後、銀座店のランチ。 以前の有楽町店や新宿店のCafé&Meal MUJIではなく、 MUJIDiner(食堂)でした。 定食が850円。 コーヒーをつけると、200円 1時半に予約して番号札をもらいました。 32組待ちで40分。 スマホの番号を入…

『冷血』高村薫 著  誰の心にも冷血な部分はあるのか 隣人はどうすれば

行動には原因があるか 歯科医家族4人を残虐に殺した殺人強盗事件のお話です。 冷血(上) (新潮文庫) 作者: ?村 薫 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2018/10/27 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る 殺人を犯した理由が曖昧なことが、問題に…

アクセント辞典購入 どんな人になりたいかを考えて

もう届きました 昨日注文したアクセント辞典が今日届いて、うれしくて眺めています。 NHK日本語発音アクセント新辞典 作者: NHK放送文化研究所 出版社/メーカー: NHK出版 発売日: 2016/05/24 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (2件) を見る 私の持って…

できる限りの準備をする そしてできることの限界も知る

リベンジならず 前回の音訳録音でミス(未熟)が多かったので、同じ分野の所の読みを挑戦してみました。 結果は良くなかったです。 体力とか気力がもう新しい挑戦にはついていかないのかと、落ち込みます。 自分の気持ちだけでは、成果が出ないことを認めな…

誰のママなの?と聞かれる快感

無邪気な子供の声かけ 時々学童保育に孫を迎えに行きます。 出てくるのを待っている間、ほかの子供が顔を出します。 おしゃまな女の子が声をかけてくれます。 「誰のママなの?」 私は笑いながら「〇〇のおばあちゃんなの。」と答えます。 心がほんわりしま…

築地本願寺 写経やらヨガやらもあり合同墓も

浄土真宗 NHKの番組にでていらした、ケネス田中さんは浄土真宗の僧侶です。 番組中で築地本願寺で講座をしている様子がありました。 まだ行ったことがないのですが、写経やカフェがあったりサテライトサロンが銀座にあったりしておもしろそうです。 tsukijih…

髪の毛の事 グレイヘアにしようか揺れる心

あまりの暑さにヘアカット 首回りのアセモに毛先がチクチクあたり、がまんできなくてヘアカット。 首の後ろの日焼け防止に襟足を伸ばしていたのですが、そんなことはいっていられないです。 白髪染めをしているので、一ヶ月ちょっとでカラーとヘアカットして…

上野千鶴子さんの祝辞と『赤毛のアン』フェミニズムの視点

東大入学式 今年の東大の入学式で、上野千鶴子さんの祝辞が話題になりました。 頑張っても女性ゆえに報われない日本の現状があること、東大の中にも根強い封建的な価値観が残っていることを指摘しました。 勝間さんも触れています。 katsumakazuyo.hatenablo…

心に残したい言葉 身内をなくした方との対話

モールで4時間 昨年奥さんを亡くした方から連絡をもらい、夫婦でお会いしました。 地方在住なのですが、お孫さんの入学式に出席のための上京です。 近くのモールのフードコートで、4時間も話し込みました。 笑いあり涙ありでしたが、 「本当に楽しかった」 …

ロジカルであること 例えば朝の10分

朝食の前に 朝食を作るとすぐ食べたくなります。 その前に、10分だけ体操をするように心がけています。 ヨーガ禅の簡易体操は10分以内でできます。 試しに10分でタイマーをかけてみたら、簡易体操をゆっくりしても時間が余りました。 ゴキブリ体操を、…

「勝間式超コントロール思考」を習得する方法7箇条 実行するために

講演会のレジメ 勝間さんの出版記念講演会では、レジメが配られました。 超コントロール思考を習得するためのおすすめ7箇条です。 勝間さんは利他的なひとですから、情報をシェアさせていただきます。 そのときの私のメモと、それ以後にも考えたことを備忘録…

スマホに任せて大丈夫かしら? iPhoneの不具合続いています

家の近くでは大丈夫 家の近く、市内や隣の市くらいで使っているときに不具合がでることはありません。 一度もないのです。 先月仕事先で最初にフリーズしました。 hoymin.hatenablog.com 以後もフリーズすることはないのですが、次回仕事に出かけたら、また…

本を作る 未来の私のために

連日編集作業 このところ音訳作業の中でも、「編集校正」を学んでいます。 合間に「ドンク」のスープランチ 市の広報の他に、図書館の事業として図書を視覚障害者の方も利用できるようにまるごと1冊音訳する作業もあります。 できあがった作品は、録音図書…

私の職業は何でしょう 長いスカートの続き

アンケートで 冷たい雨もお花には恵み 職業を選ぶことがあります。 でも、その中の選択肢に困ります。 主婦、無職、アルバイトで迷うのです。 時には、その他のところにチェックします。 主婦というのは、配偶者が働いていて、主に家の仕事をする人なのかも…

音声入力でワードが暴走 音声入力ぼちぼち進めています

原稿書きを音声入力 音訳ボランティアで市の広報を読むためには、オーディションがあります。 市報の記事をいくつか読むのです。 記事原稿に気をつけることを書き入れるため、ワードで入力している時です。 「こういう時こそ、音声入力を使ってみよう」 考え…

シニアにとって家電に投資するとは ハイグレードヘルシオ購入

Joshinで購入 ヘルシオ購入でいろいろ検索していると、web広告も頻繁に出るようになります。 そうしたら、以前一夜でなくなってしまったJoshinでまたヘルシアが最安値で出ていたので早速購入。一人1台限定でした。 商品名:スチームオーブンレンジ 30L レ…

ふるさと納税をしない理由 住んでいるところを大切にしたい

コマーシャルでも テレビで盛んにふるさと納税のコマーシャルを流しています。 ふるさと納税を簡単に行えるサイトが大盛況なんですね。 とてもたくさんのお金をCMに使っています。 そのたびに、私は違和感を覚えます。 返礼品 2000円だけの負担で、様々…

女はもっと自由になっていい 赤毛のアン

赤毛のアン 友達が出している女性誌があります。 womens-stage.mond.jp 広告なしで一年に2回、もう20年にもなります。 時々私も原稿を載せてもらっています。 今回は『赤毛のアン』について書きました。 困難に立ち向かうにあたって、アンがどのような行…

今日の1日 だんだん動きがよくなってきて片付けが進みます

洗濯機の掃除 この頃洗い上がった洗濯物に、茶色のゴミがついています。 洗濯槽の掃除をしました。 前回からもう1年もたっているのに驚きました。 hoymin.hatenablog.com 今度の工夫は、浴槽に45℃の湯を沸かしてポンプでくみ上げたことです。 バケツより…

これは「少女趣味」の残骸かしら スカートもはきたいとき 

家の中 普段はほとんどパンツ派です。 思いついたときに、アルダ・チャンドラアサナとか逆立ちをしたいから。 でもスカートもあります。 お出かけの時にはヨガパンツやハーフパンツの上からさっとはいたりします。 去年買った無印のリネンの白スカート。 こ…

『松浦弥太郎の仕事術』再読 心を引き締めて

Kindleで再読 松浦弥太郎の仕事術 (朝日文庫) 作者: 松浦弥太郎 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2012/07/06 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 7回 この商品を含むブログ (9件) を見る 暑い日々が続いています。 隙間時間にKindleに入っている本を…

人生を変える場所 志木のヨガセンターもそのひとつです

著名な雑誌に載りました インドからのニュースです。 世界850万人が読む有名な雑誌National Geographic誌の記事でRIMYIがランクインしました。 人生を変える場所世界の100カ所の中で59番目です。 *ヨガセンターのFace Bookから画像をお借りしまし…

『座禅ガール 』 田口ランディ著 女はいつまで女なのか

重いような軽いような 初め手にとったときは、軽い気持ちでした。 若い女性の「おしゃれな禅入門書」くらいの気持ちで。 装丁とタイトルにだまされました。 田口ランディさんの作品だから、軽いだけでは済まされません。 思いがけない展開 40代の女性作家の…