60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

ヨガで学んで 日常生活(生活態度?)も変わります

ヨガを学んでいるから変わりました

ペチパンツを作るために注文したレース生地が届きました。

f:id:hoymin:20180810085532j:image

かわいいペチパンツができそうで楽しみです。 

f:id:hoymin:20180810082259j:image

ゆうパック利用で送料200円。サンプルのレースはどうでもいいけど、便利です。

 

そのまますぐ作りたくなったのですが、思い直して水通し(地直し)をちゃんとすることにしました。

いままでの私ですと、下着ですし多少縮んでも関係ないと作り始めたことでしょう。

ヨガを学んでいる今は違います。

慌てず、手順を簡略せず作ります。

その結果はきっとよいできあがりになるでしょう。

 

いい加減にしない  たとえばヨガマット

この頃参加できるようになったベーシックのクラスでは、練習方法に慣れなくて戸惑うことが多いです。

マットを斜めに使って立ちポーズの練習をするとき、ブロックの置き方、足の置き方で注意されます。

 

こんなふうにブロックを置いてお茶を濁そうとしても、すぐ注意されます。

足の置き方もだめ。

f:id:hoymin:20180810084014j:plain

 

ここまできちんとマットの沿わせ、足のかかとの内側でブロックをしっかり押します。

f:id:hoymin:20180810083913j:plain

 

 

いい加減に形だけまねしてもだめなのです。

急いでいても、いい加減にしないことを学んでいます。

 

手順をはしょらない

サルワーンガアサナでも、椅子の使い方が入門クラスと違うのでとまどいます。

ベルトを腕に掛けたりするのも慣れていません。

そんなこんなで、あわててポーズに入ると肩の位置とか尾骨の方向を注意することを忘れてしまいます。

 

急いでいても、定められたチェックポイントをないがしろにするとすぐ注意されます。

どんな時も、基本をおろそかにしない、手順をはしょらないことを学んでいるのです。

 

長年の身体の癖、行動の癖

60年かけて身についた悪い癖は、なかなか変わりません。

頭でわかっていても、それだけでは身につかないです。

何度も注意されて、身体で覚えこませることが必要。

それをヨガで学んでいます。

 

ヨガはこんな風にも、日常生活で役に立っているのだと気がつきました。