60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

これは「少女趣味」の残骸かしら スカートもはきたいとき 

家の中

普段はほとんどパンツ派です。

思いついたときに、アルダ・チャンドラアサナとか逆立ちをしたいから。

 

でもスカートもあります。

お出かけの時にはヨガパンツやハーフパンツの上からさっとはいたりします。

 

去年買った無印のリネンの白スカート。

これだけではくと透けてしまいます。

ついているペチコートは、ポリエステルで着心地が悪くて気持ちがのりません。

このスカートの出番を多くしてあげたくて、木綿のペチパンツを作ることにしたのです。

かわいくできあがる予定!

 

f:id:hoymin:20180807174314j:image

 

少女趣味が残っています

頭の中では、ロングスカートをナチュラルに穿きこなすかわいい女性がイメージです。

このイメージは昔から変わっていません。

何十年もたって、体型も顔立ちも年齢も変わったのに、自分に似合うと思い込んでいるのは、どういうことなんでしょうね。

 シンプルカジュアルを目指しているのですが、「ナチュラル」って言葉にも弱いんです。

 

f:id:hoymin:20180807174503j:image

 

もうひとつある黒いスカートは木綿です。

足首くらいまでの長さで、冬にはロングのヨガパンツを下にはいて銀座のうちこヨガに出かけたものです。

この二つのスカートで一年中着回せたらと思っています。

 

木綿のレース付きのペチパンツ、できあがって身につけるたびに私の乙女心がくすぐられそう。

外からは見えない、小さな幸せ。