60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

ヨガウェア あまりに間に合わせすぎて 反省

健康ヨーガ

今私が通っているのは、ヨーガ禅の先生の教室です。

www.yogazen-doyukai.com

道友会の教師として、もう30年以上指導されています。

佐保田先生を彷彿させるような、ジャージを着ているシニアの男性です。

ここもヨガセンターと同様、決してファッショナブルではありません。

近くの中高齢者が、健康のために養生としてのヨガを習うという雰囲気です。

 

スウェットで

他の人と競うことなく、自分の身体だけに集中してヨガをしています。

無理はしないように、と何度も先生がおっしゃいます。

服装も楽で身体を締め付けない物を、みなさん自由に着ています。

少し寒くなったので、私は数年来はいているユニクロのスウェットパンツで行きました。

ダブダブで伸びきっていて、外にははいて出られない代物です。

ヨガだし、車で会場まで行くからいいかって軽い気持ちで。

 

とんでもなかったです。

もうウエストのゴムが伸びきっていて、ひもを結ばないと落ちてきます。

ひもを結んでもほどけたり、きつく結ぶと呼吸法ができないし。

 

洋服類の替え時

布物って腐らないので、替え時が難しいですがこれはもう駄目ってことですね。

実はこのスウェットパンツ、黒とグレーと2本あります。

風邪をひいたときに必要だからと思って購入して、楽なので冬に家事をするときは交互にはいています。

パジャマにするときもあります。

 

 

このスウェットに、私のだらしない心が象徴されているようです。

快適なものを身につけることと、楽に流れることの区別ができていないのを反省。

 

数少ないお気に入りを、着尽くしてしまうのが理想です。

これからの生活を見据えて、タンスの整理をしてみます。