60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

心そそられる スポーツ吹き矢で口中音がなくなる?

口中音

録音をするときに出る雑音です。

口の中から出てくるのですが、唇とか喉、歯や舌の位置などが関係します。

呼吸法が大切で、

・お風呂の中で深い呼吸を腹式でする練習を

・息を吸って、口を開けた状態でマイクをオンする

 

など教えていただきました。

初心者に多くて悩むところなのですが、

ベテランの方でも体調によって口中音が多くなることもあります。

 

吹き矢

録音図書の校正作業の休憩時、口中音が話題に。

一人が「吹き矢を始めたら口中音がすくなくなった!」

以前は口中音をとるためのPC作業で腱鞘炎になりそうだったのが、

このごろは本当に減ってきたとのことです。

数ヶ月で劇的に減ったとのことなので、いろいろ質問しました。

呼吸が深くなったこともあるけど、

顔とくに口周りの筋肉を鍛えたことが効果があったようです。

 

やりたい!けど

彼女の通っている吹き矢教室は、

音訳作業する公共施設と同じところで近くです。

費用もそんなに高くないはず。

早速参加したいと思ったのですが、

道具を揃えるのに3万円くらいかかる。

う~ん・・・

家の中に「的」とか「長い吹き矢」の道具が増えるのもいやだな。

 

いま、ヨガもやっているし瞑想の呼吸法もやっている。

腹式呼吸の練習は、それでもできるはずです。

顔の筋肉を鍛えるのも、早口言葉や滑舌トレーニングの資料があります。

むやみに新しいことに飛びつかず、今あるもので今できることを続けましょう。

これ以上忙しくしたら、心が亡くなってしまいそうです。

 

ゆっくり家での時間を使えるも、幸せの大切な要因です。

 

今は新しいiPadに慣れるのに忙しいです。

f:id:hoymin:20211016085240j:plain

箱はいらないけど、しばらく愛でています