60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

アイアンガーヨガは世界的で本格的

世界共通のメソッドです

私は1年前にアイアンガーヨガを初めて経験しました。

それ以前もいろいろなヨガスタジオに通ったりして、初心者ではないと思っていました。

でも志木のヨガセンターに通うようになり、新しいメソッドで学びなおしています。

このアイアンガーメソッドが、インドの本格的な哲学と現代の解剖学に基づいた厳格なもので、世界共通だということは始めてから知りました。

 

東京の認定指導員のヒスクさんがまとめたものを見つけましたのでご紹介します。

ameblo.jp

とてもよくまとめられています。

 

認定指導員になるのは大変

認定指導員になるには何年もの練習と試験があります。

上級の指導員になると毎年インドに行って研修する義務もあるとかお聞きしました。

純子先生がお医者さんになるより難しい、って話されていた記憶があります。

 

アイアンガーヨガではメディカルな指導も必要とされます。

病気を予防するだけではなく、治すこともあるからです。

 

それに加えて精神的なものに身体からアプローチしていきますから、その勉強も必要です。

 

「胸骨を顔のほうに引き上げて胸を開くと、うつ状態から抜け出すことができます」

「尾骨を下に向けて仙骨を平らにすると腰椎が伸ばされて腰痛が治ります」

 

というような説明があります。(わたしのうろ覚えの記憶なので正確ではないかも)

 

巡り会えた幸せ

今、認定指導員の先生方に教えていただけることはとても幸せなことです。

海外に住んでいたころ、日本には純子先生がいると聞いたから帰国して志木のヨガセンターに来ましたという方が何人もいます。

純子先生とヨガセンターに巡り会え、通えていることに感謝です。

 

入門クラスで学んで1年たちますが、やっと正しいアライメントのために身体を整えることの端緒についたところです。

 

楽しい学びは続きます。