60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

アクションプランナー 今年はリフィル購入 4月始まりは学校みたい

リフィルもあり

アクションプランナーは、きれいな色揃えがあります。

今年はどんな色にするか、手に取ってワクワクする色を選ぶ楽しみがあります。

こんな色も気分を引き立ててくれるし、存在感があってどこかに紛れ込むこともありません。 

 

でも、アクションプランナー2年目の私は、リフィルだけの購入にします。

4月始まり リフィルの販売が始まり、早速注文しました。

値段の違いは私の使っている合皮のものだと700円くらいです。

 

四月始まり

学校には関係ないのですが、手帳は四月始まりを使っています。

音訳の仕事は役所関係なので年度で変更があります。

図書館の予算も3月の年度末で区切りになります。

担当者の異動や、やり方の変更などもあるかもしれないです。

今ご一緒しているグループも、四月から新しいメンバーに組み替えです。

スケジュールも四月からの半年がまず決められます。

 

お正月より四月の方が生活の変化があるなんて、学生生活が続いているみたいです。

 

それに、新年度は新しく音訳者育成講座がはじまり、新人さんが入る予定です。

2年に一回の講座なんです。

いままで私は、1年生として甘えさせてもらっていました。

新人だからと甘えてはいけない、プロの自覚を持って!と言われています。

利用者さんは、完成品を聞きたいのですから当然です。

 

先輩になる

四月からといわず、今から上級生の心構えを持たなくては!

なんていっても、大人の世界は上級生も下級生もなく、実力です。

でも実力の上下はあっても、人間の上下でないところがいいところです。

できなくても、努力して上手になろうという気持ちをもっていると、

みなさん、優しくしてくださいます。

滑舌はいまいちでも、伝えようという気持ちがわかってとても聞きやすい読みをする方もいます。

前回よりもよくなった、とほめられるととてもうれしいものです。

大人の学校みたいです。

 

学校に行くのは、苦しいこともあるけど楽しいです。

遊び時間もありますしね。