60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

朝の日差しの中に見えるのは・・・キャッ 綿ぼこりたちでした

日差し伸びて

もうすぐ夏至です。

太陽の位置の関係か、朝日が部屋の中に差してくるようになりました。

朝起きたとき、キラキラと何か光っています。

f:id:hoymin:20190623192036j:plain

光の中に浮かぶもの

もしかして   ホ・コ・リ

f:id:hoymin:20190623192209j:plain

たくさん 

そして床を見てみたら、綿ぼこりがうっすら広がっています!

ちょっと手で固めてみたら、こんな風。

f:id:hoymin:20190623192327j:plain

 

これだけ空中に綿ぼこりが浮遊しているのだから、一日でかなりの量が下に落ちているのでしょう。

 

寝具や衣類

まだ布団を上げたわけでも、掃除機をかけたわけでもないのです。

寝て起きたときの状態がこれなんです。

布団類は木綿のカバーで、麻の敷きパッドです。

洋服類も木綿が多いから、それらの寝具や洋服からの毛羽立ちがホコリの正体。

 

目には見えないけど、空気中はほこりやらゴミがいっぱいなんですね。

布団生活より高さのあるベッドの方が衛生的ってこういうことなんだと納得です。

 

心に決める

このホコリを見て、部屋にはものは少なくしようと改めて思いました。

ものが多いと掃除もしにくいし、空気が淀んだらカビまで発生しそうです。

木綿類を使わないわけにはいきません。

ヨガ用のブランケットは、たたくといつまでもホコリが出てきます。

 

出るものは仕方ありません。

毎日の掃除をこまめにするのみです。

 

ものが少ないとすっきりするだけでなく、健康のためにも必要なことなんです。

多少の物欲よりも、健康の方が大切です。