60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

女性らしさ 長いスカートをはくこと 楽しみたい

ターシャ・チューダーの言葉

美しい庭の 写真を見たくてKindleを広げます。

思うとおりに歩めばいいのよ (ターシャ・テューダーの言葉)

思うとおりに歩めばいいのよ (ターシャ・テューダーの言葉)

 

心に残る言葉に出会います。 

男の人、好きですよ。でも、男のような格好をしたいとは思わないわ。

せっかく女性に生まれたのに、どうして男の格好をしたがるの?

女らしさは女性の大きな魅力です。それをどうして捨ててしまうの?

女性が長いスカートをはかなくなったのは、大変な間違い。

半分しか見えないのは、全部見えるよりずっと神秘的で、楽しいものです。

スカートのすそから、ひきしまった足首がちらっと見えた時、

男性はどんなにわくわくするでしょう。(P122)

本当は、わたしもこういうスタイルが好きです。

f:id:hoymin:20190206080707j:plain

無印良品のリネンスカート

ターシャはこうもいっています。

長いスカートは、いろんな欠点を隠してくれるわ。大根足もね。 

ターシャが私と同じ気持ちを持っていて、うれしくなります。 

 

でも家ではこんなことしているので

f:id:hoymin:20190206080810j:plain

ハンドスタンドの練習

ついつい、動きやすくて身体に楽な服装で一日過ごしてしまいがちです。

 

なりたい自分に素直に

一日中家事をしているわけではありません。

ちょっと着替えて、自分の好きなスタイルをすることが、今なら出来ます。

子育て中で自転車で走り回ったり、仕事に毎日出かける生活でもありません。

 

なりたいと思う自分のイメージを現実に近づけることが、幸せへの近道ではないでしょうか。

午前中に家事を終わらせるというスケジュールを考えてみました。 

食事作りは、スマート家電で午前中に済ませておくことが出来ます。

掃除などの家事は、どんなにていねいにしても1時間もかかりません。

 

午後は長いスカートに着替えて、机の前に座ることが出来ます。

お習字をすることも、針仕事をすることも出来ます。

 

どんな生活をどんな服装でしたいか、もっと自由に自分らしさを求めて決めてもいいのです。

誰に叱られるわけでもない、縛っているのは自分でしかないのかもしれない。

 

もっと自由に女であることを楽しみたいです。

楽しくなってきました。