60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

日常のヨガ 音訳でも姿勢が大切

共通すること

f:id:hoymin:20180905141834j:plain

ヨガで学んでいることが日常でも役に立つと感じることがたくさんあります。

大切なことは、共通しているんだと言うことです。

テレビで健康番組を見たときにもいつも思うことです。

いいと言われるポーズや運動は、ヨガを続けていれば大丈夫です。

・正しい姿勢

・深い深呼吸

・食べ過ぎない食生活

なども、いろいろな健康法で共通しています。

 

音訳の勉強

実際の音訳の勉強を始めて、今までヨガで心身を整えてきてよかったと思えることがたくさんあります。

まず、マイクの前で正しい姿勢をキープすることです。

ヨガセンターで繰り返し正しい立ち方と座り方を教えていただいたのが役立ちます。

 

雑音をいれず、同じトーンで録音することは、集中力と体力を使います。

姿勢をキープする腹筋と背筋が必要です。

 

腹式呼吸もこれから音訳で必要になってくるでしょう。

そして、一番私にとって必要だと思われるのは心の安定です。

 

嵐の中の小舟のように揺れ動いてしまう心(ギーターによる

をいかにコントロールするかも、ヨガの修行でした。

 

ヨガセンターに通ったことが、これからの私の力になっていきます。

 

日常

歩くとき、立ったり座ったりするとき、いつでもヨガで学んだアライメントを思い出します。

日常のいろいろな場面で、学んだことと関連させて気づくことがあります。

いつでも、どこでもふりむけばそこにヨガがあります。 

 

f:id:hoymin:20180905141644j:plain

片付けたタンスの上に陶器を並べてみました。

父と弟が趣味で焼いたものです。

 

日常で美しいものに触れていたいです。