60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

パンの焼き型にオーブンシート簡単なやり方

無印のホウロウの型を使っています

全粒粉100%のパン作りが続いています。

パン型としてホウロウを使っています。無印良品です。

液体とニオイが漏れない バルブ付き密閉ホーロー保存容器 深型・中 約幅11.5×奥行19×高さ7.5cm

以前はパン型を持っていたのですが、ホームベーカリーを使うようになって処分しました。

そのホームベーカリーも処分しました。

パンを作るときは、保存容器のこちらを利用しています。

 

油を塗ってもダメ

ホウロウ容器は表面がすべすべしているのですが、パン型としては型ばなれが悪いです。

サラダオイルを塗ったのですが、一部分がこびりついてできあがりが汚いです。

粉を振ると良いのかもしれませんが、それも後の処理がめんどくさいです。

 

オーブンシートに切り込みを入れて

オーブンシートを敷くことにしました。

型に合わせて切り込みをいれます。

ちょっと面倒くさいのですが、きれいにパンが取り出せるのでしばらくその方法でやっていました。

 

マーサスチュワート方式

テレビでマーサスチュワートの料理番組を見ていたときです。

丸いタルト型にオーブンシートを敷く方法のアイデアにびっくりです。

オーブンシートをクチャクチャに丸めて全体にシワをつけます。それを型に敷くと、底も側面もきれいになじみます。

この方法で、パンにも応用することにしました。f:id:hoymin:20180903171541j:image

これは3回目に使った時の写真です。

繰り返し使っています。(自己責任) 

パン種を入れて膨らませます。

f:id:hoymin:20180903121439j:image

きれいに焼きあがりました。

型からもきれいに出せるし、出来上がりもきれいです。

f:id:hoymin:20180903171756j:image

 

パン作りがもっと手軽にできるようになってうれしいです。

 

予熱なし180度で30分でちょっと黒い出来上がりです。

次回は予熱なし170度で作ってみようと思います。