60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

介護が明るい気持ちでできるように 手作りで伝えたい気持ち

枕カバー

ハンカチをつなぎ合わせて枕カバーを作りました。

ご近所で旦那さんを長く介護されている方にプレゼント。

わたしのなんちゃってパッチワークのランチョンマットをほめて下さいました。

そして、ほとんど家では寝たきりの旦那さんの枕カバーも、かわいいものが欲しくなったそうです。

古くなった布団カバーと、使わないままになっているハンカチの再利用です。

まだ新品のハンカチもありました。

体調を崩され、ハンカチを持っての外出ができなくなって10年はたつでしょう。

少しでも思い出の品に包まれたら、気持ちが明るくなるのでは。

f:id:hoymin:20201018212632j:plain

裏もつけてしっかり縫いました

ご近所で助け合い

旦那さんは若年性アルツハイマー病で、ご近所の家にはご病気のことを説明して、理解と手助けを求められています。

 

発症後も身体が元気なときは徘徊でも苦労されていました。

毎日何時間もご一緒に歩き回ったり、パトカーのお世話になったり。

施設には入れず家での介護を選択する気持ちを、何度かお聞きしています。

泣き笑いしながらのお話に、こちらも胸をつかれることが度々。

 

尊敬もしますし見習いたいことがたくさんです。

「先に経験して私たちにも教えてね。」という気持ちです。

庭仕事のことは彼女が先生。

わたしは料理や洋裁の手仕事を差し入れしたり。

 

忙しく仕事をしていた頃とは違う、心豊かな時間が流れます。

f:id:hoymin:20201018213504j:plain

栗の渋皮煮いただきました おいしかった!