60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

感じながら動く 肩甲骨の下とかボルスターの角とかの

ヴィパリータ・ダンダアサナ

椅子を使ってアタマをボルスターの上に下ろしていきます。

 私は、苦手なので椅子を2つ使って足をまっすぐにして行います。

肩甲骨の下のところが椅子の角にあたるようにします。

少しずつ体を動かし、どこが今椅子の角にあたっているかを注意深く観察します。

f:id:hoymin:20180729204903j:image

『完全マニュアル』には、このアサナの効用とバリエーションがたくさん載っています。

 

セツ・バンダ・サルワーンガアサナ

ヨガセンターでは、プロップスを使って様々なバリエーションをカラダの癖や体調で指導していただきます。

私の体調に合わせて、ベンチを横向きにして足を乗せるサルワーンガアサナを指示されました。

ボルスターを十字にして、仰向きになり少しずつ肩をマットに下ろしていくとき、ボルスターの角を感じられますか、と聞かれました。

背中のどこにあたっているかを感じ、観ながら慎重にポーズに入りなさいということです。

f:id:hoymin:20180729204923j:image

本に載っている以外にも、個人に合わせてプロップスを足したり引いたりします。

 

身体に意識を向ける

こんな風に自分の身体に集中していると、他の人を見る余裕なんてありません。

ヨガセンターでは、自分の身体にだけ意識を向け、日常の雑多な感情が消えてしまいます。

自分の身体の中を感じながら、旅するように動きます。

 

日常から離れての小旅行ともいえます。