60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

太ももの力をつける練習方法マットを使って

大腿四頭筋

大腿四頭筋とは

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)は、下肢の筋肉のうち、大腿骨に繋がる筋肉である大腿筋のうち、大腿骨を挟み四方に存在する筋肉の総称である。 全身の筋肉の中で、最も強くて大きい筋肉である。 作用は膝関節の伸展である。 大腿四頭筋には大腿直筋、外側広筋、内側広筋、中間広筋が含まれる。
大腿四頭筋 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/大腿四頭筋

全身の中で一番大きな筋肉だから、鍛えがいがあります。

 それに、膝を動かすための大切な筋肉です!

 

ターダアサナで立っているだけでも、太ももを押しているから筋肉を鍛えているはずです。

でも初めはなかなか上手に筋肉を使えません。

脳からの指令が届かないのです。

 

鍛える方法

ヨガセンターで教えていただいた方法です。

 

ヨガマットをきつく巻きます。

そのすぐ後ろに坐骨をひろげてひざを曲げて座ります。

 
f:id:hoymin:20180307072041j:image

エイ!と太ももを押してひざを伸ばします。

お尻が浮いたらOKです。


f:id:hoymin:20180307072053j:image

太ももを押してキープします。

なれたら時間を長くします。

 

いつまでも自分の足で 

脚や膝が悪いと、行動範囲が狭くなります。

好きなところに出かけたいです。

そのために脚を鍛えるのですが、むやみに歩き回っても膝を傷めたりします。

 

膝に負担をかけないために、太ももの筋肉を鍛えましょう。

体重を減らすことも 大切です。

 

脂肪ではなく、しなやかな筋肉がついたまっすぐな脚を目指します。

 

もうすぐ春です。

颯爽と歩きたいから、ヨガの修行を続けます。