60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

ウッティタ・トゥリコーナアサナ 前足の平行の作り方

真横に向けること

基本的なポーズで毎回練習していますが、毎回発見があります。

以前から言われていたことの意味が、ようやくわかったと言うこともあります。

わかってもできなかったことが、少しできるようになることも。

 

身体を正面のまま片足を真横にすることは難しいです。

そこでいろいろなインストラクションで、真横を目指します。

平行

今日の練習での新しい気づきです。

真横に向けるには、脚の内側と外側を平行線のようにまっすぐするとインストラクションされます。

今日はその平行線の外側の脚の付け根をぐっと押し込むことを指摘されました。

足先や膝を横に向けることに意識が向きがちですが、脚はつま先から股関節の付け根までが脚です。

 

脚の付け根から真横にします

というインストラクションは、まさにそのことなのです。

 

脚の付け根

膝から下だけを平行にするのではなく、脚の踵から付け根まで全部まっすぐにして外側の付け根もしっかり体の奥に引き込みます。

平行線の外側がいつの間にかなくなってしまわず、しっかり付け根を感じると、脚はしっかり真横を向きます。

 

かかとと足の付け根をつなぐ

太ももの筋肉を骨に押しつけて

おへそは正面に戻す

 

インストラクションは続きます。

そうすると脚が真横になるのです。

と同時におなかが広がって、内臓がゆったりしてきます。

そして胸に息が入るようになっていきます。

 

そんな身体の仕組みの不思議を体感するヨガの練習です。

 

意識するポイントがまた増えました。