60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

【iPadの買い換え】 自分がどう生きたいかを考えながら次世代のためにも

iPad

10年くらい前に購入したiPad Air 時々不安定になります。

アイコンが大きくなったり、Kindleのページが飛んでしまったり、

動画が見られないときも。

主に使っているのはビデオ視聴なので、

不具合が出たときは再起動することで対応していました。

家族(独立した息子)が仕事でiPadが必要だということで、

今のを譲って新機種の購入を検討。

発達障害の子供達の支援をする仕事で、

プログラミング学習のSpringinというアプリを使っているそうです。

古い機種でもダウンロード可能で動く事ができそうです。

f:id:hoymin:20210914084715j:plain

キーボードはカバーにもなります

仕事で使うんなら自分で買えばいいとも思いましたが、

この機会に自分の新しいiPad購入に向けて調べてみました。

 

機種選定で迷う

視覚障がいの方の支援をしたいと思っているので、

私にはApple製品しか選択肢はありません。

iPhoneとの連携で便利にiPadを使っています。

 

孫やひ孫の写真を大画面で母に見せたいというのが最初の購入動機。

そのうち、カフェでブログの更新をしたいなって

おしゃれは野望を持ってキーボードも購入。

実際はプライムビデオの視聴などで毎日使っています。

旅行でホテルに泊まった時はいつものビデオが導眠剤がわりになりました。

この程度のライトユーザーなら、4万円以下のエンモデルモデルでも充分。

 

でも、今回買ったらまた10年くらい使うかと思い、

上の機種にしようか迷い中。

一気に7万円くらいに値段が上がります。

最上位機種のProは問題外。

 

www.apple.com

iPadにはこれまでは使いこなせなかった機能がたくさんあります。

これからがんばって勉強してみようと思うのです。

近くに住み我が家にも良く来る孫が動画を撮ってYoutubeにアップし始めました。

上位機種のiPad Airなら

A14 Bionicチップ

USB-Cコネクタ

Apple Pencil(第2世代)に対応

Magic KeyboardとSmart Keyboard Folioに対応

魅力的です。

 

絵心のない私ですが、孫はお絵かきも興味がありそう。

自分のためでなく、未来ある次世代のために購入を考えています。

 

小学生の孫、今週末は支給されたタブレットで初めてのオンライン授業。

私が見守り役です。

f:id:hoymin:20210914085201j:plain