60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

南嶺管長による『般若心経に学ぶ』 若者に向けて渾身の講義だと思います

般若心経は難しい

写経でよく書かれる「般若心経」は一番ポピュラーなお経だと思います。

仏教に触れずに育った私は唱えることに気恥ずかしさを覚えます。

10年以上間にヨガ合宿で始めて般若心経を唱えました。

お経を暗記して唱える人には驚きを感じます。

 

南嶺管長は学生時代に般若心経を研究したけど、

難しいから解説は出来ないと仰っていました。

それが花園大学公開講座で6回に分けて講義をしています。

www.youtube.com

1回目の講義は11万以上の視聴回数ですから、

皆さんの関心も集まっているようです。

 

生きにくさを感じる若い人のために

仏教の教えを通じて、

今の若い人たちの閉塞感を抜け出すヒントを見つけて欲しい。

生きにくさを感じる人に、本当に役立つ智慧が仏教にはあるはず。

そんな管長さんの気持ちがほとばしるようなお話です。

仏教の教えで、

「現実と思っていることも、現象でしかない」

「変わらないものはない」

「自分のいる場所で自分が主になればいい」

などをわかりやすく説いてくださいます。

 

般若心経と私

4月に第1回 5月に第2回が配信されていますが、

どちらも1時間を超える講義です。

www.youtube.com

例え話を使い、迫力もあり飽きさせません。

私も何年も「般若心経」のまわりでうろうろしていますが、

この夏はしっかり南嶺管長の講座を聴こうと思います。

本も読んできたのに、なかなかつかめていません。

 

般若心経の世界観を柳澤桂子さん、梅原猛さんなどの本で読んできました。

このブログでも取り上げてきた唯一のお経です。

この縁を大事にしたいのですが、

唱えるのはちょっと抵抗があるんです。

滑舌練習、発声練習と思って唱えてみようかしら。

 

う~ん。

宗教に対する抵抗があります。

何でしょうね。

 

そ・わ・か - 60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

自他の区別がなくなると言うこと 般若心経の世界が少しわかるように - 60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

声の力を信じる 般若心経は唱えるだけでも意味がある - 60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記