60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

今年半年を振り返って、あと半年を考える 人生の残り5年を考える

前半の大イベント

コロナ禍で外出や旅行を自粛していましたが、

ちょっとしたプレゼントがあって屋久島旅行に行きました。

その準備や手配で疲れたところに、

旅先でのごちそうなどで体調を崩しました。

もう遠いところへの旅行は行きたくないなって思います。

近場に一人でぶらぶらがいいです。

 

勉強

6月の漢字検定2級を受けるつもりでコツコツ勉強していました。

それが録音図書に携わることになり、

次には指導者養成講座の受講が決まってそれどころではなくなりました。

漢字の勉強は役に立つし続けたいのですが、漢検受験は延期です。

7月から半年にわたって続く、指導者養成講座に集中します。

その間にも録音図書作りと広報の仕事は入ります。

秋には地元で中級の講座も開いてもらえます。

いつも思うのですが、カルチャーセンター並みに充実した講座なんです。

学ぶことが楽しいです。

それが実際に視覚障がいの方の役に立てるので、嬉しくなります。

学んだことがすぐ実践できて、社会的にも貢献できる。

ボランティアでこんな体験が出来ることは幸せなことです。

 

趣味

ヨガをする時間が少なくなっています。

本などから学ぶことばかりで、実践や行動が不足なのが私の欠点です。

仏教の法話を聞くことを含め、ヨガの精神的な教えを実践する気持ちは忘れたくないです。

洋裁とか小物作りは、目に見える成果がすぐでるから達成感で心を充たしてくれます。

実用品かというと疑問ですが、資材や布を集めすぎず使い切ることを心がけます。

 

残り時間

70歳が目前になりました。

10年ごとに目標を決めるのではなく、

5年がひとくくりになるかなって思います。

70歳から75歳までは音訳ができるかしら。

せっかく今から講座を受けるのでそのくらいは続けたいです。

そのための心身の鍛練のためのヨガと養生になります。

人と比べない、

自分のやりたい気持ちを大切に、

楽しい生活を目指します。

ミシン作業や勉強机の整備