60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

産婦人科医高尾美穂さんのモーニングルーティーンから取り入れた3つ

付け加えました

高尾美穂さんの朝の習慣で、私も取り入れたことが3つあります。

①心拍数を図る

夜しっかり眠れたかがわかるようです。

数日計ってみましたが、だいたい58くらいです。

スマホでは24時間の心拍数が記録されます。

夜はしっかり休み、昼間は活動するリズムを目で見ることができます。

f:id:hoymin:20210329213526j:image

②声を出してみる

その日の調子がわかります。

音訳を始めた頃、録音がある朝、声が出るかどうか心配でした。

風邪をひいたりしていないか気になって、朝一番に声を出していました。

最近はそういう緊張感がなくなっていました。

もう一度、朝一番に声を出してみることにしました。

低い元気のない声になりがちなので、明るいきれいな声を出すよう意識します。

そうすると朝から元気が出て、家族にも優しくなれるような気がします。

 

③歯を磨く

トイレに行ってから手を洗うときについでに舌を磨いていました。

付け加えてうがいと歯を磨くことに。


【産婦人科医 高尾美穂】朝起きたらすぐ歯を磨きたい理由

飲んだり食べたりする前にサッとする歯磨きを始めました。

 

唾液があまり出ない夜の間、菌が繁殖しがちです。

口の中の衛生状態が悪くなるのです。

唾液はとても強い殺菌力があり、そのほか歯を再石灰化する、消化機能を高める、活性酸素を減らすなどの効力があります。

歯磨きをすることで顔や顎の筋肉を動かすことにもなります。

朝起きたとき、食べる前にも唾液をしっかり出す状態をつくることがとても大切なのです。

 

唾液を出すには舌回しなども効果的というお話があり、

舌筋トレーニングもがんばろうと思いました。