60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

鼻の奥がスースーする呼吸法は滑舌・ヨガ・座禅すべてに共通するかも

ボイストレーニング

今日もトレーニング動画を見て、そのまま連続再生された動画をいくつか見ました。


すぐに声が出やすくなる&滑舌がよくなる感覚を掴む方法【即効性トレーニング】

私はしゃべりすぎてのどが痛くなり、そのままひどい風邪をひいた経験があります。


喉が痛くならない&かれない声の出し方とトレーニング方法

どちらにも共通するのはのどをリラックスさせることです。

 のどだけでなく、のどまわり、顔、身体もリラックス。

 

リラックスした呼吸法

動画の中で過剰な力みを取るための、呼吸法を紹介していました。

腹式呼吸でとにかくリラックスです。

のども身体もリラックス。

その感覚をつかむ方法は、のどの奥がスースーするようにです。

息を吸うときのどの奥を広げると、空気が通るときスースーします。

 

呼吸法は共通するのかも

動画どおりにすると、声が明るくなって滑舌も途端に良くなります。

もっともしばらくすると効果はなくなるそうです。

でも

昔々あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいました

というセリフは、いつでもきれいな声でだせるようになりました。

他の本を読んでいて声が暗くなったら、このセリフを口に出すと

とたんに調子が良くなるんです!

 

嬉しくなって、ヨガの呼吸の時にも

のどの奥がスースーの呼吸法をするようになりました。

それがいいのかどうかわからないのですが、

ヨガとか禅とかの呼吸で空気の流れを意識しましょうというのと

つながるのではないかしら。

 

自分のしていることが全部つながっている感覚(気づき?)に嬉しくなりました。

 

f:id:hoymin:20201202214531j:plain

大臣マスクサイズ違いで大量製作