60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

洋裁材料費メモ 買う方が安いけど作り上げる楽しさがあるから

サーカスパンツ

最初に作ったもの

f:id:hoymin:20191117224348j:plain

HINODEYA

7W太畝コーヂュロイ 110cm幅50cm 517円

2m使用 2068円

 

 

 次に作ったのは

f:id:hoymin:20191129210145j:plain

HINODEYA

ヴィンテージ加工。厚手の柔らかツイル 110cm幅 50cm 352円

2m使用 1408円

110cm幅だと生地がぎりぎりで、ポケットの裏布は別布か縫い合わせになります。

 (こうやって見たら、タックの倒し方が反対!!どうしよう。ほどくか!)

ワンピースみたいなエプロン

これは日暮里まで行って買ったリネン

安田商店3丁目店

1700円×2m×消費税で 3672円

 

f:id:hoymin:20190529204821j:plain

 

このエプロンの形がいいと、友達に頼まれました。

スマホがしっかり入って落ちないように、ポケットを2cm深くして。

f:id:hoymin:20191129210346j:plain

友達に頼まれて

生地のマルイシさん

楽天のセールの時に、ちょっと傷ありで安く売っていたものを購入。

訳あり オリジナル綿ポリ ダンガリー 110cm幅 0.42mm厚 190cmカットクロス

1210円

 

楽しみと投資

生地代の他にも、接着芯やらミシン糸、交通費や送料がかかっています。

ミシンの購入代金を考えたら、買った方が安いです。

既製品で安くてかっこいい品物がたくさんあります。

縫製もきれいで丈夫です。

でも、作るのが楽しいのです。

たくさん作るとミシンの技術も上がるので、将来への投資ともいえます。

 

好みの生地で着心地のよい、着ていて幸せになる洋服を作れるように投資しています。

押しつけにはならないように気をつけながら、周りの人も幸せにできたらうれしい。

高齢者向けにカスタマイズする需要もあると思うのです。

ささやかな野望が湧いてきました。