60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

ヘルシオオーブンでカツ初挑戦 焦しパン粉なしで

ヒレカツ

スーパーでヒレカツ用の肉が安くなっていたので、ヒレカツを作ることにしました。

冷凍庫にパン粉があります。

前回とんかつを作ったときの残りだから、もしかして一年物????

とんかつは子供たちに大好評だったのですが、大量を揚げるのに時間がかかり油の処理とかが面倒です。

作るのに気が進まないままになっていたのです。

 

ヘルシオで揚げないカツを作ることにしました。

 

パン粉をつけてヘルシオ

とにかく簡単に作りたいので、小麦粉と卵液という手順を踏みません。

小麦粉を水で溶かしたバッタ液にくぐらせて、パン粉をつけるだけです。

 

網に並べてヘルシオオーブンにいれて、「とんかつ」メニューでスタート。

f:id:hoymin:20190112090542j:plain

f:id:hoymin:20190112090830j:plain

調理中に焦げ目を確かめて

 

できあがりはいまいち

メニューの時間だけでは焦げ目が少なかったので、もう5分延長しました。

f:id:hoymin:20190112090955j:plain

オーブンから出してみたら

焦げ目のために延長しすぎると、油で揚げるときに中まで火を通そうと時間をかけすぎたときのように肉がパサパサになる恐れがあります。

ヘルシオ料理では、中まで火はとおっているはずだからこの程度で食卓に出しました。

 

子供たちは「おいしい」といってくれました。

 

アプリでメニューを確認

ふと時間が空いたときにiPhoneのアプリで確認したところ、

焦しパン粉

を作らなくてはいけないことがわかりました。

f:id:hoymin:20190112092126j:plain

 

最初にパン粉を油で炒めて焦げ目をつけておくのです。

一手間かかりますが、次回はこの方法を使いましょう!!

ヘルシオにはアプリがあって、メニュー検索・作り方確認・材料調べができるのが便利です。

 

面倒で台所が汚れがちで敬遠したい揚げ物敬遠したいですが、ヘルシオの活用でもっと食卓にのせることができます。