60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

音声入力でワードが暴走 音声入力ぼちぼち進めています

原稿書きを音声入力

f:id:hoymin:20181127200650j:plain

音訳ボランティアで市の広報を読むためには、オーディションがあります。

市報の記事をいくつか読むのです。

記事原稿に気をつけることを書き入れるため、ワードで入力している時です。

「こういう時こそ、音声入力を使ってみよう」

考えながら文章を打つのではなくて、書いてある文章を読むだけです。

リモートマウスでつないだパソコンでWordを立ち上げ、Simejiの音声入力を使いました。

 

突然

初めのうち調子よく読んでいたのですが、Simejiでは句読点を打つことができません。それと、改行ができません。

iPhoneでは句読点もできるんですけどね。

そこで「改行」はどうかしらと思って、「改行」と言った途端にWordが暴走しだしました。

画面に改行マークがたくさん連続して打ち出されてしまい、スクロールしていきます。マウスやキーボードを動かしても操作できません。

タスクバーでワードのアイコンを右クリックしてみると、Word文章が無数に出来上がっています。

テンプレートの変更をしますか、という窓がたくさん開いたり、とにかく操作できません。

何度か再起動したり、奥に隠れている窓を探してすべてを閉じてやっとWordを閉じることができました。

 

勝間さんは

勝間さんのブログを読んで試している音声入力ですが、まだまだ使いこなせません。

勝間さんがよく書いている、Google Documentを使う方がいいのかしら。

頭の中がパンクしそうです。

音声入力では何ができて、何ができないのか、私の滑舌問題も含めて問題ありです。

実は、この文章はHuaweiAndroidタブレットで下書きをはてなブログアプリを使って書いてみました。

この組み合わせは割とうまくいきます。

それにしても、勝間さんもきっとたくさんの失敗や試行錯誤をなさったでしょう。

その結果得た知識を、私たちに教えてくださっているのだと改めて感謝の気持ちがわいてきました。

 

LINEの不調

今日LINEの無料電話で、マイクが使えなくなりました。

向こうからの声も聞こえにくく、「マイク入力ができないから再起動してください」というようなメッセージがでます。

Simejiの音声入力のせいかどうかわかりませんが、あれこれ確かめるのに疲れてしまいました。

 

 

う~ん。

便利機能を使いこなすのは、一筋縄ではいかないという覚悟もいります。

 

脳トレも兼ねての道のりは続きます。