60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

手作り第2弾! 着物地でティッシュ入れ

作りたいものたくさん

何で知ったか忘れてしまったのですが、以前から気になっていた美濃羽まゆみさんの本です。

彼女は今月のNHK「すてきにハンドメイド」という番組に講師で出ていました。

いつも本やブログで見ていた彼女が、動き話しているのを見て、ちょっと感激。

 

この本には作りたい小物がたくさん出ています。

f:id:hoymin:20180911191110j:plain

その中でも、手始めに作ったのはこのティッシュ入れ。

f:id:hoymin:20180911191202j:image

 私は母の紬の着物をほどいた布地で作りました。

ほどいてはみたものの、私の洋服には地味なのでもてあましていました。

反対側にポケットがあるので、リップクリームを入れようかしら?

今まで使わなかったけど、音訳の録音の時に使うようになるかもしれません。

f:id:hoymin:20180911195137j:plain

ティッシュの下にもポケットがあるので、救急絆もいれておきます。

f:id:hoymin:20180911195139j:plain

このくらい地味だと男性でも使えそうです。

夫にもおそろいで作りました。

 

大物も作りたい

同じ美濃羽さんのこの本も図書館で借りました。 

表紙のワンピース、作ってみようかしら?

f:id:hoymin:20180911191259j:image

こちらにはナチュラルテイストの洋服が載っています。

 

型紙と作り方が詳しく書いてあるので私でも作れそうです。

ミシンの調子もよくなってきたことですし。

こんなのも作りたいです。

f:id:hoymin:20180911191333j:image

 

f:id:hoymin:20180911193951j:image

 

家にいること

ヨガセンターに行かなくなったので、家にいる時間が多くなりました。

今までやり残していたことが、目につきます。

 

ヨガを生活の中心にしていたことで、周りをあまり見ていませんでした。

ゆっくり家にいると、別の自分の役割に気がついたりもします。

今までの2年はヨガに集中させてもらいました。

ヨガセンターに出会え、通えたことも幸福でした。

 

これからしばらくは、自宅を中心にした地域が私の生活の場になりそうです。

 

そこでも、心地よさとか美しさを育てていけたらなぁ、と新たな目標が見えてきました。

 

日常を丁寧にだけでなく美しくとも思うようになっています。

 

ていねいでやさしい 暮らしの中の、手づくり布小物

ていねいでやさしい 暮らしの中の、手づくり布小物

 

 

 

FU-KO basics. 着心地のよい、暮らしの服 (Heart Warming Life Series)

FU-KO basics. 着心地のよい、暮らしの服 (Heart Warming Life Series)