60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

味の違いは よくわかりません

天然酵母の全粒粉パン

毎日のように全粒粉パンを作っています。

今朝のメニューは2種類の全粒粉パンに小松菜の煮浸し。

つぶあんに白玉団子。

f:id:hoymin:20180821094532j:plain

ホシノ天然酵母の生種で作ったパンと、ドライの天然酵母で作ったパンを食べ比べてみました。

 

味の違いがわかりません。

 

どちらも食べ応えがあり、腹持ちもいいのですが、だからといって「他のパンはもう食べられない!」というほどおいしいとも思えません。

 

ただこの頃、白くてお砂糖たくさんのパンには手が出せません。

これは、理性でそうなっているのか、味覚でそうなっているのか、わかりません。

 

常備してある粒あんと白玉団子

ホットクックでつぶあんを付録メニューの半量の砂糖で作っています。

それを白玉団子と食べるのですが、白玉粉もまさしく「白い炭水化物」です!

 

つぶあん白玉粉も冷凍保存してあります。

自分へのお楽しみだったのですが、これはどうしようか考慮中。

小豆は豆類で良質のタンパク質なんだけど、いくらきび砂糖を使っても砂糖は砂糖。

つぶあんを常備して、甘いものが食べたいときのお助け食材に使用と思っていたのですが。

悩ましいです。

 

食の探求は続きます。