60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

麺茹でがうまくできます ホットクック活用

手打ちうどん

兄弟が趣味でうどん打ちをしています。

ときどきもらうのですが、その生うどんを茹でるのにホットクックが予想以上に便利なので紹介します。

 

麺をゆでるのにホットクックをわざわざ使わなくても、普通の大なべで充分だと思っていました。

ところが、ホットクック使えます。ほっとくクッキングです。

 

メリット

お湯が沸騰するまで任せていい。

お鍋では沸騰するまでの時間、まだかまだかと何度も見にいったり、電気ポットで平行して湯沸ししたり、大量の熱湯を用意するのに気配りが必要でした。

ホットクックでは、沸騰したら「食材を入れてください」の声がかかるのでほっとけます

多少遅れてて操作しても、お鍋のようにふきこぼれる心配はありません。

 

ホットクックではお湯の量も、鍋より少なくて済むようです。

 

生めんを入れてから少しかきまぜますが、そのあとはまたふたをしてほっとけます

吹きこぼれの心配もなく、暑いなべのそばでかきまぜ続ける必要もありません。

生めんは10数分ゆで時間がかかるので、そばにいなくていいのは助かります。

出来上がったらまた「出来上がりましたよ」と教えてくれます。

 

ふたを開けて、1本硬さを見て、まだのようだったらまたふたをして何分か待ちます。

 

とてもおいしいゆであがりです。

 

デメリット

鍋より洗い物が増えることです。

かきまぜユニットとかつゆうけ。

 

だから

麺茹でなんて簡単な調理に使うのは、もったいないような気がしたのですが、使わないほうがもったいないです。

 

洗い物が増えるデメリットも、麺茹での前後にゆで物や煮込み料理を工夫することで解消できます。

 

これから夏に向かい、たくさんのそうめんを一度に茹でるときにも活躍しそうです。