60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

アサナの単語登録 使っています

便利です

京都のアイアンガーの先生が、アサナ名の単語登録をしてくださいました。

アサナの名前はサンスクリット語・英語・日本語での表記があります。

サンスクリット語をカタカナで表記するにも、違いがあります。

サンスクリット語の「ア」の母音は長く発音するんですが、カタカナではそれがなくなっている場合が多いです。

ヨガはヨーガ

タダアサナはターダアーサナ

統一されていないので迷うのですが、この先生の単語登録を便利に使わせていただいています。

hoymin.hatenablog.com

 

うつj と入力すると

・ウッティタ・トゥリコーナアサナ

・ウッティタ・ハスタ・パーダアサナ

・ウッティタ・パールシュヴァコーナアサナ 

 

など10以上のアサナ名に変換することができます。

 

うつjj と入力すると

・Utthita Trikonasana

・Utthita Hasta Padasana

・Utthita Parsvakonasana

 

サンスクリット語のローマ字表記が出ます

 

実は悩んでいました

単語登録の使い始めは、うまくいきませんでした。

省略した言葉を忘れてしまうのです。

それで、ユーザー辞書ツールを開いて確かめたりしたのです。

f:id:hoymin:20180414175343j:plain

 ところが、「ヴ」の出し方がわからなくて困りました。

v+iでは「ヴぃ」となってしまうのです。

しばらくはこの問題に悩まされたのですが、最近解決しました。

v+u で「ヴ」になるのです。

 

今から考えれば簡単なことなのですが、思い込みで苦労しました。

 

少しずつ

サンスクリット語のアサナ名もだんだん分かるようになってきました。

ブログにも単語登録を使ってサンスクリット語で書くことができます。

 

このブログで以前書いたものを読み直すと、間違って書いてあったりして冷や汗ものです。

 

英語もサンスクリット語も、アイアンガーヨガの練習をしていくと少しずつ学ぶことができます。

ヨガセンターでは、アサナはすべてサンスクリット語で、インストラクションも英語が入ったりします。

ときどき、「???」と次の動きがわからない時がありますけどね。

 

学びは続きます。