60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

手羽元をたくさん使う理由は 関節の老化防止

手羽元の栄養

ひざが痛くなってから、手羽元が食卓に上がることが多いです。

コラーゲンが多いからです。

ちょっと調べてみました。

美しい肌作りに欠かせないコラーゲンも手羽元に含まれています。また、細胞間の潤滑油の働きもあり、関節のスムーズな動きにも一役買っているんですよ。手羽元100gあたり、1990mgのコラーゲンが含まれていますよ。マカロニサイトよ

これから衰えていく関節のためにも、どんどん取り入れたい食材です。

ビタミンCと一緒にとるといいとは知りませんでした。

 

我が家には幼稚園児と小学生もいますから、体を作る栄養は大切。

 

簡単に調理・安い・ごみが出ない

切ったり皮を取ることなく、そのまま使えるのが便利です。

以前は火が通りやすくとか骨ばなれをよくするため、はさみで切り込みを入れていました。

一度下ゆでをしてから水洗いをしたりしていました。

今はそのまま使います。

時間があったら、水で洗うだけしますがその差はあまりわかりません。

 

ホットクックで調理すると肉ばなれがよくて、きれいに骨だけが残ります。

1㎏の袋入りを買うと、トレーもなくてゴミが少ないです。

 

根菜類と白だしで煮る

手羽元と大根煮はホットクックの定番メニューです。

大根は下ゆで無し、皮つきのままで作りますがおいしくできます。

ホットクックの筑前煮メニューで煮るだけの簡単料理もよくします。

予約もできるので便利。

 

おせち料理用に買った白だしが余っているので、今はそれを消費しようとつかっていますが、無くなったら水と醤油だけで煮てみようかと思います。←勝間さん流

 

ごぼうとにんじんをきんぴらにするより簡単に大量消費できます。

きんぴら用の千切りが大量だと辛い・・・・

 

こんにゃくをたくさん入れて、おなかの掃除を企みます。

 

昆布も大きく切っていれます。人参と昆布は煮崩れしやすいので。

出来上がってから、冷蔵庫に少量残っている蒸し豆やゆで野菜も混ぜて食べきります。

 f:id:hoymin:20180316170511j:image

手羽元と根菜を白だしで煮ました。冷蔵庫にあった蒸し大豆と合わせて

カレーも

このごろカレーにも手羽元を入れるときがあります。

ホットクックを使って予約します。

肉が骨からすぐとれておいしいです。

スープに溶けでた栄養素ももれなく摂取できるのがうれしいです。

 

グリルやオーブンで焼く

ポリ袋に入れて、下味をつけてもみこんで冷蔵庫に一晩寝かします。

定番だったクレージーソルトは使いきってしまって、今は使いきりたい白だしで味付けしたりします。

塩コショウとニンニク・生姜・醤油を組み合わせれば、おいしくできます。

少量ならグリルで、大量のときにはヘルシオオーブン。

そのまま焼くときも、ポリ袋の中で片栗粉をまぶしてから焼くときもあります。

 

1kgの袋入りの手羽元をよく購入しますが、一度に調理して、翌日のお弁当用に少し残るくらいです。

 

 
f:id:hoymin:20180317080939j:image

*今日の朝食 11時からヨガの練習だからおにぎりはひとつだけ。レンジで温めなおしたら、人参は煮崩れちゃった。