60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

緊張とリラックスの共存

いつも頭は静かで顔は柔らかく

ヨガのアサナでは力を入れたり、頑張って伸ばしたり曲げたりします。

でも、いつも頭は静かで顔は柔らかくと言われます。

のどの力も抜くのです。

 

下半身強く、上半身はリラックスというパターンが多いようです。

hoymin.hatenablog.com

 

日常生活でも応用が

緊張とリラックスが共存できると、日常の生活が楽になるのではないでしょうか 。

例えば頭をフル回転しなくてはならない難しい仕事をするときも 、体はリラックスしていれば肩こりなどにならないです。

肉体労働で体は疲れていても、頭は余裕をもってリラックス できたら作業も順当に進み回復が早いのではないでしょうか。

私の場合は、物理的な時間がないと気持ちに余裕がなくなりミスをしてしまいがちです。

急いで出かけると、なにか忘れ物をしたり、へまをしてしまうことが良くあります。

 

急がなくてはいけなくても、心までそれに引きずられないようになりたいと思っています。

 

ヨガセンターでも練習後の片づけとか掃除のとき「あわてないで」と言われます。

 

動作は手早くするのですが、頭は静かさを保つということです。

これも、緊張とリラックスの共存です。

 

ヨガの修行は続きます。