60歳過ぎても進化中 ほいみんの日記

断捨離から、ヨガ・インド哲学・音訳へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

昼食も夕食もホットクックで超簡単 いい素材の準備

ナポリタン風パスタ

お昼には二人分のナポリタンを作りました。

cook-healsio.jp

本のレシピは4人分だったので、適当に変えて2人分にしました。

・玉ねぎ 薄切り 1個

・スバゲッティ(7分茹で) 150g

・水  400cc

・シメジ  冷凍  パラパラ 適量

・ベーコン(レシピはウィンナ)  パラパラ 適量

ケチャップ  100g(カップ 半分強)

・塩  少々

玉ねぎの上にスパゲッティを半分に折っていれて、他の材料も入れてスイッチを入れるだけです。

約25分後には出来上がりました。

ちょっと水分が多くてスープ部分が出ましたが、スパゲッティは芯まで柔らかくおいしくいただきました。

(これでもう少し水分を多くしたら、スープスパゲッティってこと!!)

ちょっと残った物は保存容器に入れておいたら、夕食の足しにしたみたいで誰かが食べていました。

それでも、おいしかったそうです。

 

週末の昼食によさそうです。

次回は4人分で作ってみます。

 【追記】後日4人分をHPの分量で作ったら、きれいにソースが絡んだナポリタンに 

無水チキンカレー

ホットクック購入者が絶賛している無水チキンカレーを作ってみました。

わたしはおなかの調子が悪くてあまり食べる気がないのですが、ホットクックを使いたい気持ちの方が強くて作りました。

シャープのレシピ

cook-healsio.jp

 

とはちょっと変えて我が家で作った実録です。

・トマト カットの缶詰  1個

・玉ねぎ(粗くみじん) 3個

・セロリ(粗くみじん) 1本

手羽元 10本

・にんにく、生姜パウダー  適量

・カレールー    6皿分

 

この順番にいれて、スタートを押すだけです。

お昼ごろに仕込んで、夕方5時半の予約にしました。

スタート後から加熱を始めて、カレーのにおいが部屋に漂うようになりました。

お腹が空いていたら、途中でふたを開けて食べたくなります。

 

夕方用事を済ませて帰ってくると、

できあがっていました!

 家人が先に食べていましたが、シチューだと思ったそうです。

 

確かにあまりカレーのにおいがしません。

カレールーが少なかったのか、トマトが多すぎたのか?

セロリのにおいでカレーの香りが消されたような気もします。

 

でも、味はおいしいと言ってくれました。

 

私も少し食べてみましたが、やさしい味で手羽元肉が柔らかくほろほろになって骨からすぐはがれます。

 

素材は吟味したい

簡単料理のホットクックですが、それだけに入れる素材にはこだわりたいと思います。

 

ベーコンがあると便利で、私も冷凍庫に刻んで常備しています。

これは、添加物が多いので塩豚なんかに変えたいです。

塩豚は全国友の会の推奨常備菜(?)です。

トマトの生より缶詰が便利なのですが、これは缶より紙パックのほうがいいと聞いたことがあります。

旬でない生のトマトと、旬の時に加工した缶詰トマト、どちらがいいか今後検討します。

玉ねぎもたくさん使います。有機農法のたまねぎを大量買いしてもいいかも。

(わたしのメニューの偏りのためかもしれないです。)

調味料類は勝間流だとシンプルに塩・醤油・みそ・オリーブオイルくらいです。

ケチャップ・マヨネーズ・各種ルーは使っていないようです。

我が家ではそれは無理な気がしますが、どれだけ減らせるか研究します。

たとえばケチャップは、トマトとコンソメくらいで置き換えることができるかしら?

 

無理はしないで、研究していきます。

 

調理に時間と手間をかけない分、素材に気持ちを向けることができます。

それも、健康にとってプラスになります。

台所もシンプルに、頭の中もシンプルに、生活もシンプルが気持ちいいです。