ヨギーニめざす  ほいみんの日記

断捨離から始まり、今はヨガとインド哲学へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

アイアンガーヨガ スペシャルケアってとてもぜいたくな時間 お姫様気分

スペシャルケアを申し込む

f:id:hoymin:20170708124953j:plain

*窓のグリーンカーテンをみるとキュウリの親子です。大きくなりすぎないうちに収穫しなくて。

 

 

志木のヨガセンターでは、通常のクラスの他に、月に数回のスペシャルケアがあります。

個人的に特別なケアを必要とする人もためのクラスで、妊娠中の方も参加されるようです。

 

入会した時膝が悪かった私は、ヨガの練習でかなりよくなりました。

正座やしゃがむことができるようになり、階段の上り下りも痛みやギシギシすることがなくなりました。

でも、よくなったからと家事で雑巾掛けや草取りを長時間すると、また逆戻りです。

 

もっと膝のケアを教えていただきたいと、スペシャルケアを申し込みました。

 

月謝とは別料金で1回4500円です。

 

純子先生とアシスタント

スペシャルケアでは、純子先生が個別に対応してくださいます。

目的に合わせたアサナとキープする時間を設定して、指導員や指導員を目指す方がアシスタントで複数人ついてくださいます。

症状に合わせたプロップスの使い方が、ユニークかつ合理的です。

 

入門クラスで教えていただく先生以外の指導員の方にも、手取り足取りで教えていただくのは新鮮です。

 

個別メニュー

全員が別メニューです。

純子先生が順番に回ってきて、アサナに入るまでプロップスの使い方とかベルトの締め具合などを丁寧にみます。

アサナに入っている時間も、まだ気持ちよくいられるか苦しいかで調節したりきめ細かいです。

 

初めてスペシャルケアに参加した私は、他の人がどんなことをしているか気になってしかたありません。

 

私だって、今までしたことがないくらいにベルトでぐるぐる巻きになっていますし、重りや砂袋もつかっての初体験ばかり。

 

周りでも見たことのないポルスターやブランケットの使い方をしています。

 

横を見たくてしかたなかったです。

下半身を伸ばしているアサナでも、顔は正面向いていなくちゃ、と我慢して真正面をしっかりむいていました。

 

 

たっぷり3時間

2時から始まり、5時くらいまでたっぷり3時間のクラスでした。

動かない時間が多かったのですが、汗をかきました。

 

指導がこまかくて、身体のポイント(坐骨・ふともも・肩・足裏3点など)をしっかり意識し続けます。

純子先生が回って来ますし、そばにはアシスタントの方がつきっきりなのです。

気を抜くことができない3時間です。

 

でも、しっかり坐骨を立てたあと、「背が高くなりましたよ!」なんて言われて嬉しくなったり、和気あいあいで楽しかったです。

 

ちょっと苦しいポーズで回数を多く指示された時は、一緒に「たいへんだ〜」って顔もしてくださったし。

 

贅沢に自分の身体に集中

最初に足のトーンを整えるためと、ベルトを10本以上使い、ロールマットやウレタンブロックをはさんだりしました。

(下半身動けないミイラ状態!)

 

純子先生やアシスタントの方のなされるがままです。

そのままシャバアサナからヴィバリータ・カラニへと移るときも、私は身を預けて力を抜いています。

 

ポーズに入っている私の様子を見て、重りや砂袋を載せ、腕を外旋してくれたり、スペシャルなケアです。

 

なんだかお姫様になったような気持でした。

 

自分が自分の身体に集中するだけでなく、他の人も一緒になって私の身体のケアを考えてくれる、本当にぜいたくな時間でした。

 

自分でも、自分の身体を大切にすることってできますよね。

自分で自分をお姫様のように扱うっていうこともいいのではないかしら。

 

きっとお姫様の行動は、静かで、穏やかで、純粋でしょうし。

あれあれ、妄想がどんどん膨らみます。