読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨギーニめざす  ほいみんの日記

断捨離から始まり、今はヨガとインド哲学へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

風邪で寝込んで反省とうれしかったこと

インド旅行を考えていた 風邪はひどくなり、結局詩吟の大会に出ることができず、仲間の方に迷惑をかけてしまいました。 体力を過信していました。 丁度来年の冬にヨガスタジオが主催するインド旅行の紹介を見て、参加したいと思っていたところに、この体調不…

詩吟 巻頭言 言葉は修行

楽しい詩吟 詩吟とは、漢詩を読み下して節をつけて吟じるものです。 べんせい~~しゅくしゅく~~の「川中島」が有名ですね。 私の習っている詩吟の流派は、関西吟詩文化協会という公益社団法人です。 略して「関吟」といいます。 関西大学の詩吟部が母体だ…

道は遠い Yogic Life

詩吟の昇段試験というものがあった。 課題吟を2つ審査員の前で吟じて、昇段に値するかどうかを審査してもらう。 その時に経験したこと。最初の課題を吟じるとき、作者の名前がとっさに出てこなくて焦ってしまった。 そしたら、前奏があったのにそれを聞く余…

吟詠研修 発声方法 和歌短歌新体詩

中央会に参加。来月の昇段試験の会場の下見を兼ねて。会場は新小岩駅からバス、「グリーンパレス」カフェやレストランもあり、きれいな建物。本部の吟詠研修に参加した会員さんの報告があり、資料もたくさん。和歌・短歌・新体詩の譜面入りの資料があり、コ…

詩吟の発声

本部から来た特別講師の吟詠指導。 かなり前のだけど、メモとしてここに残しておくことにする。 目指すのは、心がこもった吟。まずは統一した吟じ方で基本ができてから個性的に広げていく。 大きく息継ぎをしないで「盗み息」と「継ぎ息」とを使って、言葉が…

詩吟の発声

本部から来た特別講師の吟詠指導。 かなり前のだけど、メモとしてここに残しておくことにする。 目指すのは、心がこもった吟。まずは統一した吟じ方で基本ができてから個性的に広げていく。 大きく息継ぎをしないで「盗み息」と「継ぎ息」とを使って、言葉が…

日常で役立つヨガ 詩吟編

ヨガとともに詩吟も学んでいるのだけど、この頃共通だなぁと思うことが多い。呼吸法とか身体を楽器にするとかもそうなんだけど、ぶれないための訓練をしなくちゃいけないということ。私は音感に自信がなく、音が外れてしまう。音程をうまく取れない原因を考…