読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヨギーニめざす  ほいみんの日記

断捨離から始まり、今はヨガとインド哲学へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

同じ川の水に足を入れることはできない 変化がヨガの楽しみ

インドのことわざ 純子先生が教えて下さったインドのことわざです。 川の水はいつも流れていて、もう一度足を入れても同じ水ではありません。 そのように流れているから川の水はきれいだけど、湖の淀んだ水は腐ってしまうとも。 アサナの練習で、同じアサナ…

無印週間と出会い

無印週間 実は無印良品が大好きなんです。 本当に初期のころ若い私は「訳あって安い」というキャッチフレーズに飛びつきました。 その商品開発の基本は、生活の基盤となる本当に必要なものを、本当に必要なかたちでつくることであった。そのために、素材から…

バスの中で こんな時間の使い方

今まで なんだか自分でも恥ずかしいことだと思うのですが、気がついてしまいました。 なんて馬鹿なんだろうって。 今までヨガセンターに通うバスの中で、スマホばかり見ていました。 最初はポケモンGOで、途中にあるポケストップでモンスターボールを集めて…

ヨガで体が伸びるといいことがあるのです。

何を求めて 今日の練習で純子先生が、「アサナをして身体が伸びるとどんな変化がありますか」というような質問をされました。 みなさんが、暖かくなる、気持ちよくなる、うれしくなる、など自分の実感を答えました。 ヨガの目的は、身体を伸ばすことではなく…

アサナするだけがヨガでないこと再発見

家での自主練習はいつ ヨガセンターでアサナを練習していると、自分の身体のかたいところやできないポーズに気がつきます。 先生の言葉にたくさんの気づきや発見があります。 なるべく覚えているうちに書きとめようと努力し始めました。 それと同時に家でも…

プロップスの使い方 自分が実験台

質問をしました いつも疑問に思っていることを、機会があったので思い切って練習の後にお聞きしました。 アサナをするときの、プロップスの使い方についてです。 アイアンガーヨガ「完全マニュアル」を見ながら家で練習をするとき、同じアサナでもプロップス…

理想とする、部屋、そして生き方

まず、どんな部屋になりたいか ヨガの基本教義は八支則「アシュタンガ」という段階にわかれて解説されます。 どんな人であるべきかを説くニヤマの中に、清浄(シャウチャ)があります。 身体も、身の回りもきれいに整えるのです。飾るのではなく、清潔で清々…

また風邪ひいたのですが、以前と違うかな?

身辺の忙しさ 日常的に忙しいというか、何かに追われている気持ちはありました。 とにかく、私が倒れてはいけないという気持ちがいつもありました。 簡単な例を挙げると、シャバアサナをしていても、食事のメニューを考えてしまうのです。 就寝前も、家族の…

チェアサルワーンガアサナに入れました!!

体の不調を申告 道場では毎回一番初めに身体の不調を申告します。 女性の場合は生理があると、できないポーズがあります。 逆転のポーズです。 アイアンガーヨガで初めてそういうことを知りました。 もっともジムのヨガクラスとかでは、逆転のポーズまでいか…

ヨガ道場に通って一か月 アイアンガーヨガセンター

お誕生日でした *まだまだ未完成ですが、ここからどう進歩していくかのスタート地点です。膝を痛める前です。 11月が誕生日で、64歳になりました。 この月からヨガセンターに通うことにしたので、 「私は64歳からアイアンガーヨガを始めました」ということに…

見間違い 自力で健全な大人を目指す

ちょっと近眼 もしかして老眼 思い出の飯山の小路 目にも優しいでしょ? わたしは車の運転と字幕付き映画を見るときは、メガネが必要です。 パソコンと読書、普段の生活には支障がない程度の近眼です。 高校生からの近眼のせいか、老眼ってあまり感じたこと…

アシュタンガ 八支則からニヤマ(勧戒) すべきこと

日常生活ですべきこと、心がけること ニヤマ 引用はインドの伝統式ヨガスクール リシケシ・ヨガシャラのホームページから引用させていただきました。 ●シャウチャ(Saucha)/清浄 自分の身体と心をいつもきれいな状態に保つこと。他人に不快感を与えないよ…

アシュタンガ 八支則からヤマ(禁戒)  してはいけないこと

*日本アイアンガー協会のホームページからお借りしました 八支則 ヨガの聖典、聖者パタンジャリが説いた「ヨーガ・スートラ」の中に出てくる、ヨガ哲学の基本的な教えで八つの段階・行法があります。 そのうち ヤマ 禁戒 日常生活で行ってはいけない5つの…

膝の怪我のその後 

ひざの状態 相変わらず膝は痛いのですが、階段の上り下りは楽になりました。 でも、それは、痛みになれて足の使い方が上手になったせいかもしれません。 膝を曲げることは確かに楽になり正座の姿勢(ヴィラアーサナ)が全くできなかったのが、お尻の下にブラ…

妄想自宅カフェ計画

朝仕事 *お花の名前も覚えたいです。仕事先で見つけた野花 私は家事があまり得意ではありません。 掃除とか整理整頓などが特にへたというか、なかなか手を付けなくて後回しになってしまいます。あとまわしならいいけど、そのまま手抜きになる場合が多いです…

どこに身を置くかも大事 「はてな」はいい環境

はてなブログという場所 私は「はてな」という場所でブログを書いています。 ブログのデザインやレイアウトなどまだ使いこなせない機能がたくさんです。 少しずつ勉強して読みやすいものにしたいとは思いますが、今は書くことだけに力を集中したいと思ってい…

身体は魂の乗り物だから

ヨガでは *近くの畑の一角が花壇になっていました インド哲学では、自分というのは「身体」でも「心」でもなくてもっと本質的な「魂・真我」(アートマ)なのだということです。 「心」が自分でないということは、ちょっとわかりにくいですね。 「心」こそ自…

アイアンガーヨガセンター 体験3回目 プロップスの効果

風邪は治りましたが、ひざの怪我 風邪はほとんど治ったようなのですが、まだ今までのような爽快感はなく、時々咳が出たりします。 朝起きるとき、今日の頭の痛さはどのくらい?と思うことがなくなったのが治ってきた証拠です。 朝5時半起床での食事つくりは…

風邪ひき中に考えたこと

本を読んだり朗読を聞いたり 写真は気分転換にポケストップのある公園に散歩に行った時に撮ったものです。 体調が悪くて、最低限の家事と用事とで2週間くらい過ごしました。 その間、久しぶりにヘッセの本を読んだりyoutubeでヨガ関連の本の朗読番組を見つけ…

アイアンガー体験 2回目 入門です 

風邪ひきだけど参加 風邪で体験の2回目をキャンセルして3日ほど後に予約し直しました。 まだ直っていないけれども、何とかなるだろうと参加しました。 風邪ひきだということを事前に伝えたので、途中何回も「大丈夫ですか」と声をかけていただき、最後のほ…

風邪で寝込んで反省とうれしかったこと

インド旅行を考えていた 風邪はひどくなり、結局詩吟の大会に出ることができず、仲間の方に迷惑をかけてしまいました。 体力を過信していました。 丁度来年の冬にヨガスタジオが主催するインド旅行の紹介を見て、参加したいと思っていたところに、この体調不…

アイアンガーヨガセンター 体験初日

アイアンガー 私は今のところ、どこかに所属することなく、よさそうで時間や場所の都合のつくところでヨガの練習をしています。 今日は以前から関心のあったアイアンガーヨガセンターに行きました。 体験クラスが3回設けられています。申し込んで今日がその…

森林ヨガ ステキなヨギーニとの出会い

飯山 森の家 飯山なべくら高原に行ってきました。 飯山着11時18分の新幹線に乗り、12時に飯山駅まで宿泊する「森の家」スタッフが迎えに来てくれました。車で30分走って、山の中のセンターハウスに到着。バンガロー形式の宿泊棟が10棟建っています。 森…

角田光代『坂の途中の家』 泣きたいようなドンピシャの記述ばかり

2月に図書館にリクエストしてやっと手元に届きました。 まだ予約している人が69人います。 我が子をお風呂に落として死なせてしまった被告女性と、その裁判の裁判員補欠となった主人公の女性二人が出てきます。 家族関係 社会生活の最小単位として家族が…

アシュタンガ やってますって言えるのかしら

昨日の銀座ヨガ ひさしぶりにうちこヨガに参加で銀座に行きました。 夏の間、あせもで首回りが痒くなるからと言い訳のようなことで あまりヨガをしていませんでした。 家事の合間に鏡を見て ・立木のポーズ ・ウッティタ・ハスタ・パダングシュタアサナ ( …

「呼吸リハビリ」 ヨガで病気予防 そして楽な終末期

理学療法士 中村純子さん 『天然生活』5月号*に中村純子さんという理学療法士の方の記事が載っていました。 彼女は呼吸リハビリの専門家です。スポーツも音楽も「呼吸」の仕方で変わるのだそうです。 アスリートや音楽家が、ベストパフォーマンスを出すこと…

家でもできること 肺での呼吸の確認

ブランケットを丸めて スタジオミーナのレッスンで、グランケットを丸めて肩甲骨の下におき、仰向きで呼吸を確かめるということをしました。 肺での呼吸がしっかり確認することができます。 我が家にはヨガ用のブランケットはないので、マットを丸めてみまし…

ぴったり床に吸い付く感覚

今日のスタジオミーナ studio-meena.com 身体を伸ばすことを、ていねいに学びました。 ダンダアーサナ(長座)になって 膝上膝下を丁寧に伸ばします。 一本ずつ、膝に両手をあててふくらはぎを床に着くようにかかとのほうに押し下げます。 2,3回して今度は…

ミラクルボディ ヨガ目線で気づいたこと

NHKスペシャルのミラクルボディ 何気なく見ていたのですが、以前から好きな番組です。 録画していて、暇な時にまとめてみています。 「 復活!日本柔道 “柔よく剛を制す”の秘密」という回で 柔道の選手2名を取り上げた番組が特に面白かったです。 以下の…

記憶にありません❗

漱石もきたことのある子規の旧宅 谷中の防災コミュニティセンターでの、詩吟の練習に参加した後、地元の方の案内で谷中墓地など散歩してきました。 谷中は谷根千(谷中・根岸・千駄木)と言われて今話題の下町情緒を楽しめる地域です。谷中墓地では徳川慶喜…

股関節は丸い 後ろへの意識

今日のスタジオミーナは股関節 股関節をほぐす というと前屈したり横に広げることをイメージするけど、股関節は丸いという話。 今日は特に後ろを意識することを繰り返し練習しました。 まず椅子を使って 椅子を体の横に置き、片足を持ち上げ膝を直角に曲げて…

バカーサナの進化中 

今日の銀座ヨガ 初めての人はいなかったので、ことばでの説明が少なくアーサナの数をたくさんすることができました。 いつもより早いカウントでアーサナが進んでいくのですが、これが本来のアシュタンガのスピードなのかもしれません。 その速さにもかかわら…

バカーサナの進化 

銀座うちこヨガ 銀座の練習はアシュタンガのハーフプライマリーをベースに進行していきます。 うちこヨガに初めて行くと決め申し込んでから、近くのヨガスタジオに飛び込んで練習を始めました。 フィットネスクラブのヨガプログラムをしたことがあるくらいの…

情報の洪水を泳ぐ

朝、コーヒーを飲みながらパソコン散歩 朝食を終え、かんたんに掃除を済ませてパソコンの前に座りました。 お気に入りブログの中でインドに住んでいるmika さんのshante yoga のページを久しぶりに覗きました。 以前インドからカマル先生を招いてのワークシ…

スマホ画面のスクリーンショット

パソコンからのブログ投稿の続き パソコンからだと、編集を「見たまま」か「HTML編集」かを選ぶことができます。 ここでスマホ画面のスクリーンショットを挿入してみます。 最初は幅いっぱいに大きく表示されますが、右下の四角をドラッグすれば小さくな…

銀座ヨガで逆立ち 長くたもつ

意識するところが増えた 指摘されるところが違ってくるのは、変化している(成長というか目指している形に近づくというのか)ことなのでしょう。 アドムカシュヴァナーサナ(ダウンドッグ) いつも背中の下を伸ばすように言われたけど、今回はかかとの外側を…

自分軸と立ち木のポーズ

自分軸って 私が自分軸という言葉を初めて聞いたのは「断捨離本」でだったとだったと思います。 その後参加したセミナーでも、自分軸で物を考えることとか、自分軸を持つことが大事という話が何度も出てきました。 自分軸って、わかるようでよくわからない言…

どこでもヨガ Yogic Life Style

日常すべてに意識的 ヨガというのは、アーサナをするだけではなく、日常すべてに意識的になることだと思います。 というのは、今日草取りをしていて、しゃがんでいるこの姿勢ってヨガでもある、と気が付いたのです。 名前は忘れたのですが、タダアーサナから…

意識する呼吸法

今日のスタジオミーナ。 GWということで、ワークショップといういつもより長い練習でした。 前半は太陽礼拝の動きでしっかり体を動かし、後半はいろいろな道具(プロップス)を支えや重しにして身体を緩めるリラクゼーションを深めていくのです。 リストラテ…

丁寧に生きるということは、言葉も文章も

ていねいなアーサナ ヨガの練習で丁寧に意識しましょうといわれます。指先まで意識してポーズをていねいにするということです。 ゆっくりポーズしたり、しばらくポーズをキープして身体を内側から探訪していきます。 今はどこが伸びているか、力を入れるとこ…

ブログをどんな人に読んでもらいたいか考えた

どんな人に読んでもらいたいかを考えた 自分の備忘録として書くとしても、せっかくなら読んだ人に良かったと思い、続けてまた読みに来てほしい。 そのためにはどんな人向けに書くかを決めよう。 いままでは、吐き散らかすようにだらだら書いていたけど、ここ…

秋津 スタジオミーナ

地元で通っているヨガスタジオ。 studio-meena.com 先生が魅力的。 ヨガに意欲的で勉強熱心なのが一番なのだけど、人柄が魅力的。 ヨガが好きで、人が好き、自分の人生も楽しみたいという気持ちを素直に出す。 毎日のように更新されるブログを楽しみに読んで…

ブログを書くことは、駅前で大声の自己PRしていることと同じ

女子大の学生寮で同じ部屋だった後輩から40年ぶりに電話をもらった。 彼女は断捨離の本やテレビの録画で断捨離を自分なりに実践中とのこと。 部屋が片付いていないなあと思うたびに、断捨離関係の本を読んだりテレビ番組を見直すのだという。あるテレビ番…

今日の銀座ヨガ 成長途上の実感

これから3週間日曜日ごとに銀座ヨガに通える。 家族や自分の用事で、このところ定期的に行けなかった。 暖かくなって自宅でのヨガもやりやすくなったし、集中して練習に励もう。 今日は初めての人が一人いたので、そもそもヨガとは、そしてこの銀座ヨガはど…

道は遠い Yogic Life

詩吟の昇段試験というものがあった。 課題吟を2つ審査員の前で吟じて、昇段に値するかどうかを審査してもらう。 その時に経験したこと。最初の課題を吟じるとき、作者の名前がとっさに出てこなくて焦ってしまった。 そしたら、前奏があったのにそれを聞く余…

『八十八歳を生きる ヨーガとともに』佐保田鶴治 再読

再読して涙が出た。 六十過ぎてから始めたヨガで、虚弱体質を改善してどんどん健康に。 請われるままにヨガの指導をして二十年。 八十三歳の時、それまで積み重ねた宝のような健康に自信を無くしたときの反省と覚悟がすごい。 こういつまでも病気が続いてい…

『生命の暗号』 村上和雄 遺伝子をONにする

以前何冊か村上和雄さんの本は読んだ。 久しぶりに読んだのが、佐保田先生の本と同時だったのでヨガとの関連を感じた。 〔文庫〕生命の暗号 (サンマーク文庫) 作者: 村上和雄 出版社/メーカー: サンマーク出版 発売日: 2004/02/17 メディア: 文庫 購入: 3人 …

『ヨガの解剖学』中村尚人

著者は理学療法士。「ヨガで健康になってほしい。そのために解剖学が役に立つはず」という目的で書かれている。 ヨガでけがをしないためには、解剖学の知識が役立つというのだ。 太陽礼拝の流れで、書くアーサナを保持している状態を前提に、アライメント(…

詩吟の発声

本部から来た特別講師の吟詠指導。 かなり前のだけど、メモとしてここに残しておくことにする。 目指すのは、心がこもった吟。まずは統一した吟じ方で基本ができてから個性的に広げていく。 大きく息継ぎをしないで「盗み息」と「継ぎ息」とを使って、言葉が…

銀座うちこヨガ

朝起きたら筋肉痛がある。昨日のヨガのせい。2月3月は週末に予定が入っていて、あまり銀座に行けない。調べてみたら3週間ぶりだった。筋肉痛は久しぶりのせいかもしれないけど、身体を動かすことに慣れてきたからかもしれない。以前は銀座に行った後も筋…