ヨギーニめざす  ほいみんの日記

断捨離から始まり、今はヨガとインド哲学へと関心が移っています。60歳過ぎてヨギーニをめざしています。

声が遠くから聞こえる シャバアサナから戻るとき

シャバアサナ

ときどきヨガセンターで前のクラスが延長していて、まだ終わらないときがあります。

前のクラスのシャバアサナに立ち会うことになります。

 

シャバアサナは死骸のポーズと言って、身体中の力を抜き、何も考えないようにします。

やさしいようで、とても難しいアサナです。

薄暗い中でシャバアサナが終わるのを、座って待ちます。

 

シャバアサナから日常へと意識を戻していくときも慎重にすることを学びました。

終わった時の純子先生の言葉です。

 

シャバアサナのおわりで私が「では、自分の身体に感覚を戻しましょう」といいますが、それが遠くから聞こえてくるようだったら〇(マル)です。シャバアサナがうまくいったということです。

人の命令にさっと身体を動かすのではなく、自分の感覚を大切にしましょう。

 

 

自分の感覚を大切に

 

だから、シャバアサナの終わりのガイダンスでまだ自分が起きたくなかったら、もっと横になっていたかったら、そうしてもいいのだそうです。

 

思えば、人の命令とか指示にはすぐに従うようにといわれ、その価値観で生きてきました。

先生とか上司の場合には特に。

小さい時に、親にもあまり反抗しなかったと思います。

 

自分を大切にしよう

もう、自分を大切にしようと思いました。

自分の思っていること、自分の感じていることに目を向けていくのです。

 

本当はしたくないことに、時間と気持ちを無駄遣いしないのです。

 

だれかに嫌われること、叱られることよりも、自分が楽しいことを優先する生活をしてもいいのではないでしょうか。

 

他人と対立したり排除するというのではないのですが、自分が楽しく生きてこそ他人にも優しくなれます。

 

自分を抑えつけて他人に優しくしていると、いつか爆発したり、身体や心をいためてしまいます。

 

自分のやりたいことを抑えてきたのではないのですが、何か負い目を感じて後ろめたくて自由な気持ちではなかった部分があります。

遠慮しながらだったり、やりたいんだと肩ひじ張ったり。

 

そんなことしなくてもよかったのにと、今なら思えます。

 

自分の義務(=カルマ)である家事とかはしっかりするけど、たまにはそれをさぼってでもやりたいことを優先します。

今年になってから参加したヨガ合宿もまさにそれでした。

 

これからは、自分も楽しいから他人にも優しくなれる、そんなふうに自分を大切にしたいです。

長い間閉じ込めていた、自分を大切に楽しく生きることを肯定して生きて行くヒントをいただきました。

 

遠くから聞こえる

これからシャバアサナが終わるとき、声が遠くから聞こえてくるのを楽しみにします。

それだけ心と身体を休ませ、静かにさせることができたからです。

自分の心と身体を大切にすることができたからです。

 

 

そうそう忘れてはならないことがあります。

静かに休めるのは、激しく身体や心を使ったて働いた後のご褒美です。

いつもいつも休んでいていいというわけではないです。

 

 

まだ捨てられないもの 健康管理ができていないから

タニタのヘルスメーター

数年前住んでいる市の検診で、要注意対象者となり支給されたタニタのヘルスメーターがあります。


f:id:hoymin:20170922064431j:image

リレーキーでデーターを取り込み、パソコンで体重など各種数値や歩数をグラフ化することができます。

機械類は貸与されて(実際は返還しないでもいい)管理ソフトは6か月は無料でした。

 

グラフで体重が下がっていくのが楽しくて、有料でも6か月延長しました。

 

ヨガ修行中という慢心

ヨガセンターに行きはじめて、体重計はもういらないのではと思いました。

グラフにしなくても、体重管理ができると思ったからです。

 

メルカリで出品しましたが、機種が古いせいか売れません。

今は小型でスマホでデータ管理できるのが主流なのでしょう。

 

しかたないので、不燃ごみとして捨てようと思いました。

 

でも、久しぶりに体重を測ってみたら、大幅に増えていました。

 

増えているというか、リバウンドです。

 

漫然と間食をしたりして、すぐ体重が増えてしまう私は、いままでダイエットしてなんとか標準をキープしていました。

 

今は又おなかが出てきて、以前は余裕のあった細身のパンツ類に横じわができてパツパツです。

 

アイアンガーヨガでは痩せません。

ホットヨガに通っていたときは痩せました)

 

ヨガセンターから帰ってからの食べ方が悪いのでしょうか。

ヨガ前にはあまり食事をしないため、帰ってから異常なくらいの食欲が出るのです。

ヨガをしたことを免罪符のようにして、休憩しながらだらだら食べ続けてしまいます。

 

これでは、体重が増えるのも道理です。

 

物を使ってもいい

なるべく物を少なくと思っていますが、私にはヘルスメータとグラフでの管理が必要なようです。

 

しばらくは、朝起きてすぐの体重測定のためヘルスメーターを部屋に出しておきます。

 

自分の身体と知性だけでコントロールできないものは仕方ありません。

必要なものは使ってこそです。

新しく購入するのではあるません。

あるものを使わないほうがもったいないです。

 

血圧計も

実は血圧も高いのです。

年に一度の定期検診の度に、血圧のお薬を出しましょうかと打診されます。

運動して食事にも気をつけて薬なしでやってみますと答え続けてきました。

 

多少の血圧の高さは年齢のこともあるので、薬なしでも大丈夫だと思います。

薬の弊害も耳にするし、定期的に服薬する面倒くささも嫌です。

サプリメントや健康食でも長続きしたことがありません)

 

血圧計も持っているのですが、この頃はあまり測っていません。

やはり、健康にいいヨガをしているからという慢心があります。

 

ヨガはいいけど、他の生活習慣が良くなければ血圧にも悪い影響が出てしまうでしょう。

 

ヘルスメーターのことがあったので、血圧計を引っ張り出して久しぶりに測ってみました。

 

一時平均値だったのか、また高い数値が出てしまいました。

何回か測りなおすのですが、高めのまま。

 

あぁ、血圧計も処分できません。

 

しばらく測ってみます。


f:id:hoymin:20170922070648j:image

 

物がなくなっていく途上

ヘルスメーターも血圧計も、処分対象でした。

 

でも、自分の心身のコントロールが上手くできていないので、今の私には必要なものです。

 

それは認めながら、もう必要ないと思える時に手放します。

 

断捨離の道筋

 

洋服や食器類も「今の私、これからの私にはいらない」と納得して手放していくには、それ相応の時間がかかります。

 

今日は和ダンスの引き出し2つを空にしました。

母の荷物を整理するときに新品だからもったいなくて持ってきた和装の肌着類を、やっと手放しました。

わたしの使っていた小物類も、人に譲れるほどの状態ではないことが納得できました。

メルカリに出そうと思って眺めると、欲しい人はいないなってわかります。

 

あれこれ迷ったり、時には後退することもありながら、断捨離を進めます。

断捨離はらせん階段を登るようにいけばいいとやましたさんの言葉でした。

 

断捨離もヨガ修行もきっと前に進んでいます。

 

今日捨てたもの

30年くらい前のタッパー類。ふたが固くて使いにくかった。

ジップロック製品と空き瓶でカバーできます。

こりなく情報を取りたがる自分がいます ブログの効用

楽天マガジンのおさそい

楽天ユーザーの私にはいろいろなお誘いのメールが届きます。

楽天も雑誌が月額定額で読み放題のサービスを始めて、楽天モバイル会員はちょっとした特典がありますということです。

magazine.rakuten.co.jp

 

どんなコンテンツ

どんな雑誌を読むことができるのか、早速調べてみました。

わたしの好きな生活情報誌や特集によっては読みたいと思う趣味的な本もあります。

園芸や料理の雑誌はその季節に合わせて最新号を有効活用できそうです。

ファッション・ライフスタイル・グルメ・トラベルなどわくわくしながらみました。

ITガジェットや経済の部門まで、気の向くまま面白そうな記事をちょっとのぞくことができるのです。

 

アマゾンと比べる

アマゾンでも同じようなサービスが

https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/hz/signup

が提供されています。

これは、値段は月額980円と高いのですが、雑誌だけでなく書籍の電子版も読むことができます。

漫画や洋書も読むことができます。

 

どちらのコンテンツが自分には魅力的かしらと比べてみました。

 

自分が時々購入する雑誌がどちらにも含まれています。

あれこれ探しては比べて、時間がどんどん過ぎて行きます。

 

そして思い出したのです。

 

アマゾンの読み放題を1ヶ月の無料期間だけでやめたときの気持ちです。

hoymin.hatenablog.com

 

わたしにはそんなにたくさんの時間がないのです。

そんなことしている場合ではない! 

 

 

こりていない

がっついて情報を取りに行くのはやめようと書いてあるのに、全然こりていません。

 

たしか、アマゾンの読み放題はやめたはずだという「薄い記憶」を頼りにはてなブログの中の記事を探し出すことができ、あの時の決意を思い出すことができました。

 

情報欲とか食欲とか、まだまだ克服できていないです。

 

何度も何度も繰り返し自分に言い聞かせています。

 

ブログでの記録の意味があります

本の感想でも、そのあとの決意とかでも、すぐに忘れてしまって以前の状態に戻ってしまう情けなさ。

 

でも、このブログに書くこと、そして読み返すことで自分が踏みとどまって成長していけるのだと思います。

 

そんな意味でも、ブログは私にとってとっても大切なツールです。

 

そういえば以前の私の書いた記事に「テレビを見ながら調理をしない」という決意表明がありました。

 

もう、すっかり忘れていました。

 

もう一度しきりなおして、調理中はテレビを消しましょう。

 

いつでも新たにスタートできます。

新しい私に出会えるから新鮮で楽しいです。

アイアンガーヨガセンター 秋の合宿は女性のため

日常と離れた3日間

アイアンガーヨガセンターの秋の合宿に参加しました。

 

壇上には祭壇とアイアンガーグルジの素晴らしいアサナ写真が飾られています。

 


f:id:hoymin:20170919203413j:image


f:id:hoymin:20170919203501j:image

 


f:id:hoymin:20170919203532j:image

 

家事をすることなく、自分のこと、ヨガのことだけを考えていられる贅沢な時間です。

たくさんの思いがありました。

 

合宿に参加できている自分を幸せだと思えるのが一番でした。

こんな幸福な時期は、人生の中でもそうはありません。

自分と家族が健康であればこそです。

送り出してくれた家族にも、心から感謝しなくては。

 

母親でもなく、祖母でもなく、妻でもなく、娘でもない、ただのヨギーニ目指している女性でした。

 

今回は女性のためのメニューで男性はいません。

 

身体と向き合う

参加者は50名ほどですが、たぶん20代のかたから最高年齢は私の60代かしら。

それぞれ女性として、自分の身体と向き合いました。

 

男性がいないので、純子先生も突っ込んだお話をすることができます。

 

例えば産後の女性がどんなに手厚く守られるべきかです。

出産でどのような体になり、それが元に戻るまでにどれだけの期間が必要か、産後にはどのタイミングでどのようなアサナをすべきかなどのお話がありました。

 

そこで、ヨガには身体にエネルギーをためるアサナと、発散するアサナがあるということも学びました。

体が弱っているときには、エネルギーをためるアサナをするのです。

これは、病気の時とかにも役立ちます。

体調や年齢、精神状態に応じたヨガをする知恵です。

 

女性ばかりなので、お互いの身体を触ったりペアワークで押したり引いたりひねったりも十分にしました。

 

人と比べて自分の良さに気づく

「足の付け根を柔らかく」とはスワスティカアサナで座るときによく言われます。

自分が柔らかいかどうかわからないという声が上がり、みなで周りの人の足の付け根を触ってみることになりました。

 

私はとても柔らかいと周りの若い人たちから驚かれました。

緊張していないということです。

頭が緊張していると、この付け根が固くなるそうです。

 

私も若いかたの足の付け根を触らせていただくと、みなさん固いのです。

比べてみて初めてわかりました。

「股関節もやわらかくて、何でも受け入れてくれそうですね」と言われ(=ほめられ)とてもうれしくなりました。

 

人に見てもらって部分的な硬さに気付く

硬さも教えていただきました。

アドー・ムカ・ヴィーラアサナでひざを開いて手を伸ばして前に倒します。

 

腰の部分が盛り上がっていると腰が悪いから、それが伸びるようにとアジャストの勉強をしていたときです。

 

私が体を倒すと、ペアになった方が困っています。

片方だけ盛り上がってるのです。右の背中中央から上が盛り上がっていて、左下はへこんでいるのです。

 

先生に見ていただきました。

 

肝臓の部分が硬く盛り上がっているのだそうです。

「怒りをためているとこうなりますよ」って言われました。

ヨガの哲学のおかげで、こころがずいぶんと穏やかになり、怒らなくなってきたと思っていました。

怒らないのではなくてただ怒りをため込んでいるだけなのかしら、とちょっと考えました。

それとも長年の蓄積が残っているのであって、これからどんどん良くなるのではないかしら。

 

本当のところどうなのか、これからもじっくり考えてみます。

 

先生に背中の右をぐいぐい押していただき、身体もひねっていただきました。

 

ここの硬さを失くしていくことがこれからの私の目標となります。

 

どの程度身体が整ってきたかの目安にもなります。

こころの柔軟性の目安にもなるかもしれません。

 

 

心の問題のふたを開けてみた

夜のセッションでは、心のふたも開けてみました。

女性だけ、ヨガを学ぶものたちだけでの自己開示の時間がありました。

 

普段考えることをやめていた家族や友人との問題について、考えるきっかけになりました。

ふたを閉じたままにせず、時の応じてよりよい方向への道を探しつづけることにしました。

 

物事は不変ではなく、絶えず変わっていく、私の心も体も変わっていくことを学んでいるのですから、人間関係も変化して当然です。

 

変化をおそれず、逃げないで、自分はあくまでも穏やかに対していきたいです。

 

また一段階進んだかしら

GWに続いての合宿参加でした。

今回は、わたしもアイアンガーヨガに慣れてきて、戸惑うことが少なくなりました。

 

ひざの故障を抱えているけれども、できるところまでは頑張ってみて、痛くなったらほかのポーズに変えたり、プロップスを自分仕様で使うことができるようになりました。

無理だなと思ったら素早く、アシスタントの方にお聞きしたり、先生の指示を待ちます。

 

本当に手取り足取りでなくては動けなくなったGWの頃より、一段階進んだと思います。

それは、純子先生が良く言われる

ヨガは知性を使う

ことが少しずつわかってきたからだと思います。

自分の身体を大切にする知性です。

 

それは

自分の身体を観察

することから、感じ、考えていきます。

 

ヨガセンターで学び続けていることで、ヨギーニへの道を確実に進んでいます。

 

先生たちに感謝です。

 

自分の身体にも感謝です。

簡単に自分に出会う

飛行機のポーズ ヴィマーナ・アーサナ

足は前後に開き、前の足は90度に曲げてます。

手を横に水平に大きく広げて、大空を飛ぶ飛行機をイメージするポーズです。

 

まずは大きく足を広げ、後ろになる足を深く入れてから前になる足を真横にして腰は正面のままです。

それから、まっすぐ坐骨を下に降ろしていって前足を90度まで曲げます。

ヴィーラバドラアサナⅡですね。

f:id:hoymin:20170914205720j:image

写真でわかる改善点

 もう少し低くした方がいいです。 

 

それから腰を回転させて真横に向きます。

(ひざを傷めているので、私は一度足を伸ばしてから回転させます)

 

左右の腰をそろえることが大事です。

f:id:hoymin:20170914205804j:image

 

後ろ足のかかと

この時の後ろ足が大切です。

かかとに乗るように言われるのですが、かかとを着くことが難しいのです。

ひざを伸ばし太ももを押してと言われるのですが、ひざを伸ばすのも難しいです。

 

できない自分 嘆くのではなく見つける

難しいなぁと思っていたとき、純子先生がおっしゃいました。

「なかなか難しいんですよ。でも難しいからと言ってダメだと思わないでください。できないところ、痛いところがあったらそこにしっかり向き合うのです。できない自分に出会うことができます。」

 

そう。

痛かったりできなかったりしたら、そこに今まで知らなかった自分との出会いがあるということです。

 

後ろ足の太もものどちら側か

後ろ足のどちら側がより意識されますか?

どちらの伸びを感じますか?

 

そんなふうに、身体の微細な部分にも意識をめぐらせます。

 

この体一つで、壮大な旅をすることができるようです。

 

出会うのは簡単

アサナをすることで、自分に出会うことができます。

同じアサナでも毎回違っているので、違う自分に出会うことができます。

 

純子先生は、1ミリでも伸びるようになった、その変化に気づきましょうとおっしゃいます。

努力=実践によって1ミリ伸びることができた、違う自分に出会うことができます。

そう考えたら一日一日一瞬一瞬、新しい自分に出会っているともいえます。

 

新しい自分に出会のは、簡単なことですね。

f:id:hoymin:20170914210334j:image

 

開脚前屈も、変化が楽しめるアサナです。

『私何だか 死なないような気がするんですよ』 宇野千代 著 ヨギーニの大先輩の言葉集

98歳の時の著作

お元気で長寿だった宇野千代さんが心とからだのことを、それまで書いたり言ったり実践していることをまとめた本です。

 

老いを生きる智恵がたくさん詰まっています。
f:id:hoymin:20170909095117j:image

 

天風会 

宇野千代さんは中村天風というヨギーと出会い、健康法を伝授されました。

だから宇野千代もヨギーニなんです。

中村天風は重度の肺結核をヨガの修行で治した方です。

 

この本の中でも、ヨガとかインド哲学に由来すると思われる考え方が出てきました。

中村天風は日本の思想家、実業家。日本初のヨーガ行者で、天風会を創始し心身統一法を広めた。(ウィキペディアによる)

今を生きる知恵


f:id:hoymin:20170909095145j:image

 

背中も丸くなったけど、そうなった自分もうけいれて90歳に即した自然な生き方をすればいいと説きます。

私はあなたもご存知のように、これまで人に言えない困難な人生を歩いてきましたが、そのいつの時でも、その困難に心身を入り込ませることによって、困難をのり越えてきました。これは病気の時も同じです。私は、病気をしたりけがを起こしたりしましたときに、反発したり、逃げたり抵抗したりすることがないのです。病気をしているのも自分です。今は病んでいるその辛さの中にするりと身を寄せて、その中に自ら入り込むのです。

体調がいまいちの時、私もそうしようとしてみましたが、難しかったです。

宇野千代さんがこの心境にいたるまでのこころの修練がいかほどかと思いました。

老齢も病気も私の人生です。病むということも、生きて行く上での一つの経験として、十分に味わい、愉しんでいきたいのです。

 

恋愛でも仕事でもそして創作でも、身もだえするほどの困難を通り抜けた末のこの写真の無邪気そうなかわいい姿です。 

 

わたしのこれからの人生で辛いと思った時、宇野千代さんの苦しみはこんなものじゃなかっただろうなって考えたいと思います。

 

前しか向いていない

宇野千代さんはとにかく前しか向いていません。

私は、いつの場合でも、自分の興味のあること、したいことを追い求めて忙しく生きてきた。余りに忙しかったので、過ぎたことをくよくよしている暇はなかった。思い出したくないことは、つぎつぎ忘れ去ってしまった。この、忘れ去るという特技が、自分自身を救う一種の精神的治療法になったような気がしている。

 

そしてまたインド哲学的な言葉があります。

毎日が新しい。毎日が新鮮である。今日の自分は今日だけの自分である。

 

毎日死んで毎日生まれるという考え方です。

もう変えることはできない過去のことは思いわずらわず、まだ来ない未来の不安に心を痛めない、今を生きるというインド哲学です。

 

死ぬその時まで愉しく

実際には心身の衰えに悩まされるでしょうけど、死ぬその時まで愉しいことを思い浮かべることはできます。

 

そのためのアイディアが書いてあります。

 

・一生懸命に生きたものは、納得して死を受け入れることができる。

・心の張りがあるとボケないから仕事はをする(有用な人であり続ける)

老いを自然に受け入れ年齢に合わせた生活

・見栄を張ることも生命力のもと

・お洒落をすると元気が出る

・自然の空気は肺を洗う

・夢中で生きることが生きる目的である

・「ありがとう」で体は生き生きと喜ぶ

・自分で自分の心にいい暗示をかける

 

最後に到達したのは

いろいろ健康法を実行した最晩年の心境は、健康法から解放された私だったことも興味深いです。

臆病な人に限って、あれを食べちゃいけない、とか、これを毎日しなくちゃいけない、ということを人から言われれば真剣に守ります。

人が良いということに、私はすぐに飛び付いてやっていたものでしたが、それは私の臆病な性格のせいだったのでしょうね。 

そんなふうに自分を客観的に見ています。でも臆病でもいいのだと思います。それで健康に暮らせるのだったら。

 

いろいろな健康法を試した私でしたが、ある時、好きな物をほどほどに食べる、つまり、腹八分目に食べる、という平凡な真理に気付いた時、私は迷いから吹っ切れたかのようにあらゆる健康法から解放されたのです。 

この平凡なことがなかなかできないのですよね。

腹八分も難しいです。

好きな物がジャンクフードでなく、本当に身体が求めているもの だと悟るのも、年を重ねてこそではないでしょうか。

 

自分の本職である書くためには健康でなくてはと思い、実践された健康法です。

人生を長く愉しいものにするための智慧がたくさん詰まっています。

 

私は長くはなくてもいいのですが、自分が愉しく周りの人も愉快にできたらどんなに素晴らしいかと思います。

 

周りの人もってところが、む・つ・か・し・い

空手とヨガの共通点にわくわく

テレビ

我が家のテレビのHDに全国の小学生空手大会の番組が録画されていました。

(第17回全日本少年少女空手道選手権大会)

家族が空手をするのですが、実は私も若いころ一緒に道場に通っていました。

(そのころからの道場好きかも?)

 

懐かしくてその大会の様子を見ました。

 

東京オリンピックの種目になったこともあったり、テレビのCMでも美しい型が放映されて近頃人気のようです。

 

今ヨガをしている私の目から見ると、ヨガ的な見方になってしまいます。

 

テレビ解説の方が良く口に出すのが「軸がしっかりしている」という言葉です。

今までもそれは知っていましたが、今回はその軸がちゃんと垂直かということまで気になります。

 

ヨガでも、座っているときは坐骨から腸骨と仙骨が立ち、背骨まっすぐ上に、肺が上に乗り頭頂までをつなげるという言い方をします。

上がらつりさげられているように、ということは垂直にです。

 

立ポーズでは、かかと・ひざ・足の付け根を通って頭頂までの垂直です。

 

空手でも、上手な子供は軸が垂直なままで平行移動しています。

型の演技を見ながら、垂直の軸がはっきりと感じられて不思議な感じでした。

 

かかと

もうひとつ今回気がついたのは、空手の型で「かかとがついている」ことが強調されていました。

どんな素早い動きの後でも、後ろ足のかかとがしっかり床についています。

 

アイアンガーヨガでも、

「かかとでマットを強く押して」

と何度でもいわれます。

 

先走ったりはやる心ではなく、一つ一つを丁寧にすることです。

そして、前方に力強くあるためには残るからだの意識が大切なのでしょう。

「ため」「残心」というものともつながるのではないでしょうか。

 

ヨガでは外側と内側の世界という言い方をしますが、を堅固なものにした上での未来とか敵への攻撃ではないかしらと思いました。

 

呼吸

ヨガでは吐きながらアサナを強めますが、空手でも呼吸が大切です。

組み手で本当に打つときには無呼吸になるかもしれないですが、型では気合と同時に決めます。

気合とはまさしく吐く息です。

 

これもヨガと一緒なんだと思い、ひとりで楽しくなりました。

 

穏やかなこころ

挑むような眼をして、激しい気合いと素早い攻撃と防御を繰り返す空手の型ですが、終わった時には平静な穏やかなこころを取り戻しています。

清々しさが身体全体に流れています。

 

ヨガでも求めるのは平常心です。

静かで穏やかで純粋な心、と毎回のレッスンの前のマントラで唱えます。

 

ヨガと空手が面白いようにシンクロしました。

 

新しい発見にわくわくです。